コラム

ダイバーシティマネジメントとは?成功事例から学ぶメリットと課題

ダイバーシティマネジメントを推進している企業も多く、外国人の積極的な雇用もその1つに数えられます。しかし、文化や言葉の違いから職場に混乱を引き起こすことも多く、業務効率が下がってしまうこともあります。本記事では、ダイバーシティマネジメントのメリットや解決すべき課題、成功事例について詳しくご紹介します。

ダイバーシティマネジメントとは

ダイバーシティとは、ビジネスコンテキストでは通常、「組織内での個々の多様性」を指します。具体的には、年齢、性別、人種、出身国や国籍、身体的特徴、性自認、病気の有無、思想、信条、価値観、宗教観、スキル、職歴、趣味、趣向などによる個々の違いを認識し、受け入れることを意味します。多様性を考える際には、変えられない要素(例:年齢や出身地)だけでなく、思想や価値観などの変えられる要素も尊重すべきであり、他者の権利を侵害しない限り、これらの要素を受け入れるべきです。

ダイバーシティマネジメントが求められる背景

日本企業は以前、「日本人」かつ「男性の正社員」が主要なメンバーであるとされていましたが、グローバル化、労働力の減少、女性の社会進出、IT化などの変化により、多様な労働力を受け入れる必要性が増しています。多様な人材を受け入れることで、相乗効果が生まれ、企業の競争力が向上することが明らかになっています。このような背景から、政府もダイバーシティ経営を支援しています。

ダイバーシティマネジメントのメリット

性別や年齢、国籍、バックグラウンドなどに関わらず採用し、多様性を受け入れ組織の強化を促進するダイバーシティマネジメントを取り入れる企業が増えています。ダイバーシティマネジメントには、次の3つのメリットがあります。

メリット①人材不足の解消

ダイバーシティマネジメントは、これまで採用してこなかった層からの人材も受け入れるため、幅広い層から多くの人材を集めることができます。外国人労働者を積極的に取り入れるなどして、慢性的な人材不足を解消できるのがメリットです。

メリット②クリエイティブな発想

ダイバーシティマネジメントでは性別や人種、年齢など多様性のある人材がともに働くため、異なる価値観が交わることでクリエイティブな発想が生まれやすくなります。属性が同じ人が集まっても似たようなアイデアしか出ませんが、多様性のある人々が刺激し合うと素晴らしいアイデアが出てくることもあります。新しい商品やサービスの開発などに活かすこともできます。

メリット③企業イメージが上がる

多様性を受け入れることは社会的にも良しとされているため、ダイバーシティマネジメントを採用している企業はイメージを向上させることができます。多様性を認める働きやすい企業であることをアピールできるため、優秀な人材を確保するのにも役立つでしょう。

ダイバーシティマネジメントの課題

ダイバーシティマネジメントは素晴らしい取り組みではありますが、いくつか課題もあります。代表的な課題としては、次の2つがあげられます。

課題①雇用する企業の受け入れ態勢が整っていない

ダイバーシティマネジメントを取り入れている企業の中には、受入れ体制が整っていないところもあります。多様性のある人材を確保したものの、扱い方が分からず困ってしまうというものです。外国人労働者は母国の価値観に基づいた働き方を通そうとすることが多いため、業務が完了したら逐一報告する、残業が多いなどの日本の働き方に不満を唱えることもあります。個々が異なる働き方をするため、チームワークも悪くなり、業務効率も低下してしまいます。そのため、企業側はダイバーシティマネジメントが円滑に行えるよう、事前に管理職の教育・研修を行う必要があるでしょう。

課題②外国人労働者とのコミュニケーションを円滑に取れない

外国人を雇用する場合は業務に必要な日本語が話せることが必須となりますが、思うようにコミュニケーションを取れないケースも多いようです。業務の説明もし辛く、外国人労働者が休憩時間に話の輪に入れずなかなか職場に馴染めないこともあります。外国人労働者、日本人従業員のどちらもストレスに感じ、離職に繋がる可能性もあります。そのため、外国人労働者とのコミュニケーションが円滑に行えるようにすることが大きな課題となります。日本語だけでなく異なる言語での業務マニュアルを作成したり、日本語以外の言語もコミュニケーションに取り入れるなど、意思の疎通がしやすい環境に整えることが求められます。

ダイバーシティマネジメントの成功事例

ダイバーシティマネジメントの成功事例

ダイバーシティマネジメントを成功させるには、まずは企業側が環境を整えることが大切です。では、いくつかの成功事例をご紹介しましょう。

事例①宗教の違いを受け入れて成功した事例

戒律の厳しい宗教においては、食事や休日などが制限されていることもあります。日本の価値観においては宗教よりも仕事を優先する傾向がありますが、国や人種によっては何よりも宗教を優先しているところもあります。宗教に関する成功事例としては、イスラム教徒が祈祷できる場所を用意したり、宗教上の食事制限がある人には食事会などで特別料理を用意したり、企業の制服ではなく宗教で定められている衣服を着用できるようにしたケースがあげられます。宗教の戒律を破らず、快適に働ける環境となり定着率も高まりました。

事例②コミュニケーションの円滑化を図り成功した事例

外国人の採用を積極的に行っている企業においては、会社内での公用語を英語にしてダイバーシティマネジメントを成功させた事例があります。また、英語を公用語にするまではいかなくても、外国人労働者のレベルに合わせた日本語研修を実施したり、地元のコミュニティと触れ合える場を提供したりなどでコミュニケーションの円滑化を図り、ダイバーシティマネジメントに成功した事例もあります。

ダイバーシティマネジメントを成功させるには受け入れ態勢を整えることが大切

グローバル化や人材不足を解消するためにダイバーシティマネジメントが注目されていますが、成功させるためには企業側も受け入れ態勢を整えなければいけないということですね。受入体制が整っていないまま進めてしまうと、混乱を引き起こす可能性もあります。外国人労働者が働きやすい環境は、日本人の従業員が働きやすい環境でもあるため、しっかりと整備していく必要があるでしょう

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 東京都に住む外国人労働者の特徴

  2. 外国人の銀行口座開設におすすめの銀行をまとめて一覧で紹介

  3. 関西空港、外国人観光客はコロナ禍前の97%に回復

  4. 日本語を理由に外国人旅行者への宿泊拒否、ふくの湯が謝罪文掲載

  5. 日本在住外国人がよく買うファストファッションブランドランキングTOP10【YOLO総研】

  6. 岡山県内の外国人労働者数、4年ぶり10%超の増加率で過去最多更新

  7. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

Archives

TOP