コラム

【アメリカの大学ランキング2024】人気大学と就職事情を解説

アメリカ出身者の採用および選考プロセスにおいて、「アメリカの学歴は!?」「この大学の評判は!?」「この教育機関の学位は大学と同等!?」など、疑問を抱えることはありませんか?

この記事では、このような疑問を抱える人事および採用担当者の方々に向けて、アメリカの大学ランキング、教育制度、アメリカ人の就職事情に関する情報を紹介しています。

目次

アメリカの基本情報

アメリカの大学ランキングや就職事情の前に、まずは、アメリカという国の基本情報を見ていきましょう。

人口

アメリカ合衆国の人口は2023年の推計によれば3億3999万6563人を超えており、非常に多様な民族、文化、宗教、言語が共存しています。この多様性は、白人、アフリカ系アメリカ人、ヒスパニック、アジア系アメリカ人、そして先住民(アメリカ・インディアン)など、さまざまな民族グループによって形成されています。アメリカはその多様性を尊重し、国内で多様な文化、料理、宗教、言語の特徴が見られる国として知られています。
(参考)UNFPA Tokyo | 世界人口白書2023

政府・都市

アメリカの政府は連邦制を採用しており、50の州と連邦政府から構成されています。行政府は大統領が率い、立法府は上院と下院から成る議会が、司法府は最高裁判所が担当しています。

アメリカ合衆国の首都はワシントンD.C.(Washington, D.C.)であり、政治と国際外交の中心地として重要な役割を果たしています。ワシントンD.C.にはアメリカ大統領の公邸であるホワイトハウス、国会議事堂、最高裁判所、多くの博物館や文化施設が集まっており、アメリカ政府の拠点として機能しています。

アメリカには多くの主要都市が存在し、それぞれが異なる特性を持っています。ニューヨーク市(New York City)はアメリカ最大の都市であり、国際金融センターとして知られ、マンハッタン島に高層ビルや文化施設が集中しています。ロサンゼルス(Los Angeles)はカリフォルニア州に位置し、エンターテインメント産業の中心地で映画スタジオや有名なビーチがあります。シカゴ(Chicago)はイリノイ州にあり、アメリカの中西部で最大の都市であり、経済、文化、交通の中心地として重要です。ヒューストン(Houston)はテキサス州に位置し、石油産業と航空宇宙産業が盛んな都市です。フィラデルフィア(Philadelphia)はペンシルベニア州にあり、アメリカ独立宣言と憲法制定会議の開催地として歴史的に重要です。

文化と歴史

アメリカの文化は多様で、世界中からの移民が多くの文化要素を持ち込みました。音楽はジャズ、ロック、ヒップホップなど多様なジャンルが栄え、映画産業はハリウッドを中心に世界的に有名です。また、料理も多様で、ハンバーガーやピザなどがアメリカ発祥の食べ物として知られています。

アメリカの歴史には多くの重要な出来事が含まれています。独立宣言(1776年)によってイギリスからの独立が宣言され、アメリカ合衆国が誕生しました。南北戦争(1861-1865年)は奴隷制廃止と国内統一をもたらしました。20世紀には世界大戦への参戦、冷戦、市民権運動、宇宙開発競争などがありました。

経済

アメリカは多国籍企業の本拠地として世界中で影響力を持ち、GDPは世界一の規模を誇ります。主要な産業には情報技術、自動車産業、航空宇宙産業、金融サービス、医薬品、エネルギーなどがあります。また、消費者文化が根付いており、消費者向け製品市場も巨大です。

アメリカの教育制度の特徴

ここからは、一般的なアメリカの教育制度の特徴についてみていきましょう。

学年暦と入学年度

アメリカの学年暦は通常、7月から始まり、翌年の6月までが1学年とされています。この学年制度に従い、児童と生徒は7月に学校に入学し、6月に卒業します。このため、アメリカの学校年度は通常のカレンダーの年度とは異なります。

就学前教育(3歳から5歳)

アメリカの就学前教育は、通常、3歳から5歳の幼児を対象としています。児童は通常、幼稚園や保育学校などで基本的な教育を受けます。多くの州では、小学校に入学する前に1年間の就学前教育を提供するための幼稚園クラス(K学年)が設けられています。これにより、幼児は5歳で幼稚園に在籍し、その後すぐに第1学年に進級します。

