ニュース

神奈川県警、外国人労働者の犯罪被害を防ぐための啓発活動を展開

神奈川県内で多くの外国人が雇用されているヤマト運輸神奈川ベース店で、留学生を対象にした防犯講話が行われました。この講話では、犯罪被害を防ぐための重要なポイントや交通ルールが紹介され、外国人労働者に注意が喚起されました。

ヤマト運輸神奈川ベース店は、1日に約30万個の荷物を扱う規模の施設で、従業員の60%以上が留学生などの外国人です。この日、講話に参加したのは、ネパールやミャンマー出身の外国人従業員、合計13人でした。

この講話では、神奈川県警国際捜査課の担当者が、外国人労働者が誘いの言葉に乗せられて金融口座を譲渡し、他人のキャッシュカードで現金を引き出す犯罪事例が紹介され、外国人労働者に対して、口座の解約を帰国時に行うよう呼びかけられました。その他にも、自転車の なども説明されました。

ミャンマー出身の留学生(23歳)は、「口座の譲渡が犯罪になることを知りませんでした。ルールを守って生活したい」と述べ、ネパール出身の留学生(21歳)も、「今回教わったことは、他の人にも伝えたい」と感想を述べていました。

また、ヤマト運輸の担当者は、「私たちが伝えにくい部分を理解してもらえました。今後も同様の取り組みを進め、外国人労働者をサポートしたいです。」と今後の継続的な取り組みに意欲を見せていました。

神奈川県では、外国人労働者の数は増加傾向にあり、2022年10月末時点で県内の外国人雇用労働者数は約10万6千人に上り、2017年の約7万人から約1.5倍に増加しています。県警の担当者は、「外国人が知らないうちに犯罪に巻き込まれることがあるため、今後も日本のルールを説明する機会を提供したい」と述べています。

(参考)外国人労働者を犯罪から防ぐ 神奈川県警が啓発、ルールや防犯を説明 | カナロコ by 神奈川新聞

YOLO総研 編集部 ピロ

神奈川県とヤマト運輸の取り組みを参考に、他県でも、企業と警察が連携して外国人労働者への啓発活動を行うことで、外国人の犯罪予防やリスク軽減に繋がっていくことでしょう。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 東京都に住む外国人労働者の特徴

  2. 外国人の銀行口座開設におすすめの銀行をまとめて一覧で紹介

  3. 関西空港、外国人観光客はコロナ禍前の97%に回復

  4. 日本語を理由に外国人旅行者への宿泊拒否、ふくの湯が謝罪文掲載

  5. 日本在住外国人がよく買うファストファッションブランドランキングTOP10【YOLO総研】

  6. 岡山県内の外国人労働者数、4年ぶり10%超の増加率で過去最多更新

  7. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

Archives

TOP