コラム

 外国人労働者を採用する時の面接ポイントと注意点

近年、グローバル化が進む中で、多くの企業が外国人労働者を採用するようになっています。外国人労働者の採用は、新たな文化や知識の導入、多様性の向上など、様々なメリットがあります。しかし、外国人の採用には、言語や文化の違い、ビザや法的手続きなど、様々なハードルが存在します。そのため、外国人労働者を採用する際には、面接において特に注意が必要です。本稿では、外国人労働者を採用する際の面接ポイントや注意点について解説します。

面接時のチェックポイント

外国人と採用面接を行う際、気を付けるべきチェックポイントを紹介します。  

国籍や出身国

応募者の国籍や出身国は、文化的背景や言語能力などに影響を与えるため、面接において把握することが重要です。特に、外国籍の応募者の場合は、ビザや労働許可の状況なども確認する必要があります。

日本での滞在期間や日本語能力

外国人応募者の場合、日本での滞在期間や日本語能力を把握することが重要です。短期滞在者や日本語が不得意な応募者の場合は、適切なフォローアップを取り入れましょう。

学歴や職歴

応募者の学歴や職歴は、業務に必要なスキルや経験を持っているかどうかを判断する上で重要な要素です。履歴書や職務経歴書に記載された内容について質問をし、応募者のスキルや経験を評価することが求められます。

希望や意欲

外国人応募者の希望や意欲は将来的なキャリアプランややる気に影響を与えるため、採用面接において確認することが必要です。採用後のモチベーション維持や、職場への適応にもつながります。

ビザ・資格の確認

外国人が日本で働く場合は、適切なビザが必要になります。ビザには、留学や家族滞在、特定技能、技能実習、技術・人文知識・国際業務、永住などがあり、それぞれ異なる要件があります。就労ビザを取得する場合は、就労先企業が外国人雇用の申請を行うことになります。また、ビザ取得には、必要な書類や条件があるため、事前に詳細を確認しておくことが重要です。

コミュニケーション能力の確認

応募者のコミュニケーション能力を確認することも重要です。採用面接では、外国人応募者の話し方や表情、態度などを観察することで、コミュニケーション能力を評価することができます。応募者のコミュニケーション能力を測る方法には以下のようなものがあります。

質問の適切性の確認

採用面接で質問をする際に、外国人応募者の言語能力に応じた適切な質問をすることが求められます。また、誤解を招くような表現や、難しい単語を使わないように心掛けることも重要です。

会話の流れの確認

採用面接中に、外国人応募者との会話の流れがスムーズかどうかを確認することが求められます。応募者との会話が円滑に進むことで、応募者のコミュニケーション能力や対応力を評価することができます。

交流能力の確認

面接中に、応募者とのコミュニケーションに積極的に参加し、応募者がどの程度交流能力を持っているかを確認することが重要です。例えば、応募者の話を聞いてから自分の意見を述べる、質問に対して丁寧に答えるなどの応答をしてくれるかどうかを見ることが求められます。

外国人採用面接、質問例3選

外国人面接

スキルや経験に関する質問   

  応募者が持つスキル・経験によって、職務遂行能力が左右されることがあります。面接時にスキル・経験に関する質問をすることで、応募者の職務遂行能力を評価することができます。

・日本語の聞き取りや読解に苦労することはありますか?
・日本語を学ぶために何をしていますか?
・過去に学んだことを、仕事にどのように生かしていますか?

価値観や人物、人柄に関する質問    

応募者が組織にどのような貢献をすることができるか、また自身の能力をどのように生かすことができるかを確認することが出来ます。また、社風とマッチしているかも重要なポイントです。

・仕事に対してどのような考え方をお持ちですか?
・どのような場面でも、冷静に判断し行動することができると思いますか?
・異文化の中で、どのように適応していますか?

キャリアや人生設計に関する質問

キャリアや人生設計に関する質問は、採用担当者が求める人材像を確認するために非常に重要な質問です。やる気や成長意欲の確認、企業への適合度の確認、将来貢献度の予測などを行うことが出来ます。

・将来のキャリアや人生設計について教えてください。
・自身が働きやすい職場の条件について、どのようなものがありますか?

