コラム

【ネパールの大学ランキング2024】人気大学と就職事情を解説

ネパール出身者の採用および選考プロセスにおいて、「ネパールの学歴は!?」「この大学の評判は!?」「この教育機関の学位は大学と同等!?」など、疑問を抱えることはありませんか?

この記事では、このような疑問を抱える人事および採用担当者の方々に向けて、ネパールの大学ランキング、教育制度、ネパール人の就職事情に関する情報を紹介しています。

ネパールの基本情報

ネパールの大学ランキングや就職事情の前に、まずは、ネパールという国の基本情報を見ていきましょう。

地理

ネパールは、南アジアに位置し、インドの北部にあり、中国(チベット自治区)とも国境を接しています。この国は世界で最も高い山、エベレスト(またはサガルマータとも呼ばれます)を含むヒマラヤ山脈の一部を含んでおり、登山者やアウトドア愛好家にとって有名な目的地です。

首都・人口

首都はカトマンズ(Kathmandu)で、国内最大の都市でもあります。ネパールの人口は約3000万人以上で、多くの民族グループが共存しており、カス族、マデシ族、ニュアール族、ガーシ族などが主要な民族グループです。

公用語

ネパールの公用語はネパール語であり、英語も広く使用され、観光業や政府の公用語としても使われています。

経済・観光

経済は農業、観光業、リモートワーク、レミットンス(国外からの送金)に依存しており、特に観光業はエベレスト登山を含むトレッキングとアウトドアアクティビティが主要な収入源です。
ネパールは美しい山岳地帯、文化的な名所、ヒマラヤトレッキングの目的地として世界中から観光客を惹きつけており、カトマンズのダルバール広場、ポカラのフュワ湖、ルクラのエベレストベースキャンプなどが有名です。

文化・宗教

文化的には、ネパールは多様な文化遺産を持ち、ヒマラヤ文化や仏教文化が特に顕著です。ネパールの文化にはヒンドゥー教、仏教、民間信仰などが影響を与えており、多様な宗教が共存しています。イスラム教、キリスト教、ジャイナ教も信仰されています。

ネパールの教育制度の特徴

ここからは、一般的なネパールの教育制度の特徴についてみていきましょう。

学年暦と入学年度

ネパールの学校制度では、入学は毎年4月15日に行われ、次年度の4月14日に卒業が行われる学年カレンダーが採用されています。

就学前教育(3歳から4歳)

就学前教育は、3歳から4歳の幼児を対象にし、幼稚園や学校の就学前学級で提供されています。在籍率は2015年には85%に達しています。

義務教育

ネパールにおいては、国全体で義務教育制度が確立されていないものの、一部地域では初等教育が義務化されています。

初等教育(5歳から10歳)

初等教育は5歳から5年間のプログラムで、初等学校で提供されています。卒業試験は学校ごとに実施されます。

中等教育

中等教育は前期(3年間)、中期(2年間)、後期(2年間)の3段階に分かれており、前期中等教育は8年間の基礎教育の第2段階として位置づけられています。修了試験は郡ごとに実施されます。中期中等教育は中級中等教育修了証を取得するために行われ、全国試験が必要です。後期中等教育は上級中等学校で提供され、卒業者には後期中等教育修了証が授与されます。

高等教育

高等教育は大学で行われ、学士課程の修業期間は通常3年ですが、分野によって異なり、農学や工学は4年、医歯学は5年半などがあります。学士課程への入学要件には、後期中等教育修了証または技術教育課程修了証の取得が必要であり、大学によっては試験や面接も行われることがあります。

また、ネパールの大学進学率は2013年時点で17%と報告されており、これは日本の大学進学率(2019年時点で58.1%)と比較して低い水準です。

教育行政

ネパールの教育行政は教育スポーツ省が担当し、全ての教育段階における計画策定と実施を行っています。地方教育局と郡教育事務所を通じて地域と連携し、教育の維持と調整を行っています。国内を5つの教育行政地域に分け、各地域には地域教育局が配置され、地域内での教育に関する活動を進めています。

