ニュース

特定技能の受け入れ拡大!自動車運送・林業を含む4分野の追加を政府が検討

政府は外国人労働者の中長期的な受け入れを目的とした特定技能制度の範囲を新たに4分野拡大する方向で動いています。今回、追加を検討されている4分野は、自動車運送、鉄道、林業、木材産業です。これにより、「特定技能1号」の対象分野が、現在の12分野から16分野に増える見込みです。これは、2019年に制度が創設されて以来、初の追加となります。

特定技能とは即戦力として期待される外国人に与えられる在留資格です。特定技能について詳しくは以下の記事をご覧ください。

今回新たに、追加が検討された自動車運送分野では、バス、タクシー、トラックの運転手などが想定されており、2024年4月から始まる運転手の残業時間上限規制における人手不足問題へ対応する目的が背景にあります。この問題は、物流の停滞を招きかねないとして、業界内でも「2024年問題」として認識されています。


鉄道分野においては、車両製造、運転士、駅員などの業務への外国人労働者の導入が業界からの要望として挙げられています。この分野の人手不足は、公共交通の運営にも影響を及ぼす可能性があり、外国人労働者の導入は大きな解決策の一つとなるでしょう。

また、林業や木材産業への外国人労働者の受け入れ拡大は、これらの産業における長期的な人材不足の解消をもたらします。日本国内のこれらの産業は、高齢化や若者の産業離れにより労働力が不足しています。外国人労働者の受け入れ拡大は、これらの課題に対する有効な手段の一つとなる可能性があります。

政府は昨年、労働力不足に対応するため、在留期限が無制限である「特定技能2号」の対象分野を拡大しました。この見直しに続き、今回の対象分野の追加は、外国人の受け入れ枠組みをさらに広げることになります。これにより、日本のさまざまな産業分野で働く外国人労働者の数が増加し、日本経済の活性化が期待されています。

(参考)特定技能対象に4分野追加を検討 自動車運送、鉄道や林業‐山陽新聞デジタル

YOLO総研 編集部 シホ

政府のこの検討は、日本の労働市場に新たな動きをもたらすでしょう。特に自動車運送分野における「2024年問題」は緊急度の高い深刻な問題とされています。この特定技能制度の範囲拡大が、日本の労働人口不足の解決策になることが期待されます。

YOLO総研 編集部 シホ

この記事を書いた人

YOLO総研 編集部 シホ

2023年に外国人実習雇用士の資格を取得し、外国人採用を円滑に進めるための情報を日々発信しています。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは1,200社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

  2. JETプログラムとは?応募要件や来日する外国人の特徴を詳しく解説

  3. 技能実習生の給料相場は?給与決定のポイント・注意点を徹底解説!

  4. 春節、中国人観光客は「爆買い」から「体験重視」へ旅行スタイルがシフト

  5. 年収1000万円以上の外国人に「デジタルノマド」ビザ発給へ

  6. 群馬県などの地方自治体で外国籍公務員の採用が進む

  7. フランス人の特徴は?採用前に知っておきたい性格や国民性、宗教、教育について

Archives

TOP