コラム

おすすめ外国人求人サイト(求人広告)4選をまとめて比較!

現在、日本では少子高齢化による人手不足が顕著になっており、この人手不足を解消するために多くの企業が外国人の雇用を始めています。 外国人の雇用は、人材不足を解消するだけでなく、企業のグローバル展開への重要な一歩となっています。

 しかし、外国人を採用するには、適切な方法や基準が必要であり、それらを把握しないまま採用することはとても難しいのが現状です。そのため、専門的なノウハウが求められ、特に外国人採用に焦点を当てた求人サイト(求人広告)に注目が集まっています。

この記事では、外国人求人サイト(求人広告)の中から4つを厳選し、それぞれの特徴やメリット、デメリットについて詳しく紹介します。 外国人求人サイトを活用する際の注意点も併せて解説いたします。

日本企業で外国人採用が増加している背景

日本企業が外国人を採用する理由は、多岐にわたりますが、日本での外国人労働者は年々増加しており、2008年には48万人だったものが、2022年には182万を突破し、14年で約3.7倍にもなっています。

(引用)「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(令和4年10月末現在)|厚生労働省

その背景には、様々な要因がありますが、ここでは「日本の少子高齢化による労働人口の減少と人手不足の対策」と「訪日外国人観光客の増加によるインバウンド対策」の2つを紹介します。

日本の少子高齢化による労働人口の減少と人手不足の対策

1つ目の理由は、日本の少子高齢化による労働人口の減少と人手不足の対策です。

日本は高齢化社会に向かって急速に進んでおり、出生率の低下と長寿化に伴って労働人口が減少しています。これにより、多くの産業分野で労働力不足が生じており、企業は適切なスキルや経験を持つ労働者を見つけるのが難しくなっています。

外国人労働者は、日本の労働市場に新たな労働力を供給するポテンシャルを秘めています。彼らは、異なる国々から来る多様なバックグラウンドやスキルを持っており、特に技術的な分野や専門職の人材として需要が高まっています。したがって、外国人労働者の採用は、日本の人手不足問題を緩和する手段として注目されています。

訪日外国人観光客の増加によるインバウンド対策

日本は観光業が急成長しており、訪日外国人観光客の数が年々増加しています。この観光ブームは、宿泊施設、飲食業、観光名所など多くの産業に利益をもたらしていますが、多くの場合、外国語に堪能なスタッフが必要です。

外国人労働者は、外国人観光客とのコミュニケーションやサービス提供において非常に重要です。彼らは外国語を話すスキルを持ち、異文化理解に優れているため、外国人観光客にとって快適な滞在を提供するのに役立ちます。そのため、観光業界を含む多くの企業は、外国人スタッフを採用し、インバウンド対策を強化しています。

求人サイト(求人広告)とは

求人サイト(求人広告)とは、企業が新卒、中途、アルバイトなどの採用募集情報を掲載し、求職者からの応募を受け入れるプラットフォームのことです。「求人媒体」と呼ばれることもあります。

求人サイト(求人広告)の活用が適した企業の特徴

では、求人サイト(求人広告)を選び採用する際、どのような場合に適しているのでしょうか?ここからは、求人サイト(求人広告)の活用が適した企業の主な特徴を紹介していきます。

同じ職種で複数の地域で募集が多い場合

同じ職種で複数の地域で募集を行う企業は、求人媒体を活用するのが適しています。

求人サイト(求人広告)は、一般的に1つの職種につき1つの求人を掲載できるため、複数の勤務地で求人を出す場合、対象者が増え、効果が高まります。

多くの採用を行う場合

多くの人を採用する場合も、求人サイト(求人広告)の利用が適しています。

エージェントを利用する場合、採用毎に費用がかかりますが、求人サイト(求人広告)では掲載費を支払えば何人採用しても構いません。したがって、多くの採用を行うほど費用対効果が高まります。

採用難易度が比較的低い場合

求人サイト(求人広告)での採用は、一般的に採用難易度が低いポジションでの採用が適しています。

例えば、特殊な資格を持っている必要があったり、年収800万円を超えるようなハイクラス人材の採用には、あまり適していません。一般的に、営業や事務職などの職種は希望者が多く、資格が不要であるため、採用難易度が低いと言えます。これらの職種では、求人サイト(求人広告)を利用して効率的に採用活動を行うことができます。

外国人求人サイト(求人広告)のメリット・デメリット

外国人求人サイト(求人広告)の活用には、当然、メリット・デメリットやデメリットがあります。ここからは、外国人求人サイト(求人広告)の主なメリット・デメリットを紹介します。

外国人求人サイト(求人広告)のメリット

(1)優秀な外国人人材に出会える
外国人求人サイト(求人広告)は、外国人向けの求人に特化しており、言語表記が日本語以外にも対応しているため、高い専門性を持つ外国人求職者が集まりやすいです。特に、日本語をあまり得意としないが専門知識やスキルを持つ求職者からの応募に期待できます。

(2)外国人採用に関する情報を得られる
外国人向け求人サイトには、外国人労働者に関する専門的な情報が提供されており、外国人雇用の法律やルールについて学ぶことができます。外国人採用に不慣れな企業でも、基本的な知識をサイトから得ることができます。