ネパールと日本の教育制度の共通点

ネパールと日本の教育制度にはいくつかの共通点があります。ここからは、その共通点について詳しく紹介していきます。

学年制度

ネパールと日本の学校は学年ごとに進級し、カリキュラムが進行します。初等教育、中等教育、高等教育という段階があります。

教育省

ネパールと日本にも教育省が存在し、教育政策の立案と実行を担当しています。また、教育行政は地方で管理されています。

ネパールと日本の教育制度の違い

一方で、ネパールと日本の教育制度にはいくつかの違いもあります。ここからは、その違いを紹介していきます。

学年の始まり

ネパールでは学年が4月15日から始まり、翌年の4月14日に終了しますが、日本では4月1日から始まり、翌年の3月31日に終了します。

義務教育

日本は国全体で義務教育が行われており、明確な義務教育段階が存在しますが、ネパールでは国全体での義務教育制度は確立されておらず、一部地域のみで義務化されています。

大学進学率

日本の大学進学率は高く(2019年時点で58.1%)、多くの生徒が大学に進学しますが、ネパールの大学進学率は低く(2013年時点で17%)、大学進学が限られた機会となっています。

ネパールの大学ランキング(TOP10)

異なるランキングソースのデータを参考にして、ネパールの大学を総合的に評価した「YOLO WORK」独自のネパール大学ランキングを紹介していきます。

1位:Kathmandu University(カトマンズ大学)
2位:Tribhuvan University(トリブバン大学)
3位:BP Koirala Institute of Health Sciences(BPコイララ健康科学研究所)
4位:Pokhara University(ポカラ大学)
5位:Patan Academy of Health Sciences(パタン健康科学アカデミー)
6位:Tribhuvan University Institute of Engineering(トリブバン大学工学部)
7位:Tribhuvan University Institute of Medicine(トリブバン大学医学研究所)
8位:Nepal Engineering College(ネパール工科大学)
9位:Manipal College of Medical Sciences(マニパル医科大学)
10位:Agriculture and Forestry University(農林大学)

1位:Kathmandu University(カトマンズ大学)

カトマンズ大学(Kathmandu University、KU)は、ネパールの高等教育機関の中でも特筆すべき存在です。その特徴は多岐にわたります。まず、学術的な卓越性を重要視し、工学、医学、経営学、環境科学など多様な分野で高品質の学位プログラムを提供しています。また、キャンパスは美しいカトマンズ渓谷に位置し、学生には静かで美しい環境で学習と研究を行う機会が提供されています。

カトマンズ大学は研究への熱意が高く、最新の施設と研究センターを提供し、学生と教職員は積極的に様々な研究プロジェクトに取り組んでいます。さらに、国際的な大学や機関との協力関係も多く築かれ、留学プログラムや国際交流が奨励されています。

学生は異なる研究分野を探求し、実世界の課題に対処するスキルを養う機会を得ます。カトマンズ大学はコミュニティ開発、文化、芸術、課外活動など多彩な活動も提供し、学生の多面的な成長を促進しています。

さらに、持続可能な実践と環境保護にコミットし、エコフレンドリーなキャンパスと関連プログラムを提供しています。カトマンズ大学は、国際市民としての視野を広げ、持続可能な未来に貢献する準備ができた卒業生を育てています。

2位:Tribhuvan University(トリブバン大学)

トリブバン大学(Tribhuvan University、TU)は、ネパール最大かつ最も歴史ある大学で、その特徴は以下の通りです。

TUは幅広い学術分野で高品質の教育を提供しており、工学、医学、人文科学、社会科学、自然科学など多岐にわたる学位プログラムを展開しています。国内外から多くの学生が集まり、学際的なアプローチを奨励されています。

トリブバン大学はネパールの教育界においてリーダーシップを発揮しており、多くの優れた研究機関や研究センターを備えています。研究へのコミットメントが強く、学生と教職員は様々なプロジェクトに積極的に参加し、知識の進歩に貢献しています。

また、トリブバン大学はネパール全土にキャンパスを展開しており、地域社会に密着した教育と研究を行っています。地方においても教育の機会を提供し、国内外から多様な文化やバックグラウンドを持つ学生が学び合う環境を提供しています。

