ニュース

外国人労働者200万人超え!外国人が日本の人手不足を救う

厚生労働省が発表したデータによれば、日本での外国人労働者数が過去最高の204万人余りに達し、前年比で約22万人増加しました。これらの要因はコロナ禍後の経済活動回復と人手不足が背景にあります。本記事では日本の人口減少と人手不足を認識しつつ、外国人労働者の重要性を解説します。

厚生労働省が1月26日(金)に発表した「外国人雇用状況」の届出状況まとめによると、日本で働く外国人労働者の数が去年10月に初めて200万人を超え、204万人余りに達し、過去最高を記録したことが明らかになりました。外国人労働者の数は前年比で約22万人増加し、増加率は12.4%に上り、2013年から11年連続で最高を更新しました。

これらの結果をみて厚生労働省は、外国人労働者の増加はコロナ禍からの経済活動の回復や国内の人手不足に起因しており、増加率はコロナ以前の水準に近づいていると分析しています。

国籍別では、ベトナムが51万8364人で最も多く、全体の25.3%を占めており、次いで中国が39万7918人、フィリピンが22万6846人となっています。

前年からの増加率を見てみると最も高いのがインドネシアが56%、次いでミャンマーが49.9%、ネパールが23.2%の結果となりました。

在留資格別では、日系人や日本人の配偶者などが61万5934人で最も多く、次いで技術職や研究者などの専門的知識・技術を持つ外国人が59万5904人、そして技能実習が41万2501人となっています。

また、産業別でも見てみると、製造業で勤務する外国人が55万2399人で最も多く、次いでサービス業が32万755人、卸売業や小売業が26万3555人という結果になりました。

外国人関連の労働問題に詳しい、日本国際交流センターの毛受敏浩執行理事は、日本の人口減少と人手不足の問題について指摘し、「建設や医療などのサービスが成り立たないと日本人自身が生活できなくなる。外国人労働者の重要性が増している」と述べました。

毛受敏浩執行理事はさらに、「外国人労働者を受け入れるにあたって、偏見を持つ人々も多い。共生社会を実現するために、国が明確なビジョンを示す必要がある」と主張しています。

(参考)外国人労働者 初の200万人超で過去最多に 厚労省 | NHK NEWS WEB

YOLO総研 編集部 シホ

外国人労働者の増加は日本の経済と社会に対する新たな挑戦を示していますね。ダイバーシティに向けて社会全体で改善していく考えは、今後必要不可欠になっていくと思います。

YOLO総研 編集部 シホ

この記事を書いた人

YOLO総研 編集部 シホ

2023年に外国人実習雇用士の資格を取得し、外国人採用を円滑に進めるための情報を日々発信しています。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは1,200社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

  2. JETプログラムとは?応募要件や来日する外国人の特徴を詳しく解説

  3. 技能実習生の給料相場は?給与決定のポイント・注意点を徹底解説!

  4. 春節、中国人観光客は「爆買い」から「体験重視」へ旅行スタイルがシフト

  5. 年収1000万円以上の外国人に「デジタルノマド」ビザ発給へ

  6. 群馬県などの地方自治体で外国籍公務員の採用が進む

  7. フランス人の特徴は?採用前に知っておきたい性格や国民性、宗教、教育について

Archives

TOP