コラム

【タイの大学ランキング2023】人気大学と就職事情を解説

タイは教育の質が高く、多くの学生が大学進学を目指しています。タイの大学ランキングは学生にとって重要な指標となり、将来の就職にも影響を与えます。本記事では、タイの大学選びのポイントや人気の大学、大学ランキング、そしてタイの就職事情について詳しく解説します。

タイ学生の大学の選び方

タイの学生は大学選びの際には様々な要素を考慮しますが、教育の質が最も重要な要素とされています。トップランクの大学は科学、工学、経済学、文学、医学などの分野で優れた教育を提供しており、多くの学生が第一志望とします。また、自分の将来のキャリアに合った専攻を選ぶことも重要です。例えば、アニメーション制作に興味がある場合、アニメーション制作の専攻を持っている大学や、専門的な設備やソフトウェアを提供している大学を選ぶことが求められます。

タイの大学ランキング

タイでは国立大学が特に人気があります。チュラーロンコン大学、タマサート大学、マヒドン大学、チェンマイ大学、カセサート大学、キングモンクット工科大学などが国立大学の名門とされています。理系の学生はさらにコンケン大学やシーナカリンウィロート大学も選ぶ傾向にあります。一方、私立大学ではバンコク大学、ランシット大学、スィーパトゥム大学が名門とされています。

タイ国内には公式な大学ランキングは存在しませんが、QS World University Rankingによると、チュラーロンコーン大学、マヒドン大学、タマサート大学がトップランクの大学として挙げられています。以下に、2022年のQS大学ランキングとTHE大学ランキングの順位を示します。

大学名QS World University Rankings (2022)THE World University Rankings (2022)
チュラーロンコーン大学215801-1005
マヒドン大学=255801-1005
タマサート大学601-6501201-1500
キング・モンクット工科大学801-1000801-1005
チェンマイ大学601-6501001-1200
コンケン大学801-10001201-1500
カセサート大学801-10001500+

(参考)Study in Thailand | Top Universities

チュラーロンコーン大学(Chulalongkorn University)

https://www.chula.ac.th/

チュラーロンコーン大学(Chulalongkorn University)は、タイ王国の首都バンコクに位置する、タイ国内で最も歴史と権威を持つ大学の一つです。この大学は、1917年に国王ラーマ6世(チュラロンコーン)によって設立されました。大学名は国王の名前に由来しており、タイの教育機関として非常に尊敬されています。

チュラーロンコーン大学のキャンパスは、バンコク市内に広がっており、都心に位置しながらも自然環境に囲まれた美しい場所にあります。キャンパスには多くの建物、図書館、研究施設、学生寮、スポーツ施設があり、学生に快適な環境を提供しています。

大学は多様な学術分野で広範な学部と学科を提供しており、学士号、修士号、博士号などの学位プログラムが充実しています。主要な学部には工学、経済学、法学、医学、社会科学、芸術、文化などが含まれ、学生は自分の関心に合わせて専攻を選びます。

チュラーロンコーン大学は国際的な交流にも積極的に取り組んでおり、留学生プログラムや国際交換プログラムを提供しています。また、多くの国際的な研究プロジェクトやカンファレンスにも参加しており、国際的な学術コミュニティと連携しています。

さらに、大学は研究活動においても高い評価を受けており、医学、工学、経済学、環境科学などの分野で優れた成果を上げています。チュラーロンコーン大学は、タイとアジア全体で高い評判を持つ重要な教育機関であり、多くの学生や研究者にとって魅力的な場所となっています。

マヒドン大学(Mahidol University)

https://mahidol.ac.th/

マヒドン大学(Mahidol University)は、タイの首都バンコクに本部を置く、国内でも最も権威ある大学の一つです。1888年に設立され、タイ国内外で高い評価を受けています。

この大学は多くの学部と学科を備え、医学、歯学、薬学、看護学、工学、経済学、社会科学、芸術、文化、環境科学など、多岐にわたる学術分野で学位プログラムを提供しています。特に医学部は国際的な評価が高く、医療分野での教育と研究が特に著名です。

大学のキャンパスは、バンコク市内に複数の場所に広がっており、各キャンパスには図書館、研究施設、スポーツ施設などが充実しています。マヒドン大学は国際的な学生と研究者の受け入れにも積極的で、留学生プログラムや国際交換プログラムを提供しています。

研究活動においても、マヒドン大学は医学研究、バイオテクノロジー、公衆衛生、環境科学、生命科学などの分野で優れた成果を上げており、国際的な評価を受けています。また、社会貢献活動も盛んで、公共政策、医療、教育、環境保護など、幅広い分野で社会的な貢献を行っています。

マヒドン大学は、その歴史的な重要性、国際的な評判、多彩な学術プログラム、高品質な研究により、タイとアジア全体で非常に重要な教育機関となっています。多くの学生と研究者にとって、学問の成長とキャリアの発展を追求する場として魅力的な大学です。

