ニュース

外国人雇用のセミナーでビジネスの可能性を広げる【秋田県】

秋田市で開催された外国人の雇用に関する制度などを学ぶセミナーで、地域の人手不足を解決するヒントは外国人雇用にあると強調されました。この記事では、外国人雇用でどのように地域経済を活性化させ、文化的多様性がビジネス成長にどう貢献するかについて事例を用いて説明しています。

2024年1月23日、秋田市内のホテルで、人口減少による労働力不足に対処するための外国人雇用に関するセミナーが行われ、本セミナーでビジネス成長を促進する外国人雇用の重要性について語られました。

秋田県主催のこのセミナーには、外国人の採用を検討している地元企業から約70名が参加しました。久保田学氏(外国人雇用支援団体講師)は、外国人の採用が労働力不足の解決策に留まらず、国際ビジネスの拡大や社内活性化に貢献することを強調しました。

また、久保田氏は、文化的な違いに起因する問題を避けるためには、相互の文化への理解と違いの背景を知ることが重要だと指摘しました。双方が理解を深め、妥協点を見つけることがコミュニケーションの鍵と述べました。

セミナーでは、にかほ市の金属加工会社の社長も登壇し、外国人労働者との月一回の食事会や行政主導の交流イベントを通じて、職場や生活環境の整備に取り組む事例について紹介しました。

参加した建設会社のある男性は、既に4人の外国人を雇用しているが、さらなる雇用を考慮しているとの見解を示しました。

最後に、県雇用労働政策課の高橋源悦課長は、県内の外国人労働者数が最も少ないという現状を踏まえ、「このセミナーが外国人雇用の契機となることを期待する」とのメッセージを伝えました。

このように、秋田市でのセミナーは、地域の人手不足問題に対する具体的かつ実践的なアプローチの一環として、多くの関心を集めています。

(参考)外国人の雇用に関する制度などを学ぶセミナー 秋田市 秋田 NEWS WEB‐NHK

他にも、こちらの記事から、外国人雇用を始めた背景や効果についての事例をご覧いただけます。

YOLO総研 編集部 シホ

外国人採用の実例を交えて紹介することで、企業様にとっても気軽に取り組めるキッカケになると思います。秋田県にとどまらず、その他の都道府県でもこのようなウェビナーを開催して欲しいです。

YOLO総研 編集部 シホ

この記事を書いた人

YOLO総研 編集部 シホ

2023年に外国人実習雇用士の資格を取得し、外国人採用を円滑に進めるための情報を日々発信しています。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは1,200社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

  2. JETプログラムとは?応募要件や来日する外国人の特徴を詳しく解説

  3. 技能実習生の給料相場は?給与決定のポイント・注意点を徹底解説!

  4. 春節、中国人観光客は「爆買い」から「体験重視」へ旅行スタイルがシフト

  5. 年収1000万円以上の外国人に「デジタルノマド」ビザ発給へ

  6. 群馬県などの地方自治体で外国籍公務員の採用が進む

  7. フランス人の特徴は?採用前に知っておきたい性格や国民性、宗教、教育について

Archives

TOP