義務教育(9年から13年)

アメリカの義務教育は州によって異なり、通常は6歳から始まります。義務教育の期間は9年から13年まであり、多くの州では10年が義務教育の基準とされています。就学年齢や学年暦は州によって異なりますが、ほとんどの場合、6歳からの就学が認められています。

初等中等教育

初等中等教育は、合計で12年の教育期間をカバーしています。主要な学校制度は通常、5年-3年-4年制であり、それに基づいて小学校、中学校、高校が構成されます。ただし、一部の地域では伝統的な6年-3年-3年制や8年-4年制、6年-6年制なども存在します。学生が「修了」とされる場合、一般的には高校の卒業を意味します。高校卒業要件には、特定の科目での単位数取得が含まれています。また、近年では学力テストの受験と合格も高校卒業の要件とされることが増えています。

高等教育

アメリカの高等教育は多岐にわたり、大学、リベラルアーツカレッジ、専門大学、短期大学(コミュニティカレッジ)などが存在します。高等教育への入学資格は通常、ハイスクール(高校)の卒業証明書が必要です。入学選考プロセスは大学の種類や性格によって異なり、「選考なし(短期大学)」「特定の基準を満たすすべての受け入れ(多くの州立大学)」「選考がある(有名私立大学)」などがあります。

高等教育機関から授与される主な学位には「準学士」「学士」「修士」「博士」が含まれます。準学士は短期大学の2年課程を修了することで取得でき、学士は4年以上から5年以下の課程を修了することで取得できます。修士は1年以上から2年以下の大学院プログラムを修了することで取得でき、博士は高度な研究プログラムを修了し、博士論文を発表することが必要です。さらに、1年未満のプログラム修了や一定の単位取得により、さまざまな証明書やディプロマが授与されます。

教育行政

アメリカの教育制度は基本的に州の管轄事項であり、教育政策と運営は各州の教育委員会や理事会によって管理されています。連邦政府も教育省を有していますが、その役割は主に調査、統計、研究、奨学金プログラムなどに限定され、教育政策の実施は州に委ねられています。さらに、地方教育行政機関として学区が存在し、学校の設立、維持、管理を行います。各学区は学区教育委員会によって運営されます。

アメリカと日本の教育制度の共通点

アメリカと日本の教育制度にはいくつかの共通点があります。ここからは、その共通点について詳しく紹介していきます。

学年制度

アメリカと日本の両国の学校制度は学年制を採用しており、児童や生徒は年齢に応じて学年が設定されています。一般的に、小学校、中学校、高校と段階的に進級していきます。

高等教育制度

アメリカと日本には高等教育機関が存在し、大学や専門学校などで学位を取得できます。両国の大学教育は高く評価されており、学生は専門分野を深く学ぶことができます。

アメリカと日本の教育制度の違い

一方で、アメリカと日本の教育制度にはいくつかの違いもあります。ここからは、その違いを紹介していきます。

学校年齢と学年暦

アメリカの学年制度は、7月から始まり、翌年の6月までが1学年とされています。一方、日本の学年制度は4月から3月までが1学年となっており、学校年齢と学年暦が異なります。

義務教育の長さ

日本の義務教育は通常、小学校6年間、中学校3年間の計9年間です。アメリカでは州によって異なりますが、一般的には小学校6年間、中学校2〜3年間、高校2〜4年間の計10〜13年間の義務教育が提供されます。

教育システムの統一性

日本の教育制度は全国的に統一されており、国がカリキュラムや教育政策を統括しています。アメリカは連邦制であり、各州が独自の教育制度やカリキュラムを持っています。これにより、州ごとに教育の内容や要件に違いがあります。

大学入学試験

日本の大学入学試験は、全国統一の試験(大学入試センター試験)が行われ、試験結果によって大学への入学が決定されます。アメリカの大学入学試験は多様で、各大学が独自の入学プロセスを持っており、評価基準や要件が異なります。

飛び級制度

アメリカと日本の飛び級に関する主な違いは、アメリカでは学力や成績に基づいて比較的柔軟に進級が行われ、優秀な生徒が自分のペースで学び進むことが一般的です。

一方、日本では年齢や学年に厳格に従うことが一般的で、飛び級は制約が多いですが、特別な場合に許可されることもあります。アメリカの教育制度では個別のニーズに合わせた教育が重視され、多様性が尊重されています。日本の教育制度では一律の進級が基本で、飛び級は例外的な対応となります。

