ニュース

大分県中津市の高校生、外国人と「やさしい日本語」で防災について議論

12月2日、大分県中津市で、高校生たちが外国人に対して「やさしい日本語」を使ってコミュニケーションを取るための学習会が行われました。この学習会は、大分県立図書館と中津市の東九州龍谷高校が共同で開催し、地域の防災に関心を持つ2年生や県内の大学に留学している生徒たちが参加しました。

参加者はまず自己紹介を行い、その後、「やさしい日本語」を使用して防災についてどのように伝えるかについて議論しました。この議論の中で、「防災」や「避難所」、そして「懐中電灯」など、災害時に頻繁に使用される言葉が外国人には理解しづらいことが明らかになり、高校生たちはそれらの言葉を簡単に伝えるのが難しいことに苦労しました。場合によっては、適切な日本語を見つけることが難しく、英語を使ってコミュニケーションをとることが必要である場面もありました。

参加した高校生たちは、「普段は簡単だと思っている言葉を別の言葉に言い換えることが難しかった」と話しています。

大分県立図書館学校・地域支援課の黒木哲也さんは、「日本に住む外国人の半数は英語を話せない国から来ていますが、多くの人々は簡単な日本語を理解できます。「やさしい日本語」を広め、気軽にコミュニケーションが取れる社会を築きたいと思います」と述べました。

(参考)外国人と「やさしい日本語」で意思疎通 高校生が学習会 中津|NHK 大分県のニュース

YOLO総研 編集部 ピロ

この学習会は、外国人とのコミュニケーションにおける言語の壁を克服しようとする素晴らしい取り組みですね。多くの地域や団体などで「やさしい日本語」が広まっていくことを期待しています。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 東京都に住む外国人労働者の特徴

  2. 外国人の銀行口座開設におすすめの銀行をまとめて一覧で紹介

  3. 関西空港、外国人観光客はコロナ禍前の97%に回復

  4. 日本語を理由に外国人旅行者への宿泊拒否、ふくの湯が謝罪文掲載

  5. 日本在住外国人がよく買うファストファッションブランドランキングTOP10【YOLO総研】

  6. 岡山県内の外国人労働者数、4年ぶり10%超の増加率で過去最多更新

  7. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

Archives

TOP