コラム

日本語能力試験(JLPT)を活用して、外国人採用の失敗を防ぐ方法

この記事を読むことで、外国人採用における日本語能力試験(JLPT)の活用について知ることができます。まず第一に、JLPTは外国人応募者の日本語スキルを評価し、採用の失敗を防ぐために重要なツールです。企業はJLPTのスコアを参考にして、応募者の日本語スキルを客観的に評価できます。

また、JLPTを利用することで、企業は求める日本語スキルの明確なレベルを設定できます。これにより、採用者に最適なポジションを提供することができ、採用後の日本語教育やコミュニケーション研修の計画もスコアを参考にして立案できます。

さらに、JLPTはN5からN1までの5つのレベルで構成されており、採用時には応募者のレベルに合わせた業務を割り当てることができます。ただし、試験スコアだけでなく他のスキルや経験、実際のコミュニケーション能力も総合的に考慮することが重要です。JLPTは外国人採用の成功に向けた強力なツールである一方で、注意点を守りつつ活用することが成功の鍵です。外国人採用を成功させるために、JLPTの活用は不可欠な要素と言えるでしょう。

外国人採用における日本語能力試験(JLPT)の重要性

日本語能力試験(JLPT)は、外国人応募者が日本語を使用する業務において必要な言語スキルを評価するための貴重なツールです。JLPTの受験者は、試験のレベルに合った日本語スキルを持っていることが期待されています。企業は外国人採用の際に、JLPTの結果を参考にして、外国人応募者の日本語能力を評価できます。

また、JLPTを活用することで、企業は求める日本語スキルの明確なレベルを設定できます。例えば、採用する外国人が必要とする日本語スキルに応じて、適切なJLPTレベルを選択できます。さらに、企業は採用者が必要とするスキルと合致した日本語スキルを求めることで、適切な人材の採用を促進できます。

さらに、JLPTを利用することで、外国人採用後に、日本語教育やコミュニケーション研修の必要性を把握できます。JLPTのスコアを参考にして、外国人が現場でスムーズに業務を遂行できるかどうかを判断し、入社後の日本語教育や研修プログラムの計画立案、また採用者の選別を行うことができます。

このように、JLPTは外国人採用企業にとって、採用前に日本語能力を評価し、スキルに適合する人材を採用するために不可欠なツールとして、重要な役割を果たしています。

外国人採用時の判断材料となる日本語能力試験とは

そもそも日本語能力試験とは

日本語能力試験(Japanese Language Proficiency Test、略称:JLPT)とは、日本語を母語としない人々の日本語能力を測定するための資格試験です。日本語能力試験は、日本国内だけでなく、世界各地の日本語学習者によって受験されており、日本語を使った仕事や留学など、日本での活動に必要な日本語能力の認定を受けるために、多くの人々に利用されています。

日本語能力試験は、日本語能力を5つのレベルに分けて評価しており、それぞれのレベルに合わせた日本語能力を持つ人が、業務や日常生活に必要な日本語を理解できることを示すことができます。また、日本語能力試験の受験者は、試験の合否や取得したスコアによって、自身の日本語能力を客観的に把握することができます。

日本語能力試験は、言語理解力、読解力、聴解力、作文力の4つの項目で構成されており、問題形式は選択式や記述式などがあります。

日本語能力試験のレベルは、N5(初級)からN1(上級)までの5つがあり、受験者は自身の日本語力に合ったレベルの試験を受けることができます。また、日本語能力試験は、ビジネス日本語能力試験(BJT)や日本語教育能力検定試験(J-Test)など、関連する資格試験もあります。

詳しくは、「公式ページ日本語能力試験JLPT」をご参照ください。

また、JLPTと良く間違われるのが「日本語検定」です。「日本語検定」について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

レベル一覧

N1最も上級のレベルで、日本語能力の高い人が対象となります。高度な日本語表現や、新聞や書籍などの高度な文章を理解できる能力が求められます。
N2ビジネスなど、多様なシーンでの日本語能力が求められるレベルで、日常生活で使用される一般的な日本語表現や文章を理解できることが求められます。
N3日本語を使って簡単なコミュニケーションができるレベルで、日常生活で使用される日本語表現や文章を理解できることが求められます。
N4基本的な日本語表現や文章を理解できるレベルで、シンプルな日本語を使ったコミュニケーションができることが求められます。
N5初級レベルで、簡単な日本語表現や文章を理解できることが求められます。
日本語能力試験レベルと業務内容