アメリカの大学ランキング(TOP30)

異なるランキングソースのデータを参考にして、アメリカの大学を総合的に評価した「YOLO WORK」独自のアメリカ大学ランキングを紹介していきます。

1位:スタンフォード大学(Stanford University)
2位:ハーバード大学(Harvard University)
3位:カリフォルニア工科大学(California Institute of Technology)
4位:マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology)
5位:カリフォルニア大学バークレー校(University of California, Berkeley)
6位:イェール大学(Yale University)
7位:プリンストン大学(Princeton University)
8位:シカゴ大学(The University of Chicago)
9位:ジョンズホプキンス大学(Johns Hopkins University)
10位:ペンシルバニア大学(University of Pennsylvania)
11位:カリフォルニア大学ロサンゼルス校(University of California, Los Angeles)
12位:コロンビア大学(Columbia University)
13位:コーネル大学(Cornell University)
14位:デューク大学(Duke University)
15位:ミシガン大学(University of Michigan)
16位:ノースウェスタン大学(Northwestern University)
17位:ニューヨーク大学(New York University)
18位:カーネギーメロン大学(Carnegie Mellon University)
19位:ワシントン大学(University of Washington)
20位:カリフォルニア大学サンディエゴ校(University of California, San Diego)
21位:ジョージア工科大学(Georgia Institute of Technology)
22位:テキサス大学オースティン校(University of Texas at Austin)
23位:イリノイ大学アーバナシャンペーン校(University of Illinois at Urbana-Champaign)
24位:ウィスコンシン大学マディソン校(University of Wisconsin-Madison)
25位:セントルイス・ワシントン大学(Washington University in St Louis)
26位:南カリフォルニア大学(University of Southern California)
27位:ボストン大学(Boston University)
28位:ノースカロライナ大学チャペルヒル校(University of North Carolina at Chapel Hill)
29位:ブラウン大学(Brown University)
30位:カリフォルニア大学デービス校(University of California, Davis)

1位:スタンフォード大学(Stanford University)

スタンフォード大学は、カリフォルニア州パロアルトに位置し、シリコンバレーの中心にある世界的に有名な研究大学です。この大学は技術、ビジネス、人文科学など、幅広い分野で高度な教育と研究を提供しており、学際的なアプローチを奨励しています。また、起業家精神が根付いており、多くのテクノロジースタートアップ企業がここで創業されています。スタンフォード大学の美しいキャンパスと充実した施設は、学生たちに最高の学習環境を提供しています。

2位:ハーバード大学(Harvard University)

ハーバード大学は、アメリカのケンブリッジに位置し、世界で最も名高い大学の一つです。1636年に創立され、米国初の大学として長い歴史を持っています。ハーバードは多くのノーベル賞受賞者、政治家、ビジネスリーダーを輩出し、国際的に高い評価を受けています。豊富な図書館、研究機関、美術館などが学生と研究者に利用され、学術環境は非常に充実しています。

3位:カリフォルニア工科大学(California Institute of Technology)

カリフォルニア工科大学(Caltech)は、カリフォルニア州パサデナに位置する優れた工学および自然科学の大学です。比較的小規模な学生数を持ちながら、科学技術の分野で高い評価を受けています。特に物理学、天文学、計算機科学などの分野で世界的なリーダーシップを持っており、多くの重要な研究プロジェクトに関与しています。

4位:マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology)

マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ケンブリッジに位置し、科学技術の分野で世界的に有名な大学です。MITは工学、数学、自然科学、経済学、経営学など多くの分野で高度な教育を提供しており、特に科学技術への貢献が顕著です。インターディシプリナリーなアプローチとイノベーションへの強いコミットメントが特徴で、多くの起業家や研究者を輩出しています。

5位:カリフォルニア大学バークレー校(University of California, Berkeley)

カリフォルニア大学バークレー校(UC Berkeley)は、カリフォルニア州バークレーに位置し、カリフォルニア大学システムの一部です。カリフォルニア大学バークレー校は、多くの分野で高い評価を受けており、特に工学、自然科学、経済学、社会科学などで強力なプログラムを提供しています。シリコンバレーの近くに位置しており、イノベーションと起業家精神が根付いています。美しいキャンパスと学術的な雰囲気が多くの優れた研究者と学生を魅了しています。