タマサット大学(Thammasat University)

https://tu.ac.th/

タマサット大学(Thammasat University)は、タイの首都バンコクに位置し、国内外で高い評価を受ける大学です。1934年に設立され、タイの歴史的な大学として知られています。この大学は幅広い学術分野をカバーする多くの学部と学科を提供しており、法学、政治学、経済学、社会学、工学、芸術、ビジネス、国際関係などで学位プログラムを提供しています。特に法学部は著名で、法律教育の分野で高い評価を受けています。

タマサット大学は、バンコク市内に複数のキャンパスを有し、それぞれに図書館、研究施設、学生寮、スポーツ施設が整備されています。大学は政治学や社会学の分野で特に強みを持ち、政治的な出来事や社会的な変革に対する研究と議論の場として広く認識されています。また、社会貢献活動も行い、法律相談やコミュニティプロジェクトを通じて社会に貢献しています。

国際的な視点にも焦点を当て、留学生プログラムや国際交流プログラムを提供し、多国籍な学生が学んでいます。タマサット大学は、その政治的な歴史、広範な学問領域、社会への貢献により、タイ国内外で高い評価を受け、多くの学生や研究者にとって重要な教育機関となっています。

キング・モンクット工科大学(King Mongkut’s Institute of Technology)

https://www.kmitl.ac.th/

キング・モンクット工科大学(King Mongkut’s Institute of Technology)は、タイの首都バンコクに本拠地を置く、名門の工科大学です。1959年に設立され、その名前はタイの歴史的な王朝であるチャクリ王朝の一員であるキング・モンクット(ラーマ4世)に敬意を表して名付けられました。

この大学は多くの学部と学科を有し、工学、情報技術、理学、経営学、建築学、デザイン、工芸、教育などの幅広い学術分野で学位プログラムを提供しています。工学と情報技術において特に高い評価を受け、産業界と連携して技術革新とイノベーションを推進しています。

キング・モンクット工科大学のキャンパスは、モダンで充実した施設が整備されており、学生の学習と生活をサポートしています。国際化にも注力し、国際的な学生と教員を歓迎し、異文化交流を促進しています。また、国内外で多くの研究プロジェクトに取り組み、科学研究と技術開発において重要な役割を果たしています。

キング・モンクット工科大学は、タイ国内外で高い評価を受け、優れた教育と研究を提供し、学生に実用的な知識とスキルを提供する優れた教育機関として知られています。

チェンマイ大学(Chiang Mai University)

https://www.cmu.ac.th/

チェンマイ大学(Chiang Mai University)は、タイ王国北部のチェンマイ市に位置する著名な大学です。1964年に創立され、タイ国内でも長い歴史を持つ総合大学の一つです。

この大学は多岐にわたる学術分野をカバーする多くの学部と学科を提供しており、工学、農学、環境科学、経済学、医学、社会科学、芸術など、幅広い分野で学位プログラムが用意されています。特に農学、環境科学、医学部はその分野で高い評価を受けています。

国際化にも注力し、留学生プログラムや国際交換プログラムを提供しており、多国籍な学生が学んでいます。また、大学のキャンパスは美しい自然環境に囲まれており、学生に静かな学習環境を提供しています。図書館、スポーツ施設、学生寮、カフェ、レストランなどの施設が充実しており、学生の充実した学生生活を支えています。

研究活動においても、チェンマイ大学は環境保護、農業、公衆衛生、地域開発などの分野で高い評価を受けており、国内外の研究プロジェクトに積極的に参加しています。大学はタイ北部で重要な教育機関としての役割を果たし、学術的な成果と知識の普及を通じて地域の発展に貢献しています。

コンケン大学(Khon Kaen University)

https://kku.ac.th/

コンケン大学(Khon Kaen University)は、タイのイーサーン地方に位置する著名な大学で、1964年に設立されました。この大学は、地域の発展と教育の促進を目的とし、タイの北東部における教育と研究の向上に貢献してきました。

コンケン大学は幅広い学問分野をカバーする多くの学部と学科を提供しており、医学、農学、獣医学、工学、法学、文学、経済学、ビジネス、教育学、芸術など、学生が多彩な専攻を選択できます。特に医学部と農学部は国内外で高い評価を受け、優れた教育と研究を提供しています。

国際化にも力を入れ、留学生プログラムや国際交換プログラムを展開し、国際的な学生と教員の受け入れに積極的です。研究分野でも注目され、医学、農業、バイオテクノロジー、地域開発、環境科学などで先進的な研究を推進しています。

大学のキャンパスは自然に囲まれた美しい環境に位置し、学生に静かな学習環境を提供しています。施設も整備されており、図書館、研究施設、スポーツ施設、学生寮、カフェ、レストランなどが充実しています。

コンケン大学は、その地域開発への取り組み、国際的な展望、多様な学術プログラムにより、タイ国内外で高く評価されており、地域社会に対する貢献と優れた教育・研究の機会を提供している大学として知られています。

