ニュース

日本政府、外国人起業家の日本進出を支援へ―経営者ビザ条件緩和へ

日本政府は、外国人起業家の日本進出を促進するために、経営者ビザ取得要件を大幅に緩和する計画を進めています。この計画では、事業所や出資金がなくても、事業計画だけで日本に最大2年間滞在できるようにすることが目的です。

通常、外国人が日本で事業を始めて「経営・管理」在留資格を取得するためには、事業所(事務室)を確保し、2人以上の常勤職員または500万円以上の出資金が必要でした。しかし、売上高が限られたスタートアップなどにとって、この要件は高いハードルとなっていました。

今後は、事務室や出資金などの要件に達しなくても、事業計画が認められれば、全国で最大2年間滞在できるよう要件を緩和する予定です。そして日本出入国在留管理庁は、来年、在留資格に関する省令を改正し、この変更を実施予定です。

日本政府がビザ要件を緩和する背後には、海外からの最先端技術と新しい発想を取り入れ、経済活性化を促進する狙いがあります。

在留管理庁によれば、経営者らに与える「経営・管理」資格で日本に在住する外国人は、今年6月時点で約3万5000人となっており、2015年と比較して倍近く増加しています。しかし、日本の経済規模に対してはまだ数は少ないとされています。経済協力開発機構(OECD)の評価によれば、日本は起業家の魅力度ランキングで21位に過ぎず、多国籍企業数や税金制度など30の項目で評価されています。

要件の緩和により、海外からの起業家だけでなく、外国人留学生による起業も容易になると期待されています。しかし、課題としては、行政手続きのデジタル化や言語の壁に対処する必要があると指摘されています。

(参考)「出資金なくても滞在可能」…日本、外国人創業者ビザ条件緩和へー中央日報

(参考)外国人起業促進へ在留資格緩和=事業所・出資金なしで2年滞在―政府|ARAB NEWS

YOLO総研 編集部 ピロ

日本国内で外国人起業家が増えることはとても良いことですね。外貨を稼いで、たくさん日本に税金を納めてくれるビジネスであればもっともっと歓迎してよいでしょう

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 東京都に住む外国人労働者の特徴

  2. 外国人の銀行口座開設におすすめの銀行をまとめて一覧で紹介

  3. 関西空港、外国人観光客はコロナ禍前の97%に回復

  4. 日本語を理由に外国人旅行者への宿泊拒否、ふくの湯が謝罪文掲載

  5. 日本在住外国人がよく買うファストファッションブランドランキングTOP10【YOLO総研】

  6. 岡山県内の外国人労働者数、4年ぶり10%超の増加率で過去最多更新

  7. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

Archives

TOP