6位:イェール大学(Yale University)

イェール大学は、アメリカ合衆国コネチカット州ニューヘイブンに位置する、アイビーリーグ(Ivy League)に属する名門大学です。イェールは学問の幅広い分野で優れた教育を提供しており、特に人文科学、社会科学、美術、法学、医学の分野で高い評価を受けています。美しいゴシック様式の建物や豊かな図書館コレクションが大学の魅力の一部です。また、イェールは長い歴史を持ち、アメリカ独立戦争前に設立された国内でも最も古い大学の一つです。

7位:プリンストン大学(Princeton University)

プリンストン大学は、ニュージャージー州プリンストンに位置するアイビーリーグに属する名門大学です。プリンストンは特に数学、物理学、工学、経済学、文学などの分野で世界的に評価されており、教育と研究において高い水準を維持しています。美しいキャンパスには大学創設者の名前を冠した数々の建物があり、学問と歴史的な魅力が結びついています。

8位:シカゴ大学(The University of Chicago)

シカゴ大学は、イリノイ州シカゴに位置し、特に社会科学、経済学、ビジネススクールで高い評価を受けている大学です。シカゴ学派として知られる経済学の学派がここで発展しました。また、シカゴ大学は強力な文学、人文科学、自然科学プログラムも提供しており、学際的なアプローチを奨励しています。

9位:ジョンズホプキンス大学(Johns Hopkins University)

ジョンズホプキンス大学は、メリーランド州ボルティモアに位置し、医学、公共衛生、国際関係、エンジニアリング、自然科学など幅広い分野で高い評価を受けている大学です。ジョンズホプキンスは研究重視の大学であり、特に医学研究とバイオテクノロジー分野で世界的に有名です。大学は医療施設も運営しており、医療分野における先端的な治療と研究が行われています。

10位:ペンシルバニア大学(University of Pennsylvania)

ペンシルバニア大学(UPenn)は、フィラデルフィアに位置するアイビーリーグの大学で、学術的な優れたプログラムと研究機関を持っています。特にビジネススクール(ウォートンスクール)と法学部が高く評価され、経済学、国際関係、歴史学など多くの分野で高水準の教育を提供しています。大学は美しい都市キャンパスに位置しており、学生たちは都市の文化とリソースを活用できます。

11位:カリフォルニア大学ロサンゼルス校(University of California, Los Angeles)

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)は、カリフォルニア大学システムの一部で、ロサンゼルスに位置するトップクラスの大学です。特に映画、演劇、芸術、ビジネス、工学の分野で高い評価を受けており、ハリウッドが近くにあることからエンターテインメント業界にも多くの卒業生を輩出しています。美しいキャンパスと文化的な多様性も大学の特徴です。

12位:コロンビア大学(Columbia University)

コロンビア大学は、ニューヨーク市マンハッタンに位置し、アイビーリーグの一員でありながら都市の中心にある大学として知られています。コロンビアは文学、歴史、政治学、ジャーナリズムなど幅広い分野で強みを持ち、特にジャーナリズム学院(Columbia Journalism School)は世界的に有名です。また、豊かな図書館資源と国際的な学際的な環境が学生に提供されています。

13位:コーネル大学(Cornell University)

コーネル大学は、ニューヨーク州イサカに位置し、アイビーリーグの一員です。この大学はエンジニアリング、農学、ホテル経営、人文科学、自然科学など多岐にわたるプログラムを提供しています。コーネルの特徴の一つは美しいキャンパスと、コーネルの渡り廊下(Cornell’s “Libe Slope”)と呼ばれる丘で、学生たちが自然と学業を結びつける場所です。

14位:デューク大学(Duke University)

デューク大学は、ノースカロライナ州ダーラムに位置し、医学、ビジネス、公共政策、法学などの分野で高い評価を受けている大学です。デュークは特にバスケットボールの強豪としても知られ、スポーツと学問の両方において成功を収めています。美しいキャンパスとアクティブな大学生活も学生たちに提供されています。

15位:ミシガン大学(University of Michigan)

