ニュース

【東京都】12月を「外国人適正雇用推進月間」と宣言!外国人の不法就労を防ぐ

2023年11月27日、東京都庁生活文化スポーツ局の報道発表資料によれば、東京都では12月を「外国人適正雇用推進月間」とし、国や警視庁などの関係機関と連携して外国人の不法就労を防ぐための環境整備を進めています。この期間中、都内3か所の駅で街頭キャンペーンが実施され、外国人の適正雇用を促進し、不法就労を防止する活動が展開されます。

街頭キャンペーンの詳細
(1)日時・場所
・12月5日(火曜日)11時30分~12時15分:秋葉原駅電気街口
・12月7日(木曜日)11時30分~12時15分:北千住駅西口
・12月14日(木曜日)11時30分~12時15分:八王子駅構内
※雨天時には実施場所が変更される可能性があります。

(2)内容
・街頭キャンペーンでは、外国人を雇用する際の注意点に関するマニュアルが解説されます。
・在留カードの確認ポイントを示した啓発品が配布されます。
・期間中は新宿駅の4号街路柱面デジタルサイネージを活用して、不法就労防止に関する啓発画像が掲示されます。
・街頭キャンペーンに、「みまもりぃぬ」と警視庁の「ピーポくん」など、キャラクターも登場予定です。

さらに、関係機関と連携して、上記3駅周辺の事業所(飲食店、コンビニなど)を直接訪問し、外国人を雇用する際の注意点を説明し、啓発品を配布する取り組みも行われる予定です。

(参考)外国人適正雇用推進月間 街頭キャンペーン|東京都

外国人の不法就労は、毎年ニュースに取り上げられるほど、問題となっていますが、不法就労とは、簡単に言えば、許可なく働くことを指します。特に、これは国や地域の法律で働くことを許されていない人々、例えば適切な就労ビザの許可を持たない外国人が、それらを無視して働く行為を指します。

不法就労について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

YOLO総研 編集部 ピロ

適正な雇用環境を促進することは、労働者にとっても雇用主にとってもとても重要です。不法就労の防止は、社会全体にとってもプラスの影響をもたらし、違法な雇用慣行や賃金の不平等を減少させ、公平な労働市場の構築に役立つことでしょう。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは1,200社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

  2. JETプログラムとは?応募要件や来日する外国人の特徴を詳しく解説

  3. 技能実習生の給料相場は?給与決定のポイント・注意点を徹底解説!

  4. 春節、中国人観光客は「爆買い」から「体験重視」へ旅行スタイルがシフト

  5. 年収1000万円以上の外国人に「デジタルノマド」ビザ発給へ

  6. 群馬県などの地方自治体で外国籍公務員の採用が進む

  7. フランス人の特徴は?採用前に知っておきたい性格や国民性、宗教、教育について

Archives

TOP