外国人への面接をする時の注意点

外国人面接の注意点

宗教に関する質問

多様性と平等を尊重するために、採用においては人種、国籍、性別、年齢、障がいの有無、宗教、性的指向などの個人属性を理由に差別をすることは禁止されています。宗教についての質問を行うことは、応募者の個人情報や信条に基づく差別を招く可能性があるため、採用プロセスにおいては避けるべきです。

やさしい日本語を心がける

やさしい日本語とは、一般的な日本語よりも、文法や語彙などを簡単にした、わかりやすく易しい日本語表現のことを指します。外国人と面接する場合、コミュニケーションを取る際に、言葉の使い方に気を付けることで誤解が生まれにくくなります。

外国人採用成功のヒント

外国人採用成功のヒント

外国人を採用するに当たって、異文化間でのコミュニケーションや文化的な違いなど、採用時に様々な問題が生じることがあります。ここでは、外国人の採用に成功するためのヒントをご紹介します。

ヒント①話しやすい雰囲気作り

積極的な関心の表明

面接時には、相手の文化や背景に対する積極的な関心の表明が大切です。たとえば、相手の出身国や文化、職務経験などに興味を持ち、質問することで、相手との共通点を見つけることができます。

身近な話題からスタートする

面接の冒頭は、身近な話題からスタートすることで、相手との緊張を和らげることができます。たとえば、天気や趣味、旅行の話題などを提供することで、会話が自然な流れで進むように心がけましょう。

相手のペースに合わせる

外国人の場合、言語的な壁があるため、話しにくい場合があります。そのため、相手のペースに合わせることが大切です。話し方や話題の切り替えをゆっくりと行い、相手が話しやすい環境を整えましょう。

文化的な違いに対する理解と配慮

面接時には、相手の文化的な背景に対する理解と配慮が必要です。たとえば、相手が敬意を表するために留まる場合がある場合には、相手の意図を理解し、配慮することが大切です。

ヒント②採用後のフォローアップ  

外国人採用後のフォローアップは、従業員の定着や生産性の向上につながります。以下に、外国人採用後のフォローアップのポイントをいくつかご紹介します。

オリエンテーションプログラム

外国人従業員が入社後に、企業の文化やビジネスプロセスについて理解することができるよう、オリエンテーションプログラムを実施しましょう。このプログラムでは、企業のルールやマナー、制度や福利厚生、ビジネスに必要な知識やスキルを教育することが重要です。

マンツーマンのフォローアップ

外国人従業員が職場でスムーズに働けるよう、マンツーマンでフォローアップを行いましょう。たとえば、仕事の進め方や課題、相談など、職場で抱える問題に対して、的確なアドバイスを提供することが大切です。

職場環境の整備

外国人従業員が働きやすい職場環境を整備することも重要です。たとえば、多様な文化を尊重し、異文化間のコミュニケーションを促進するため、英語のスキルアップや、異文化交流イベントの実施などを検討することができます。

福利厚生の充実

外国人従業員が安心して働けるよう、福利厚生の充実も検討しましょう。たとえば、日本語学習支援、外国人向けの健康保険、国際電話カードの支給など、外国人従業員が抱える問題に対して、積極的に対応することが大切です。

まとめ

以上が、外国人労働者を採用する際の面接ポイントや注意点です。近年、グローバル化に伴い、多くの日本企業が外国人採用を検討するようになっています。採用する際には、これらのポイントを念頭に置き、適切に対応するようにしましょう。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは1,200社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

  2. JETプログラムとは?応募要件や来日する外国人の特徴を詳しく解説

  3. 技能実習生の給料相場は?給与決定のポイント・注意点を徹底解説!

  4. 春節、中国人観光客は「爆買い」から「体験重視」へ旅行スタイルがシフト

  5. 年収1000万円以上の外国人に「デジタルノマド」ビザ発給へ

  6. 群馬県などの地方自治体で外国籍公務員の採用が進む

  7. フランス人の特徴は?採用前に知っておきたい性格や国民性、宗教、教育について

Archives

TOP