ミシガン大学は、ミシガン州アナーバーに位置する大規模な研究大学で、幅広い学問領域で高い評価を受けています。特に工学、ビジネス、法学、医学、音楽、文学などの分野で強みを持っています。ミシガン大学は大学スポーツにおいても成功し、フットボールなどの競技が人気です。大学は大規模な図書館と研究施設を提供し、学生たちに充実した学習環境を提供しています。

16位:ノースウェスタン大学(Northwestern University)

ノースウェスタン大学は、イリノイ州エバンストンに位置し、シカゴ市にもキャンパスを持つ研究大学です。経営学、ジャーナリズム、法学、コミュニケーション学、医学など、幅広い分野で高い評価を受けています。ノースウェスタンは国際的な学生と教員の多様性に自信を持ち、リベラルアーツの教育と実用的な専門知識を組み合わせて提供しています。

17位:ニューヨーク大学(New York University)

ニューヨーク大学は、マンハッタンのグリニッジ・ヴィレッジに位置し、国際都市ニューヨークの中心であるため、都市環境を活かした学際的な教育を提供しています。特に芸術、演劇、映画、ビジネス、法学、工学など多岐にわたる分野で評価が高く、国際的な学生集団が多いのも特徴です。

18位:カーネギーメロン大学(Carnegie Mellon University)

カーネギーメロン大学は、ペンシルベニア州ピッツバーグに位置し、特にコンピューターサイエンス、芸術、デザイン、工学、ビジネスなどの分野で世界的に有名です。カーネギーメロンはテクノロジーとクリエイティビティを結びつけた独自のカリキュラムを提供し、イノベーションと起業家精神を奨励しています。

19位:ワシントン大学(University of Washington)

ワシントン大学は、シアトルに本拠を置く大学で、特にコンピューターサイエンス、エンジニアリング、医学、環境学、経営学などの分野で優れたプログラムを持っています。また、大学は美しいパシフィックノースウェストの環境に恵まれ、自然環境に親しむ機会も豊富です。

20位:カリフォルニア大学サンディエゴ校(University of California, San Diego)

カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)は、カリフォルニア州サンディエゴに位置し、特に科学、工学、医学、環境科学などの分野で高い評価を受けています。大学は海岸に近く、美しいキャンパスとリサーチの機会を提供します。また、国際的な学生と研究者が多数在籍しており、多文化的な環境が学際的なアプローチを奨励しています。

21位:ジョージア工科大学(Georgia Institute of Technology)

ジョージア工科大学、通称ジョージア・テック(Georgia Tech)は、アトランタに位置し、工学と技術分野での優れたプログラムで知られています。特に工学、コンピューターサイエンス、ビジネス、建築などの分野で評価が高く、産業界との連携が強化されています。イノベーションとエンジニアリングへのコミットメントが大きな特徴です。

22位:テキサス大学オースティン校(University of Texas at Austin)

テキサス大学オースティン校、通称UT Austinは、テキサス州オースティンに位置し、幅広い学問領域で高品質の教育を提供しています。特にエンジニアリング、ビジネス、情報技術、文学、芸術などが強みで、研究とイノベーションに力を入れています。美しいキャンパスと多様な学生コミュニティも魅力です。

23位:イリノイ大学アーバナシャンペーン校(University of Illinois at Urbana-Champaign)

イリノイ大学アーバナシャンペーン校、通称UIUCは、イリノイ州アーバナ・シャンペーンに位置し、工学、農学、情報技術、社会科学など幅広い分野で卓越した教育と研究を行っています。大学は特にコンピューターサイエンス、工学、ビジネスのプログラムで高い評価を受けており、大規模な研究機関としても知られています。

24位:ウィスコンシン大学マディソン校(University of Wisconsin-Madison)

ウィスコンシン大学マディソン校、通称UW-Madisonは、ウィスコンシン州マディソンに位置し、広範な学問分野で卓越したプログラムを提供しています。特に生命科学、農学、エンジニアリング、教育学、ビジネスなどで優れた研究と教育が行われており、環境への配慮も強調されています。

25位:セントルイス・ワシントン大学(Washington University in St Louis)

セントルイス・ワシントン大学は、ミズーリ州セントルイスに位置し、特に医学、ビジネス、法学、芸術、人文科学などの分野で評価が高いです。大学は高い研究活動と学際的なアプローチを重視し、学生は多様な機会を享受できることで知られています。

26位:南カリフォルニア大学(University of Southern California)