持続可能な実践と環境保護にも力を注ぎ、エコフレンドリーなキャンパスと関連プログラムを積極的に推進しています。トリブバン大学は、ネパールの教育と研究の中心として、将来のリーダーとしての卒業生を育成しています。

3位:BP Koirala Institute of Health Sciences(BPコイララ健康科学研究所)

BPコイララ健康科学研究所(BP Koirala Institute of Health Sciences、BPKIHS)は、ネパール内で高度な医療教育と研究を行う名門機関です。その特長は多岐にわたります。

BPKIHSは幅広い医療分野で卓越した教育プログラムを提供し、医学、歯学、看護学、薬学、公衆衛生学などで学生に包括的な知識とスキルを提供しています。最新の医療設備と技術を充実させたキャンパスで実践的な医療トレーニングを実施しています。

また、BPKIHSは研究への強いコミットメントを持ち、医療、保健、生命科学などの分野で先進的な研究を推進しています。学生と教員は積極的に研究プロジェクトに参加し、医療の発展に寄与しています。

地域社会に奉仕する使命を果たし、健康キャンプや啓発活動を通じて医療サービスの提供と普及に貢献しています。国際的な大学や機関との協力関係も強化し、留学プログラムや国際交流を奨励しています。

総合的に言えば、BPKIHSは医療教育、研究、地域貢献、国際的な連携など、多岐にわたる活動を通じて、ネパールの医療分野で卓越した存在として高く評価されています。

4位:Pokhara University(ポカラ大学)

ポカラ大学(Pokhara University)は、ネパールの高等教育機関で、優れた教育と研究に特徴があります。この大学は工学、経営学、医学、社会科学、芸術など、多くの分野で高品質の学位プログラムを提供しています。学生たちは多彩な学習経験を得ることができます。

ポカラ大学は研究に対する熱意があり、最新の研究設備とラボを備えています。学生と教職員は積極的に研究プロジェクトに取り組み、学問の進歩に貢献しています。また、大学は地域社会への貢献にも力を入れ、健康キャンプや教育プログラムを通じて地元のコミュニティに奉仕しています。

国際的な視野も大切にし、留学プログラムや国際交流を奨励しています。これにより、国内外から多様なバックグラウンドを持つ学生が学び合い、異なる文化に触れる機会を提供しています。

さらに、ポカラ大学は環境に対する配慮を大切にし、エコフレンドリーなキャンパスと関連プログラムを展開しています。持続可能な実践と環境保護にコミットし、学生に環境への意識を醸成しています。

総合的に、ポカラ大学は高品質な教育と研究、地域社会への貢献、国際的な視野、環境への配慮など、多彩な特徴を持つ高等教育機関として高く評価されています。

5位:Patan Academy of Health Sciences(パタン健康科学アカデミー)

パタン健康科学アカデミー(Patan Academy of Health Sciences、PAHS)は、ネパールの医療教育と研究の分野で際立った存在です。パタン健康科学アカデミーは、多岐にわたる医療分野で高品質の教育プログラムを提供し、学生に包括的な医療知識と臨床スキルを提供しています。最新の医療設備や技術を整えたキャンパスで、実践的なトレーニングが行われています。

また、パタン健康科学アカデミーは研究に対する強いコミットメントを持ち、医療、保健、生命科学の分野での革新的な研究を推進しています。学生と教職員は熱心に研究プロジェクトに取り組み、医療分野の発展に貢献しています。

地域社会に対する貢献もパタン健康科学アカデミーの重要な使命の一つであり、健康キャンプや啓発活動を通じて、医療サービスの提供と普及に寄与しています。国際的な協力も大切にし、留学プログラムや国際交流を奨励し、学生に異なる文化と医療体制に触れる機会を提供しています。

さらに、パタン健康科学アカデミーは環境への配慮にも取り組んでおり、エコフレンドリーなキャンパスと関連プログラムを積極的に推進しています。これにより、持続可能な実践と環境保護に貢献しています。

パタン健康科学アカデミーはその高品質な医療教育、研究への熱意、地域社会への奉仕、国際的な展望、環境への配慮といった多岐にわたる特徴により、ネパールの医療教育の中心的存在として高い評価を受けています。

6位:Tribhuvan University Institute of Engineering(トリブバン大学工学部)

