ニュース

【母国の家族への送金減少】円安で外国人困窮

この記事では、円安の影響を受け、母国の家族へ送金が減少している日本在住外国人の現状について解説しています。

日本で生活する外国人たちは、円安が続く中で経済的に苦しい状況に直面しています。

伊勢崎市にある外国送金専門の店舗では、市内および周辺に住む外国人たちが、給与などが振り込まれると、母国で暮らす家族への送金を行うために訪れています。県内には、昨年末時点で100を超える国や地域から来た約65,000人の外国人が居住しており、23日にもペルーやフィリピン出身者などが店舗を訪れ、送金手続きを行っていました。

伊勢崎市で介護職をしているペルー出身の女性は、日本円で約14万円を送金しました。この金額は、その日の為替レートによれば約910ドルであり、約半年前と比較して約70ドル減少していることを示しています。送金した女性は、「円安の影響はかなり深刻で、家族も苦しんでいます」と述べています。

さらに、フィリピン出身の女性も母国の家族に送金したとし、「円の価値が低いことは仕方がないと思っていますが、元のレートに早く戻ってほしいです」と述べました。

(参考)円安続く 県内に住む外国人は厳しい状況 家族への送金額減少|NHK 群馬県のニュース

YOLO総研 編集部 ピロ

円安は、外国人労働者が日本で働く意欲を削ぎます。日本では、外国人労働者を歓迎していますが、円安が長引くことで、その受け入れ環境に悪影響を及ぼす可能性があります。円安のせいで日本で働きたい外国人が減ってしまうのが心配です。円安の解決策を模索し、元の為替レートに回復することが、外国人労働者とその家族への支援と、日本での労働力の維持に不可欠です。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 東京都に住む外国人労働者の特徴

  2. 外国人の銀行口座開設におすすめの銀行をまとめて一覧で紹介

  3. 関西空港、外国人観光客はコロナ禍前の97%に回復

  4. 日本語を理由に外国人旅行者への宿泊拒否、ふくの湯が謝罪文掲載

  5. 日本在住外国人がよく買うファストファッションブランドランキングTOP10【YOLO総研】

  6. 岡山県内の外国人労働者数、4年ぶり10%超の増加率で過去最多更新

  7. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

Archives

TOP