ニュース

農業で新たな人材活用手法「産地間人財リレー」に注目集まる

宮崎県では、外国人労働者を農業の支援に取り入れる新たなイニシアティブ、「産地間人財リレー」が注目を浴びています。この取り組みは、人手不足が懸念される中で、外国人労働者の数が増加している状況を背景に展開されています。

宮崎市にある野崎ファームの自社農場では、大根の生産に取り組んでおり、この作業にミャンマー出身の3人の外国人労働者が参加しています。外国人労働者は、在留資格「特定技能」を持つ即戦力として雇用されており、農業分野での貴重な労働力となっています。

この「産地間人財リレー」プログラムでは、異なる産地での農業作業を交互に行うことで、労働力を効率的に確保する試みが行われています。夏季には長野県や群馬県でキャベツやレタスの栽培を行い、冬季には宮崎でダイコンやキュウリの生産に従事します。これにより、季節に合わせた労働力の活用が可能となり、作物の栽培がスムーズに進行します。

このプログラムは、農家のニーズを受けて人材サービス会社のウイルテックが協力し、外国人労働者の管理や言語サポートを提供します。また、雇用主の農家が移動費用や住居を提供するため、労働者には負担がかかりません。

野崎漬物では、このシステムを活用し、ミャンマー人とベトナム人の外国人労働者を合わせて15人雇用しています。これにより、人手不足が解消され、繁忙期の生産計画も効果的に立てられるようになりました。

外国人労働者にとっても、年間を通じて安定した収入を得られる上に、さまざまな作物の栽培経験を積む機会が提供されており、彼らにとってもメリットがあります。

県農業法人経営者協会の長友宏諭さんは、「外国人を雇用することに抵抗がある農業生産者もいますが、しっかりと教育を行いながら、労働力が不足している方に活用してもらい、農業経営に貢献してほしい」と述べ、外国人材の積極的な活用を支持しています。

このような取り組みにより、外国人労働者の活躍が期待され、産地としての食糧基地の維持に貢献することが期待されています。

(参考)即戦力求む!外国人労働者を農業の担い手に「産地間人財リレー」 宮崎県|FNNプライムオンライン

農業での特定技能外国人受け入れについては、こちらの記事をご覧ください。

農業で外国人雇用をご検討の企業様は、ぜひ一度YOLO WORKに求人掲載してみませんか?

YOLO総研 編集部 ピロ

この「産地間人財リレー」は、外国人労働者を農業分野で活用し、人手不足の課題に対処する素晴らしい取り組みですね。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは1,200社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

  2. JETプログラムとは?応募要件や来日する外国人の特徴を詳しく解説

  3. 技能実習生の給料相場は?給与決定のポイント・注意点を徹底解説!

  4. 春節、中国人観光客は「爆買い」から「体験重視」へ旅行スタイルがシフト

  5. 年収1000万円以上の外国人に「デジタルノマド」ビザ発給へ

  6. 群馬県などの地方自治体で外国籍公務員の採用が進む

  7. フランス人の特徴は?採用前に知っておきたい性格や国民性、宗教、教育について

Archives

TOP