ニュース

8月 円安の影響で、アメリカ・カナダ・オーストラリアからの訪日外国人旅行客が増加

2023年8月の出入国統計により、新型コロナウイルスの影響にもかかわらず、日本への外国からの旅行者数がほぼ「コロナ前」の水準に回復していることが示されました。特に、円安がアメリカ、カナダ、オーストラリアからの旅行者数に影響を与えており、今後もこの傾向が続く可能性が高いです。

2023年8月の出入国統計(速報値)が9月15日に公表されました。通常、8月は海外旅行のピークシーズンですが、新型コロナウイルスの影響で、2020年以降は海外旅行が大幅に減少しました。2023年に入り、日本も「コロナ明け」モードになりましたが、海外旅行が「コロナ前」と同じように回復しているのか、詳しく見てみましょう。

外国からの旅客は、ほぼ「コロナ前」と同じ水準に回復しています。2023年8月には197万9,134人が日本を訪れました。これは2019年8月の209万9,500人と比較して94.3%に達し、ほぼ「コロナ前」の水準に戻ったことを示しています。

地域別に見ると、北アメリカ(カナダ、米国など)とオセアニア(オーストラリアなど)は2019年と比べて訪日者数が増加しています。北アメリカは17万7,680人に増加し、オセアニアも3万788人に増加しました。その他の地域も、アフリカを除いて90%以上の水準で回復しています。

アジアでは、韓国からの訪日者数が2倍近くに増加し、円安の影響があると考えられます。しかし、中国からの訪日者数は依然として大幅に減少しており、中国政府の団体旅行規制が影響しています。規制がなければ、訪日者数が「コロナ前」を上回る可能性があります。

一方で、日本人の海外旅行者数は「コロナ前」の半分以下にとどまっています。これは物価の上昇や急激な円安、高騰する燃料価格、飛行機代の増加、一部国でのインフレの影響があるためです。経済的な要因から、多くの人が海外旅行に行けない状況が続いており、日本人の海外旅行者数が回復するペースは遅いと言えます。

(参考)<8月の出入国管理統計>海外からの旅行客は「コロナ前の水準」に回復したが、日本人の海外旅行は「コロナ前の半分」…そのワケは?(THE GOLD ONLINE(ゴールドオンライン)) – Yahoo!ニュース

YOLO総研 編集部 ピロ

円安の恩恵を受けて、アメリカ、カナダ、オーストラリアからの旅行者数が増加している可能性が高く、今後もこの傾向は続くでしょう。特に、円安が続けば、これらの国々からの観光客は増加し、日本の観光業にプラスの影響をもたらすでしょう。ただし、円高の場合、逆の影響が出る可能性もあるため、為替市場の動向を注視することが重要です。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 東京都に住む外国人労働者の特徴

  2. 外国人の銀行口座開設におすすめの銀行をまとめて一覧で紹介

  3. 関西空港、外国人観光客はコロナ禍前の97%に回復

  4. 日本語を理由に外国人旅行者への宿泊拒否、ふくの湯が謝罪文掲載

  5. 日本在住外国人がよく買うファストファッションブランドランキングTOP10【YOLO総研】

  6. 岡山県内の外国人労働者数、4年ぶり10%超の増加率で過去最多更新

  7. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

Archives

TOP