外国人求人サイト(求人広告)のデメリット

(1)採用できなくても費用が発生する場合がある
広告掲載型の求人サイト(求人広告)では、掲載時に費用が発生するため、採用が実現しなくても費用がかかります。採用の見込みが低い場合は、代替案を検討する必要があります。

(2)社内での作業工数が増加する場合がある
求人サイト(求人広告)は、人材紹介などと異なり、自社で採用に関する作業(書類選考、面接対応、連絡調整など)をする必要があります。したがって、社内での作業工数が増加するため、他の採用手法と比べて労力が必要です。

外国人求人サイト(求人広告)の掲載パターン

外国人求人サイト(求人広告)の掲載パターン(費用パターン)は、大きく「掲載課金型」「成果報酬型」「掲載課金型+成功報酬型」の3つに分かれます。

サービスを提供する企業によって、多少の違いはありますが、ここでは一般的なそれぞれの特徴を紹介します。

掲載課金型

掲載課金型は、求人サイト(求人広告)に掲載する際に費用がかかる形態です。

掲載期間や広告の種類に応じて金額が決まり、採用した人数に関わらず料金が一定です。複数の候補者を募集する際に便利ですが、応募がない場合でも費用が発生するデメリットもあります。

成果報酬型

成果報酬型は、求人サイト(求人広告)の掲載自体は無料で、応募者からの具体的なアクション(応募や採用決定など)があった際に費用が発生する形態です。

何らかのアクションがなければ費用はかかりませんので、リスクが低く、無駄なコストを心配しなくて済みます。ただし、1人単位での採用費用が発生し、採用難易度の高い職種の場合は成功報酬が高くつくことがあるため、費用対効果を検討する必要があります。

掲載課金型+成功報酬型

この費用形態は、求人サイト(求人広告)の掲載時と応募者の採用時(または応募時)に費用が発生する組み合わせです。

主に管理職やエリートクラスの求人サイトで見られるシステムです。他の費用形態と比較して、コストへのリスクは高いですが、高度な人材を求める場合に効果的です。

おすすめの外国人求人サイト(求人広告)4選

各外国人求人サイトの特徴について、紹介します。

外国人求人サイト①YOLO WORK

「YOLO WORK」は、日本に住む外国人のための求人情報サイトです。採用担当者は、226ヵ国・26万人以上の外国人に向けて求人を出すことができ、応募があった際には事前に応募者が登録した自己紹介動画から人となりを知ることができます。
また、導入実績は1,900社以上となっており、企業の人手不足を解決し、多文化共生の促進を目指しています。 

YOLO WORKへの求人掲載をご検討の企業様は、こちらから資料ダウンロードいただけます。

外国人求人サイト②Guidable Jobs

「Guidable Jobs」は、日本在住の外国人向け求人情報サイトです。私たちは外国人採用に特化したサービスを提供し、採用条件の確認、ビザのガイダンス、在留資格の選定、日本語スキルの評価など、専門的なサポートを提供しています。これにより、外国人採用に関する不安を解消し、スムーズな採用プロセスを実現します。また、外国人採用に積極的な企業と連携し、多彩な求人情報をご提供しています。

外国人求人サイト③WORK JAPAN

「WORK JAPAN」は、日本在住の外国人向け求人情報サイトです。当サイトは、多言語で情報提供し、建設、工場、ホテルなど幅広い業界の求人情報を幅広くカバーしています。また、日本での生活に必要な各種サービスへのアクセスも提供し、外国人が日本での生活を円滑に過ごすための支援を行っています。

外国人求人サイト④GaijinPot Jobs

「GaijinPot Jobs」は、日本在住の外国人向け求人情報サイトです。このサイトを通じて、英語を活かす仕事を探すことができます。さらに、全国規模で様々な業界の求人情報を提供しています。

4社の求人サイト比較一覧表

以下が、4社の登録者数や機能などをまとめた比較表になります。

YOLO JAPANGuidableWork JapanGaijinPot
登録者数26万人以上8.5万人以上10万人以上47万人以上(レジュメ登録)
言語展開6言語2言語8言語3言語
スカウト×
正社員雇用
ターゲット日本在住外国人日本在住外国人日本在住外国人国内外在住外国人

まとめ

「外国人求人サイト」と一言にいっても、各サイトの特徴やサービス内容は異なっています。目的に応じて利用することで効率よく外国人を採用することができ、不足した人手を補えます。

まずは、各サイトの資料請求やお問い合わせをし、情報収集することから始めていきましょう。
何もしなければ、人手不足という現状は変わりません。

情報収集していくうちに、きっと各企業に合ったプランが見つかるはずです。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 東京都に住む外国人労働者の特徴

  2. 外国人の銀行口座開設におすすめの銀行をまとめて一覧で紹介

  3. 関西空港、外国人観光客はコロナ禍前の97%に回復

  4. 日本語を理由に外国人旅行者への宿泊拒否、ふくの湯が謝罪文掲載

  5. 日本在住外国人がよく買うファストファッションブランドランキングTOP10【YOLO総研】

  6. 岡山県内の外国人労働者数、4年ぶり10%超の増加率で過去最多更新

  7. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

Archives

TOP