ニュース

「千葉県における外国人労働力の重要性」千葉県知事が年頭挨拶で言及

千葉県知事の熊谷俊人氏が、1月4日の新年の仕事始めに行った県職員向けの挨拶で、多様性への取り組みを重要視しました。熊谷知事は、県議会で成立した「千葉県多様性が尊重され誰もが活躍できる社会の形成の推進に関する条例」に基づき、多様な人材の活用が地域を活性化する鍵であると述べました。そして、新たな政策や施策を推進するため、令和6年度予算にその具体化を盛り込む方針を示し、地域社会全体の活力を高めるために、様々な価値観や人材の活用が不可欠であることを強調しています。

千葉県知事の熊谷俊人氏が、新年の仕事始めとなった1月4日に、県職員を対象とした年頭挨拶で多様性に焦点を当てたメッセージを述べました。昨年12月に千葉県議会で成立した「千葉県多様性が尊重され誰もが活躍できる社会の形成の推進に関する条例」に焦点を当て、「人権尊重と多様な人材の活用により、県が活性化される世界の実現に向けて、一歩ずつ前進していきたい」と述べました。そして、この条例に関連した具体的な政策を令和6年度予算に盛り込む意向を表明しました。

この条例の審議の際には、多国籍の人々に関する問題が頻発する可能性についての懸念が指摘されました。しかし、熊谷知事は、「県内のあらゆる場所で様々な国籍の方が労働力として千葉県を支えている現状があります。地域でのトラブルを未然に防ぐために、多様性の形を築くことが極めて重要になってきます。」と述べ、共存共栄することの重要性を強調しました。

熊谷知事の発言は、多様性を尊重し、人権を重んじることで地域社会全体の活性化を図る姿勢を示しています。彼の指導のもと、千葉県は多様な人材を活かし、誰もが活躍できる社会の実現を目指す方針を打ち出しています。

(参考)多様性条例「外国の人たちが労働力として千葉県を支えている」 熊谷俊人知事が年頭挨拶|産経新聞

YOLO総研 編集部 シホ

地域社会における多様性の尊重はますます注目されています。地域の指導者が異なるバックグラウンドを持つ人々が共存する環境を作り上げることは、豊かな社会を構築し、外国人にとっても快適な生活を提供できる基盤となるでしょう。

YOLO総研 編集部 シホ

この記事を書いた人

YOLO総研 編集部 シホ

2023年に外国人実習雇用士の資格を取得し、外国人採用を円滑に進めるための情報を日々発信しています。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは1,200社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

  2. JETプログラムとは?応募要件や来日する外国人の特徴を詳しく解説

  3. 技能実習生の給料相場は?給与決定のポイント・注意点を徹底解説!

  4. 春節、中国人観光客は「爆買い」から「体験重視」へ旅行スタイルがシフト

  5. 年収1000万円以上の外国人に「デジタルノマド」ビザ発給へ

  6. 群馬県などの地方自治体で外国籍公務員の採用が進む

  7. フランス人の特徴は?採用前に知っておきたい性格や国民性、宗教、教育について

Archives

TOP