ニュース

技能実習の新制度への期待と課題~地域社会の重要性~

政府有識者会議がまとめた技能実習制度の代替案に関する最終報告が注目を集めています。新制度の具体的な設計は政府の責務ですが、地域社会において人手不足の問題を解決し、外国人労働者が地域に溶け込みやすくなるようサポートすることが肝要です。信州地域など地方コミュニティでは、新制度に対する期待と懸念が共存しています。

有識者会議は、技能実習制度に関する主要な問題について、バランスの取れた提言をまとめました。これにより、現行制度の課題解決とより分かりやすい制度への改善が目指されています。

さらに、技能実習制度の中核である「監理団体」にも変更が提案されました。これらの団体は実習生のサポートを担当しており、人権侵害の防止と厳格な許可要件の適用を推奨し、「厳選」の方針を示しました。

監理団体について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

実習生の失踪に関連する「多額の借金を抱えて来日する」問題にも対処策が提案され、派遣会社からの不正な支払いや手数料の分担仕組みが導入される見通しです。

しかし、課題は依然として残り、新たな問題も浮上しています。転籍(転職)制限の緩和に伴う懸念に対処するため、地方や中小企業への配慮策が提案されていますが、外国人労働者の地域での定着を促進するには、企業の待遇向上と自治体のサポート強化が不可欠です。

技能実習制度は、帰国を前提として1993年に導入されましたが、実際には最低賃金で働く「使い捨て」労働者として扱われ、地域社会への統合が不足していました。最終報告では、「地域協議会」の設置を政府主導で進め、外国人労働者の受け入れ環境整備を推進することが提案されましたが、具体的な制度設計は進行中です。

長野県労働雇用課の木下育夫課長は、地方企業が高賃金都市部への移動を懸念しており、協議会の発展に注目しています。職場環境の充実や日本人と同等の待遇が、外国人労働者の受け入れにおいて重要な要素であると強調しています。

(参考)外国人労働者の定着 地域社会の支えに 監理団体や借金問題にも踏み込む(信濃毎日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

YOLO総研 編集部 ピロ

外国人労働者の受け入れと定着は、企業だけではなく、地域社会も重要になります。地方や都市部、企業、自治体、そして外国人労働者自身が協力し、社会的包摂と共に成長するために、今後も継続的な努力が必要でしょう。

YOLO総研 編集部 ハタ

この記事を書いた人

YOLO総研 編集部 ハタ

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 東京都に住む外国人労働者の特徴

  2. 外国人の銀行口座開設におすすめの銀行をまとめて一覧で紹介

  3. 関西空港、外国人観光客はコロナ禍前の97%に回復

  4. 日本語を理由に外国人旅行者への宿泊拒否、ふくの湯が謝罪文掲載

  5. 日本在住外国人がよく買うファストファッションブランドランキングTOP10【YOLO総研】

  6. 岡山県内の外国人労働者数、4年ぶり10%超の増加率で過去最多更新

  7. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

Archives

TOP