トリブバン大学工学部(Tribhuvan University Institute of Engineering, TU IoE)はネパールにおける工学教育の中で卓越性を誇る機関で、幅広い特徴を備えています。まず、トリブバン大学工学部は多彩な工学分野で高品質な教育プログラムを提供しており、電子工学、機械工学、電気工学、コンピュータ工学、土木工学、建築学、地理情報学など、学生に多岐にわたる専攻選択肢を提供しています。

この大学は最新の施設と設備を備え、学生は実践的なトレーニングと研究活動を行うための充実した環境を利用できます。また、トリブバン大学工学部は研究への強いコミットメントを持ち、学生と教職員は革新的なプロジェクトに積極的に参加し、科学技術の進歩に貢献しています。

地域社会に対する奉仕もトリブバン大学工学部の重要な要素であり、地域のインフラストラクチャー開発や技術コンサルティングを通じて社会的な課題に取り組んでいます。国際的な連携も大事にし、留学プログラムや国際交流を奨励し、学生に国際的な視野を広げる機会を提供しています。

総合的に、トリブバン大学工学部は工学分野での卓越性、実務的なスキル獲得、地域社会への貢献、国際的な展望など、多岐にわたる特徴を持つ高等教育機関として、ネパール内外で高い評価を受けています。

7位:Tribhuvan University Institute of Medicine(トリブバン大学医学研究所)

トリブバン大学医学研究所(Tribhuvan University Institute of Medicine、TU IoM)は、ネパールにおける医学教育と研究の中心的な機関です。この研究所は多くの特徴を備えており、その詳細を以下にまとめてみましょう。

トリブバン大学医学研究所は医学、歯学、薬学、看護学、保健学など、広範な医療分野で高品質の教育プログラムを提供しており、学生に包括的な医療知識と臨床スキルを提供しています。キャンパスには最新の医療設備と技術が整備され、実践的なトレーニングが行われています。これにより、学生は実際の臨床環境での経験を積むことができ、将来の医療専門家としての自信を養います。

また、トリブバン大学医学研究所は研究に対する強いコミットメントを持っており、医療、保健、生命科学の分野での革新的な研究を積極的に推進しています。学生と教員は積極的に研究プロジェクトに取り組み、医療の進歩に貢献しています。

この研究所は地域社会にも焦点を当て、健康キャンプや啓発活動を通じて、医療サービスの提供と普及に貢献しています。さらに、国際的な大学や研究機関との連携を強化し、留学プログラムや国際交流を奨励しています。これにより、学生は異なる文化や医療システムに触れ、国際的な視野を広げる機会を得ています。

総括すると、トリブバン大学医学研究所は多彩な医療分野での高品質な教育と研究、地域社会への奉仕、国際的な展望といった特徴を備えたネパールの医療教育の中心的な存在として高く評価されています。

8位:Nepal Engineering College(ネパール工科大学)

ネパール工科大学(Nepal Engineering College)は、ネパールの工学教育分野で著名な機関で、多くの特徴を持っています。

ネパール工科大学は、工学と技術に焦点を当てた幅広い学術プログラムを提供しており、電気工学、コンピューターサイエンス、建築工学、機械工学、環境工学など、多くの専攻分野が学生に提供されています。学生は高品質の教育を受け、実務経験を積む機会を得ることができます。

ネパール工科大学は、実践的な教育に力を入れており、実際のプロジェクトに参加することで理論を実務に結びつける機会を提供しています。また、学術研究にも積極的に取り組み、工学分野での革新的なプロジェクトや研究成果を生み出しています。

国際的な視野も重視され、多くの国際協力プログラムや留学プログラムが提供されています。これにより、学生は異なる文化や学術環境に触れ、国際的な視野を広げる機会を享受しています。

ネパール工科大学はまた、環境への配慮にも取り組んでおり、エコフレンドリーなキャンパスと関連プログラムを推進しています。環境への意識を高め、持続可能な技術とソリューションに貢献しています。

総合的に言えば、ネパール工科大学は工学教育、実践的な教育と研究、国際的な展望、環境への意識など、多岐にわたる特徴を持つ高等教育機関として、ネパールの工学分野で重要な存在とされています。

9位:Manipal College of Medical Sciences(マニパル医科大学)

