コラム

外国人のスマホ(携帯電話)の契約で必要な書類とおすすめのサービス

外国籍の労働者を採用する時に企業が行うインフラの手配で、住居と並んで高いハードルになりやすいと言われているのが携帯電話です。外国人が新規で携帯電話の契約を交わす場合、日本人とは異なる審査基準が適用されるケースもあります。スムーズに手続きを進めるためにも、担当者が必要に応じてサポートしていかなくてはいけません。

外国人が日本でスマホ(携帯電話)の契約をするのが難しい理由

一般的に外国人が日本でスマートフォン(携帯電話)の契約をするのは難しいと言われます。まずはその理由を見ていきましょう。

・言語の壁
・在留資格の制約
・住民登録の必要性
・信用情報の不足
・契約条件の厳格さ

したがって、外国人が日本でスマートフォン(携帯電話)契約を希望する場合、まずは自身の在留資格やビザの条件を確認し、適切なプロバイダを選ぶ前に、信用情報や言語の問題に対処する方法を検討することが重要です。また、外国人向けの特別なプランやサポートを提供しているプロバイダもあるので、比較検討することが役立つでしょう。

言語の壁

日本国内のスマートフォン(携帯電話)契約手続きはほとんどの場合、日本語で行われます。外国人が日本語を理解できない場合、契約書や契約条件、通話プラン、データプランなどを理解するのが難しく、コミュニケーションの障壁となります。一部のプロバイダは外国語対応のサポートを提供していますが、すべてのプロバイダがそれを提供しているわけではありません。

在留資格の制約

日本に滞在する外国人は、留学ビザ、就労ビザ、永住権などの在留資格を持っている必要があります。一部の在留資格では、スマートフォン(携帯電話)契約に制限があるか、契約できないことがあります。たとえば、観光ビザでは長期の契約が難しいことがあります。

住民登録の必要性

一部のスマートフォン(携帯電話)プランは、日本国内の住民登録が必要です。住民登録を持っていない外国人にとっては、契約が難しいことがあります。住民登録は長期滞在者や永住権保持者に適しています。

信用情報の不足

日本国内での信用情報は、外国人には通常利用できないため、信用情報の不足が契約プロセスを難しくする要因となります。一部のプロバイダは、外国人に対して保証金や前払いが必要とすることがあります。

契約条件の厳格さ

日本のスマートフォン(携帯電話)契約は、契約期間や解約手続きなどが厳格です。契約を解約する際には違約金が発生することがあり、初めての滞在国である外国人にとっては慎重に契約を考える必要があります。また、契約期間が長いこともあり、短期滞在者には適さないことがあります。

スマホ(携帯電話)契約に必要な書類

外国人が日本でスマートフォン(携帯電話)の契約をする際に必要な書類について紹介していきます。契約するキャリアや支払い方法によって必要な書類が異なることがあるため、具体的なプロバイダに確認することが大切です。

一般的な必要書類

  1. 本人確認書類
    ・在留カード
    ・特別永住者証明書
    ・健康保険証
    ・パスポート
    ・運転免許証(国際免許証を除く)
    ・マイナンバーカード
    ※これらの書類は顔写真が付いており、住所変更がないことが求められます。また、1点だけでは足りない場合もあるため、事前に確認が必要です。
  1. キャッシュカード・預金通帳またはクレジットカード
    ※口座振替をする方は、キャッシュカードや預金通帳が必要になります。
    ※口座振替をしない方は、クレジットカードが必要になります。
  1. 印鑑
    ※近年では、印鑑を必要としない場合も増えてきています。

外国人にオススメのスマホ(携帯電話)のキャリア選び

スマホ(携帯電話)のキャリア選びには、大きく分けて「3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)」と「格安SIM」という2つの選択肢があります。

それぞれ契約内容に細かい違いがあり、3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)はサポート体制や利用できるサービスが充実していますが、月額料金が高めです。

一方、格安SIMは月額料金が安く、オンラインで契約が可能であり、外国人にとっても選択肢の一つです。業務目的で契約する場合には、ランニングコストを含めて契約内容を検討することが重要です。

YOLO JAPANでは、日本に住む外国人専用の格安SIM「YOLO MOBILE」を提供しております。

外国人専門スマホ(携帯電話)サービス

外国人が携帯電話を取得する際に、通信会社の選択肢に制限がない場合、外国人専門のスマートフォンサービスが有用です。これらのサービスは、日本に住む外国人が円滑にスマートフォンを取得できるように提供されており、大手通信会社とは異なる多くのメリットがあります。

多彩な支払い方法

多くのメリットの中でも、特に注目すべき点は、多様な支払い方法が利用できることです。一般的な大手通信会社と契約する場合、支払い方法は2つに制限されていますが、外国人向けのスマートフォンでは、コンビニ決済を含む支払用紙による決済も選択できます。日本に訪れたばかりで金融機関の口座やクレジットカードを持っていない外国人でも、契約が可能です。

母国語でのサポート対応

前述の通り、国内の携帯電話会社と契約する際には、日本語でのコミュニケーションや書類の理解が必要ですが、外国人向けのスマートフォンサービスは、複数の国に対応するスタッフを用意しています。日本語の理解度が契約に含まれないため、審査に通りやすい特徴があります。故障や操作方法に関する質問も母国語でサポートされるため、安心して利用できます。

最短即日発送

申し込みから発送までの所要時間の短さも、外国人向けスマートフォンの魅力の一つです。契約内容によって若干の違いがありますが、問題がなければ審査とSIMカードの発送が申し込んだその日に完了します。即日対応は、仕事でスマートフォンが必要な人々にとって大きなメリットです。

YOLO JAPANでは、日本に住む外国人専用の格安SIM「YOLO MOBILE」を提供しております。

外国人労働者の携帯電話契約

まとめ

外国人の携帯電話の契約はハードルが高く、来日して間もないという理由で審査に通らないケースも少なくありません。収入を含めた支払い能力に問題がなくても、日本語でのやり取りがスムーズにできないと契約を断られることもあります。日本語の会話が難しい場合は、日本人スタッフが同行して通訳をするなどの対応が必要です。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは1,200社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

  2. JETプログラムとは?応募要件や来日する外国人の特徴を詳しく解説

  3. 技能実習生の給料相場は?給与決定のポイント・注意点を徹底解説!

  4. 春節、中国人観光客は「爆買い」から「体験重視」へ旅行スタイルがシフト

  5. 年収1000万円以上の外国人に「デジタルノマド」ビザ発給へ

  6. 群馬県などの地方自治体で外国籍公務員の採用が進む

  7. フランス人の特徴は?採用前に知っておきたい性格や国民性、宗教、教育について

Archives

TOP