カセサート大学(Kasetsart University)

https://www.ku.ac.th/th

カセサート大学(Kasetsart University)は、タイ王国の首都バンコクに位置する著名な大学です。この大学は1943年に設立され、その歴史的な背景から農学および工学分野での教育と研究に特に焦点を当てています。以下に、カセサート大学の詳細情報を提供します。

カセサート大学は多岐にわたる学問分野を提供しており、農学、工学、獣医学、理学、経済学、経営学、人文科学、社会科学、芸術など、広範な分野で学位プログラムを提供しています。特に農学部と工学部はその評判が高く、国内外で高い評価を受けています。

国際化にも力を入れており、留学生プログラムや国際交換プログラムを通じて多国籍な学生と教員が交流し、国際的な学術環境を醸成しています。また、国際的な研究プロジェクトに積極的に参加し、グローバルな視野を持った研究活動を推進しています。

研究分野においても、カセサート大学は農業、食品科学、農村開発、環境科学、エンジニアリングなど幅広い分野で卓越した成果を上げています。大学内には先端の研究施設やラボが整備され、学生と研究者に最新のリソースと設備を提供しています。

カセサート大学のキャンパスは美しい自然環境に囲まれ、学生に静かで質の高い学習環境を提供しています。図書館、研究施設、スポーツ施設、学生寮、カフェ、レストランなどの施設も充実しており、学生の充実した学生生活を支えています。

カセサート大学は、その優れた教育と研究により、タイ国内外で高い評価を受け、農学、工学、環境、エンジニアリングなどの分野で専門的な知識とスキルを学びたい学生にとって優れた選択肢となっています。

タイの就職事情

タイの就職事情は日本とは異なります。タイでは「年功序列」の考え方はあまりなく、賃金は役職や遂行能力によって決まります。また、多くのタイ人は一生同じ会社で働くことはありません。転職経験は実務経験とみなされ、次の会社での給料アップにつながることもあります。そのため、「終身雇用」という概念はあまりないと言えます。また、日本では新卒一括採用が一般的ですが、タイでは通年採用が行われています。

日本国内にいるタイ人の特徴

日本国内にいるタイ人は、中国、ベトナム、韓国、フィリピン、ブラジル、ネパール、インドネシア、米国に次ぐ9番目に多い、外国人です。
2022年6月の『令和4年6月末現在における在留外国人数について|出入国在留管理庁』によると、54,618人で昨年よりも約8.5%増加し、日本国内にいる外国人の約2%がタイ人です。

タイ人の在留資格を見てみると、「永定配」が32,600人で日本にいるタイ人の約6割強を占めています。次に多いのが、技能実習です。

在留資格別タイ人の人数
日本在住の全タイ人:54,618人(100%)
・永定配:32,600人(約59.69%)
・技人国:2,417人(約4.45%)
・特定技能:1,793人(約3.281%)
・技能実習:9,149人(約16.75%)
・留学:3,379人(約6.19%)
・その他:5,280人(約9.67%)

(参考)令和4年6月末現在における在留外国人数について | 出入国在留管理庁

日本国内にいるタイ人の仕事

日本国内にいるタイ人の仕事は多岐にわたり、さまざまな分野で活躍しています。

製造業
日本には多くの製造業が存在し、タイ人労働者は工場や生産ラインで働いています。特に自動車産業や電子機器製造業でタイ人労働者が多く雇用されています。

農業
一部のタイ人は農業関連の仕事に従事しています。日本の農業は外国人労働者の支援を必要としており、タイ人労働者も農作業や収穫作業を行っています。

飲食・サービス業
タイ料理店やアジア料理レストランで働くタイ人は多いです。とくに、シェフ、調理補助、ウェイター、ウェイトレスなどのポジションで雇用されています。

介護業
日本の高齢化社会において、介護職員の需要が高まっています。タイ人介護職員は、高齢者のケアや介助に従事しています。

ホテル・観光業
観光地やリゾート地では、タイ人はホテル、旅館、観光施設でホスピタリティ業務やフロントデスクの仕事に従事しています。

まとめ

タイの学生は大学選びの際には教育の質や専攻の充実度を重視します。トップランクの大学は優れた教育を提供しており、良い就職の機会を得ることができます。タイの大学ランキングではチュラーロンコン大学、マヒドン大学、タマサート大学が上位に位置しています。タイの就職事情は日本とは異なりますが、転職経験が実務経験とみなされるため、キャリアアップの機会が多いと言えます。将来の進路を考える際には、これらの要素を踏まえて適切な選択をすることが重要です。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 東京都に住む外国人労働者の特徴

  2. 外国人の銀行口座開設におすすめの銀行をまとめて一覧で紹介

  3. 関西空港、外国人観光客はコロナ禍前の97%に回復

  4. 日本語を理由に外国人旅行者への宿泊拒否、ふくの湯が謝罪文掲載

  5. 日本在住外国人がよく買うファストファッションブランドランキングTOP10【YOLO総研】

  6. 岡山県内の外国人労働者数、4年ぶり10%超の増加率で過去最多更新

  7. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

Archives

TOP