レベル別に任せることが可能な仕事一覧

以下は、日本語能力試験のレベル別に任せることができる業務の一覧です。

N1レベル

  • 日本語教師の指導
  • 日本語によるビジネスメールや文書の作成・翻訳
  • ビジネス会議やプレゼンテーションの通訳
  • 外国人留学生の指導やサポート
  • 日本語教材の作成・編集
  • など

N2レベル

  • 日本語教師の補助
  • 旅行や観光の案内
  • ホテルやレストランでの接客・案内
  • 外国人向けのカスタマーサポート
  • マニュアルや説明書の翻訳
  • など

N3レベル

  • 観光客や外国人生徒の受け入れサポート
  • 留学生や外国人社員の生活サポート
  • ホームステイ先や語学学校のスタッフ
  • メールや電話対応のカスタマーサポート
  • 翻訳のチェックや校正
  • など

N4レベル

  • 外国人向けの簡単な商品の販売や説明
  • ツアーガイドのアシスタント
  • レストランやカフェのホールスタッフ
  • カウンター業務や受付業務
  • 簡単な資料や文書の翻訳
  • など

N5レベル

  • 外国人向けの観光案内
  • ホテルや旅館の部屋の掃除やベッドメイキング
  • カフェやレストランでの簡単な調理補助
  • 簡単な商品の包装や仕分け作業
  • 簡単な英語や日本語でのメール対応
  • など

以上の業務は、あくまで一例です。日本語能力試験のレベルに応じた業務を選ぶことで、外国人の方のニーズに合わせたサポートやサービスを提供することができます。しかし、日本語能力試験はあくまでテストですので、採用に用いる際はしっかりとした注意が必要です。

日本語能力試験のスコアを採用の判断材料にする企業が気を付けるべきことは、以下の通りです。

外国人採用する際に見る日本語能力試験スコアの注意点

日本語能力試験スコアを外国人採用の判断材料にする際の注意点

試験はあくまで能力を測るものであるため、他のスキルや経験を無視しない

日本語能力試験は、日本語能力を測るためのものであり、採用の判断材料の一つとして利用されることがあります。しかし、試験の結果だけで判断するのではなく、他のスキルや経験も総合的に判断する必要があります。

試験のレベルに合ったポジションを用意する

日本語能力試験のスコアは、レベル別に分かれています。採用するポジションに応じて、求められるスキルやレベルを適切に評価し、必要なレベルのスコアを求めるようにしましょう。

スコアが低いからといって、採用しないわけではない

スコアが低いからといって、必ずしも採用しないというわけではありません。試験の結果だけでなく、面接や実務経験などを考慮し、総合的に判断することが重要です。

試験のスコアだけでなく、実際のコミュニケーション能力を確認する

採用の際には、試験のスコアだけでなく、実際にコミュニケーションを取ることが重要です。実際のコミュニケーション能力は、日本語能力試験のスコア以上に重要な要素であるため、面接などで十分に確認するようにしましょう。

以上のように、日本語能力試験のスコアを採用の判断材料にする際には、注意点を把握し、総合的に判断するようにすることが重要です。

まとめ

日本語能力試験は、これらの課題を解決するための有用なツールの一つであり、採用に活用することで、採用者の質の向上や、採用後の業務の円滑化につながるでしょう。外国人の採用活動に失敗しないためにも、日本語能力試験の活用をおススメします。また、外国人採用において日本語能力試験を用いることは有効ですが、その後の採用者の日本語サポートもやはり大切ですので、そちらもしっかりおさえておきましょう。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 東京都に住む外国人労働者の特徴

  2. 外国人の銀行口座開設におすすめの銀行をまとめて一覧で紹介

  3. 関西空港、外国人観光客はコロナ禍前の97%に回復

  4. 日本語を理由に外国人旅行者への宿泊拒否、ふくの湯が謝罪文掲載

  5. 日本在住外国人がよく買うファストファッションブランドランキングTOP10【YOLO総研】

  6. 岡山県内の外国人労働者数、4年ぶり10%超の増加率で過去最多更新

  7. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

Archives

TOP