マニパル医科大学(Manipal College of Medical Sciences、MCOMS)は、ネパールの医療教育機関として高い評価を受けています。この大学は幅広い医療分野で高品質な教育プログラムを提供し、学生に包括的な医療知識と臨床スキルを提供しています。キャンパスには最新の医療設備と技術が整備され、実践的な医療トレーニングが行われています。

さらに、マニパル医科大学は研究に強いコミットメントを持っており、医療、生命科学、保健学の分野での革新的な研究を推進しています。学生や教職員は積極的に研究プロジェクトに取り組み、医療の進歩に貢献しています。

国際的な視野も大事にし、留学プログラムや国際交流を奨励し、学生に異なる文化と医療システムに触れる機会を提供しています。地域社会にも貢献し、健康キャンプや啓発活動を通じて医療サービスの提供と普及に尽力しています。

さらに、環境への配慮も大学の一環として取り入れ、エコフレンドリーなキャンパスと関連プログラムが推進されています。持続可能な医療実践と環境保護にコミットし、学生に環境への意識を醸成しています。総合的に、マニパル医科大学はネパールの医療教育と研究の中心的存在として高く評価されています。

10位:Agriculture and Forestry University(農林大学)

農林大学(Agriculture and Forestry University)は、ネパールの農業と林業に特化した高等教育機関で、その特徴は以下の通りです。まず、この大学は農業と林業の分野に焦点を当て、学生に幅広い知識とスキルを提供しています。農業、林業、環境科学、農業経済学など、関連する多岐にわたる専門分野で高品質の教育プログラムを展開しています。

大学は最新の研究設備を備え、実践的なトレーニングの機会を提供しています。学生は実務経験を積みながら、農業と林業に関連するさまざまな技術や実践スキルを身に付けることができます。

さらに、農林大学は地域社会と連携し、農村地域の発展と持続可能な農業・林業実践をサポートしています。地域コミュニティに対する啓発活動やトレーニングプログラムを通じて、地域社会への貢献を重視しています。

国際的な視野も大事にし、留学プログラムや国際交流を奨励し、学生に異なる文化と国際的な農業・林業システムに触れる機会を提供しています。持続可能な農業と林業実践、環境保護に対するコミットメントも大学の特徴であり、環境への配慮を強調しています。総合的に、農業と林業の分野での教育と研究において、農林大学はネパールにおいて重要な役割を果たしています。

ネパールの就職事情

最後は、ネパールの就職事情について、紹介していきます。

雇用機会と競争

ネパールの都市部では雇用機会が多い一方で、求職者も多く競争が激しいです。特に専門職や高度なスキルを持つ人々に対する需要が高まっています。工学、情報技術、医療関連の職種などが比較的需要が高い分野です。

農業と観光業

農業はネパールの主要な産業であり、多くの人々が農地で働いています。観光業も成長分野で、観光スポットやハイキングルートでのガイド、ホテル業などが提供する雇用機会があります。

教育と学歴

高度な学歴とスキルを持つ人々は、大学、病院、国際機関、非政府組織(NGO)などでの仕事を見つけやすい傾向があります。ネパール国内外の大学での学位や認定資格は、就職において有利な要素です。

国際的な仕事

一部のネパール人は国外での仕事を探しており、中東諸国やマレーシア、韓国などで建設労働者、看護師、技術者として働くことがあります。国外での仕事は高い賃金を提供しますが、労働条件や文化の違いに注意が必要です。

給与と経済的な課題

一般的に、ネパールの給与水準は低く、生計を立てるのが難しい場合もあります。インフレーションや経済的な不安定要因も存在します。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 東京都に住む外国人労働者の特徴

  2. 外国人の銀行口座開設におすすめの銀行をまとめて一覧で紹介

  3. 関西空港、外国人観光客はコロナ禍前の97%に回復

  4. 日本語を理由に外国人旅行者への宿泊拒否、ふくの湯が謝罪文掲載

  5. 日本在住外国人がよく買うファストファッションブランドランキングTOP10【YOLO総研】

  6. 岡山県内の外国人労働者数、4年ぶり10%超の増加率で過去最多更新

  7. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

Archives

TOP