南カリフォルニア大学、通称USCは、カリフォルニア州ロサンゼルスに位置し、映画学、ビジネス、エンジニアリング、芸術などの分野で知られています。特に映画学部は世界的に有名で、ハリウッドとの繋がりが深いです。また、起業家精神を育むプログラムも充実しています。

27位:ボストン大学(Boston University)

ボストン大学、通称BUは、マサチューセッツ州ボストンに位置し、多くの学問分野で高品質の教育を提供しています。医学、法学、ビジネス、コミュニケーション、国際関係などが特に強みであり、都市部の中心に位置しており、インターンシップやキャリア機会が豊富です。

28位:ノースカロライナ大学チャペルヒル校(University of North Carolina at Chapel Hill)

ノースカロライナ大学チャペルヒル校、通称UNC Chapel Hillは、ノースカロライナ州チャペルヒルに位置し、リベラルアーツ、医学、法学、ジャーナリズム、教育学など幅広い分野で優れたプログラムを提供しています。また、リサーチトライアングルパークとの近接性から研究機会も多い大学です。

29位:ブラウン大学(Brown University)

ブラウン大学は、ロードアイランド州プロビデンスに位置し、リベラルアーツカレッジとして知られています。学生に対する自由度が高く、専攻を柔軟に選択できることで有名です。また、開かれたカリキュラムと学際的なアプローチを奨励し、学生自身が学問を形成できる環境を提供しています。

30位:カリフォルニア大学デービス校(University of California, Davis)

カリフォルニア大学デービス校、通称UC Davisは、カリフォルニア州デービスに位置し、農学、獣医学、環境科学、工学、マネジメントなど多くの分野で優れた教育と研究を提供しています。キャンパスは美しい田園地帯に広がり、持続可能な環境への取り組みが特徴です。

アメリカの就職事情

最後は、アメリカの就職事情について、紹介していきます。

雇用率と労働市場の状況

アメリカの雇用率は、年によって変動しますが、一般的には比較的低い水準が維持されています。失業率は地域や州によって異なり、都市部や経済の中心地域では雇用機会が多いことが多いです。

専門職とスキル労働者の需要

アメリカでは、特にSTEM(科学、技術、工学、数学)分野や医療、情報技術などの専門職や高度なスキルを持つ労働者への需要が高い傾向があります。これらの分野では、高い給与やキャリアの機会が提供されることが一般的です。

大学卒業生と新卒者の雇用

大学卒業生や新卒者にとって、最初の職を見つけることは挑戦的な場合もありますが、大手企業や大学などはキャリアフェアやキャリアサービスを提供し、新卒採用を行っています。

非熟練労働者と低所得者の雇用

非熟練労働者や低所得者の雇用市場は、より競争が激しく、給与も低いことがあります。これらの労働者は、サービス業や小売業、飲食業などで多くの仕事を見つけることが一般的です。

労働市場の変動

アメリカの労働市場は常に変動しており、景気の変動や新興産業の出現などによって影響を受けます。経済の好況期では雇用機会が増え、景気後退期では雇用市場が縮小することがあります。

労働法と雇用条件

アメリカには連邦と州の労働法が存在し、最低賃金、労働時間、休暇、雇用差別禁止法などが規制されています。また、一部の州では最低賃金が連邦最低賃金よりも高い場合があります。

フリーランス(個人事業主)

アメリカでは、フリーランス(個人事業主)の数が増えており、テクノロジーの進化やインターネットの普及により、リモートワークやフレキシブルな雇用形態が一般的です。独立起業家やコンサルタントとして働く人々も増加しています。

移民労働者

アメリカは移民の国であり、移民労働者も多く存在します。一部の業界では、移民労働者が需要に対応していますが、移民法に基づく雇用規制も存在します。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは1,200社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

  2. JETプログラムとは?応募要件や来日する外国人の特徴を詳しく解説

  3. 技能実習生の給料相場は?給与決定のポイント・注意点を徹底解説!

  4. 春節、中国人観光客は「爆買い」から「体験重視」へ旅行スタイルがシフト

  5. 年収1000万円以上の外国人に「デジタルノマド」ビザ発給へ

  6. 群馬県などの地方自治体で外国籍公務員の採用が進む

  7. フランス人の特徴は?採用前に知っておきたい性格や国民性、宗教、教育について

Archives

TOP