ニュース

外国人労働力の可能性を探るセミナー、川崎市で開催

外国人労働力を活用するセミナーが川崎市幸区大宮町の起業家支援拠点「K-NIC」で2023年12月6日に開催されました。このセミナーでは、外国人従業員を積極的に採用している企業からの洞察や課題、実際の外国人労働者の声に耳を傾ける機会が提供されました。

川崎市産業振興財団が主催したこのセミナーには、約60人の企業関係者が出席しました。『産業情報かわさき』によれば、2022年10月時点での全国の外国人労働者数は約182万2,725人で、前年比で約9万5,000人増加しています。また、同財団が発表した21年度の『外国人雇用・就労支援等検討会報告書』によれば、2020年に川崎市で働いていた外国人労働者は合計で4万5,361人に達しました。このセミナーは、外国人労働者の活躍を促進し、地域社会に貢献するための情報共有と発信の場として計画されました。

セミナーでは、埼玉県の特殊銅合金メーカーで働く3人の外国人従業員が、仕事の魅力などを紹介しました。

ジャマイカ出身のジリアン・フレッチャーさんは、挑戦と成長の機会を受け入れて入社し、「外国人も歓迎されている雰囲気の良さがいい。仕事だけでなく自分の趣味も楽しめる」と述べました。

デンマーク出身のクリスチャン・ラスムッセンさんは、「自分の意見を述べることができる職場であることが良い。文化が異なってもコミュニケーションが取れる雰囲気が大切」と強調しました。

フィリピン出身のクリスタベール・アーシラさんは、家族のような温かさに惹かれて入社し、「日本人と外国人がオープンマインドで協力できる社会を築くために、互いに協力することができる」と述べました。

パネルディスカッションでは、外国人が働く中小企業や研究機関の社長たちが登壇し、意見交換が行われました。永井浩二iCONM(ナノ医療イノベーションセンター)副センター長は、異なる背景を持つ研究者がアイデアを共有しやすい環境を提供し、イノベーションにつなげている取り組みを紹介しました。大和合金(株)代表取締役社長の萩野源次郎氏は、外国人の感性を大切にし、海外交渉を委任していることから、製品の輸出が増加したことを強調しました。また、板金加工業の赤原宗一郎(株)赤原製作所代表取締役は、採用に際して人間性と人柄を重視し、「外国人を尊重し、助け合える社会を作り上げる必要がある」と述べました。

このセミナーは、今後も年2〜3回開催される予定です。

(参考)外国人活躍の職場考える  幸区で企業向けセミナー | 川崎区・幸区 | タウンニュース

外国人雇用をご検討の企業様は、ぜひ一度YOLO WORKに求人掲載してみませんか?

YOLO WORKを活用した企業の成功事例は、こちらからご覧いただけます。

YOLO WORKを活用する外国人ユーザーの声はこちらからご覧いただけます。

YOLO総研 編集部 ピロ

外国人雇用の成功企業の声や、働いている外国人の生の声を直接聞ける機会は、なかなか得られない貴重なものです。このセミナーは、外国人労働力に関心を持つ人々にとって、非常に価値のある機会ですね。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは1,200社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

  2. JETプログラムとは?応募要件や来日する外国人の特徴を詳しく解説

  3. 技能実習生の給料相場は?給与決定のポイント・注意点を徹底解説!

  4. 春節、中国人観光客は「爆買い」から「体験重視」へ旅行スタイルがシフト

  5. 年収1000万円以上の外国人に「デジタルノマド」ビザ発給へ

  6. 群馬県などの地方自治体で外国籍公務員の採用が進む

  7. フランス人の特徴は?採用前に知っておきたい性格や国民性、宗教、教育について

Archives

TOP