ニュース

2種免許試験を外国語対応へ!バス・タクシーの人手不足解消になるか

この記事では、警察庁が発表した「外国語での運転免許試験を可能にする計画に関するニュース」を詳しく紹介していきます。

警察庁が、タクシーやバスなどの運転手が必要な「2種免許」を取得するための外国語試験の提供を計画しています。これまでの試験は日本語しかなかったため、外国人にとって合格が難しい状態でした。業界関係者からの要望を受けて、警察庁は各都道府県警察に20言語で提供される試験問題を提供する予定です。

運転免許試験は通常、各都道府県警察が作成します。すでに「1種免許」に関連する学科試験は20言語に対応しており、英語の試験は2009年から提供され、その後、さまざまな言語が追加されました。

しかし、「2種免許」の試験問題は日本語しかなく、外国人でも理解が難しい状態でした。現在、全国で2種免許を持つ人は約88万5,360人いますが、そのうち外国籍の人は約5,189人で、全体の1%未満です。

警察庁は、20言語での「2種免許」試験問題の作成を計画しており、これらの問題を各都道府県警察に提供する予定です。英語や中国語などの言語だけでなく、アジア地域のさまざまな言語も含まれています。各警察は、地域の外国人に合わせて問題をカスタマイズする予定です。

さらに、警察庁は「2種免許」を取得するための教習期間を短縮し、1日あたりの技能教習の時間を増やす検討も進めています。これに関連して、運転手の疲労度がどのように変化するかを調査し、来年度からの導入を目指します。

国土交通省も、外国人労働者に「特定技能」の在留資格を提供し、自動車運送業での雇用を検討しています。ただし、外国人運転手には、日本の地理や顧客とのコミュニケーションに関する課題があるとの指摘もあります。

▼2種免許試験に追加される言語の一覧

英語、中国語、ポルトガル語、ベトナム語、タガログ語、タイ語、インドネシア語、ネパール語、クメール語、ミャンマー語、モンゴル語、スペイン語、ペルシャ語、韓国語、ロシア語、アラビア語、ウルドゥー語、シンハラ語、ヒンディー語、ウクライナ語

(参考)タクシーやバスの運転手、外国語試験OK 警察庁が20言語の問題例 -朝日新聞

YOLO JAPANでは、6言語対応の外国人向け運転免許取得サービス「YOLO DRIVE」を提供しております。

YOLO総研 編集部 ピロ

2種免許試験の外国語対応は、運転手不足に苦しむバスやタクシー業界にとって大きな変化になることでしょう。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは1,200社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

  2. JETプログラムとは?応募要件や来日する外国人の特徴を詳しく解説

  3. 技能実習生の給料相場は?給与決定のポイント・注意点を徹底解説!

  4. 春節、中国人観光客は「爆買い」から「体験重視」へ旅行スタイルがシフト

  5. 年収1000万円以上の外国人に「デジタルノマド」ビザ発給へ

  6. 群馬県などの地方自治体で外国籍公務員の採用が進む

  7. フランス人の特徴は?採用前に知っておきたい性格や国民性、宗教、教育について

Archives

TOP