コラム

【2023年最新】インバウンド復活で飲食店がすべき対策を優先度別に解説

新型コロナウイルスの影響で、世界中の観光業が大きな打撃を受けました。しかし、コロナ禍を乗り越えるため、各国が段階的に規制緩和やワクチン接種を進めています。これに伴い、インバウンド需要の復活が期待されており、飲食店もその波に乗り遅れないよう、さまざまな対策を行っていくべきです。しかし、どの対策から手を付けるべきか迷っている飲食店の方も多いのではないでしょうか。この記事では、飲食店のインバウンド対策を優先度別に解説し、成功への鍵を探ります。

飲食店がインバウンド対策をすべき理由

飲食店がインバウンド対策を行う理由は以下の通りです。

インバウンド(訪日外国人観光客)の復活

コロナ禍によって急激に外国人観光客は減りましたが、訪日外国人観光客の数は徐々に回復しています。

以下のグラフからも見て取れるように、新型コロナウイルス感染拡大前の訪日外国人の数は年々すごいスピードで増加していました。この社会の流れをうまく活用し、外国人も顧客層に取り込みましょう。

(参考)日本政府観光局、訪日外国人旅行者数・出国日本人数

外国人観光客の訪日目的は、観光だけでなく、ショッピングやグルメなども含まれます。そして、日本食は外国人に人気があるため、飲食店が外国人観光客にとって魅力的なメニューやサービスを提供することで、需要を拡大することができるでしょう。

さらに、外国人観光客は、日本の食文化や観光地を楽しむために、一回の飲食で高い単価を使うことができます。そのため、飲食店が外国人観光客に特化したサービスを提供し、高品質な飲食体験を提供することで、外国人観光客から高い評価を得ることができ、ビジネスの成長につながる可能性があります。

【優先度:高】インバウンド対策で飲食店がすべきこと

ここからは、インバウンド対策で飲食店がすべきこととして、優先度の高い施策を4つ紹介していきます。

  1. 訪日外国人旅行客のニーズを知る
  2. 外国人採用を進める
  3. 多言語対応のメニュー作成
  4. 無料Wi-Fiの提供
  5. SNSや旅行サイトでの情報発信

①訪日外国人旅行客のニーズを知る

飲食店がインバウンド(外国からの訪問客)対策を行う際に、外国人旅行客の求めるニーズを理解することはとても重要です。飲食店がインバウンド対策を成功させるには、外国人旅行客の多様性を理解し、そのニーズに合ったサービスを提供することが不可欠です。ニーズを知り、適切に対応することで、満足度を高め、リピーターや口コミでの宣伝を促進することが可能になります。

  1. 多様な外国人旅行客の把握
    まず、外国人旅行客は様々な国から訪れます。国や地域によって文化、食の好み、宗教、食事制約などが異なるため、それぞれのグループのニーズを理解することが重要です。
  2. 言語とコミュニケーション
    外国人旅行客は通常、現地の言語を理解できない場合があります。言語の壁を乗り越え、メニューやサービスに関する情報を提供することが大切です。多言語メニューやスタッフの言語スキル向上などが役立ちます。
  3. 食事制限や特別食
    外国人旅行客は宗教的、健康的、個人的な理由からさまざまな食事制約を持つことがあります。ベジタリアン、ヴィーガン、ハラールフードなどの選択肢を提供し、アレルギー情報を明確に表示することが大切です。ある国の料理が別の国で受け入れられるかどうかは異なります。外国人旅行客が特に求める地域の料理を提供することは、彼らの満足度を向上させます。
  4. 観光シーズンと需要の変動
    外国人旅行客の需要は観光シーズンや特定のイベントによって変動します。需要のピーク時には、予約システムを効果的に管理し、待ち時間を最小限に抑えることが大切です。

外国人旅行客や国別の外国人のニーズを細かく把握したい企業様は、YOLO JAPANで提供している「YOLO SURVEY」をご活用ください。

②外国人採用を進める

外国語でのコミュニケーションが可能なスタッフがいることで、外国人観光客とのコミュニケーションがスムーズになり、サービスの質が向上することが期待できます。また、インバウンド客にとって、同じ国籍や文化圏のスタッフが働いていることで、より安心感を得ることができるでしょう。

英語をはじめ、ターゲットに合わせた主要な言語での対応ができるスタッフを雇用することが重要です。また、スタッフには、その言語を使ったコミュニケーションの研修を行うことで、より質の高いサービスが提供できるようになります。ターゲットに合わせた外国人スタッフを採用することで、多様な視点を取り入れたサービス提供が可能となり、お客様の満足度向上につながるでしょう。

外国人雇用をお考えの企業様は、ぜひYOLO WORKをご活用ください。

③多言語対応のメニュー作成

多言語対応のメニュー対策では、まず主要言語の選定が重要です。ターゲットとなる外国人客の国籍や言語によって、対応すべき言語を決定します。英語は世界共通語として必須ですが、中国語、韓国語、スペイン語、フランス語など、来店客に応じて選択しましょう。また、メニューには料理の写真やイラストを掲載して、視覚的にわかりやすくしましょう。これにより、言語の理解に不安があるお客様でもメニューを選びやすくなります。

また、アレルギーや食材に関する情報も明記することが重要です。外国人客の中には、宗教や文化による食事制限がある方もいますので、具体的な食材や調理方法についても記載しておくと、安心して食事を楽しんでもらえます。

④無料Wi-Fiの提供

無料Wi-Fiの提供は、インバウンド客にとって非常に魅力的なサービスです。まず、安定したインターネット環境を整えることが重要です。速度や接続台数に対応できるよう、適切なプランを選択しましょう。また、お店の広さに応じてアクセスポイントを増やすことで、どの席でも快適にインターネットを利用できる環境を提供できます。次に、簡単な接続方法とパスワードを店内に掲示しましょう。英語やその他の主要言語での接続方法の説明も用意しておくと、外国人客に親切な印象を与えることができます。

また、無料Wi-Fiの存在をアピールすることも大切です。店内や店舗外に目立つ看板やステッカーを貼ることで、外国人客に無料Wi-Fiが利用できることをアピールできます。

⑤SNSや旅行サイトでの情報発信

SNSや旅行サイトでの情報発信は、インバウンド客の集客に大変効果的です。現代の観光客はインターネットを利用して情報収集を行うため、適切なプラットフォームでのアピールが重要です。以下に、SNSや旅行サイトでの情報発信について詳しく解説します。

対象プラットフォームの選定

まず、どのSNSや旅行サイトで情報発信を行うか決定しましょう。InstagramやFacebook、Twitterなどの主要SNSはもちろんのこと、外国人観光客が利用するTripAdvisorやYelpなどの旅行・口コミサイトも重要です。

情報発信の工夫

外国人観光客に魅力的な情報を発信しましょう。美味しい料理の写真や店内の雰囲気、イベント情報など、観光客が知りたい情報を提供することが大切です。また、多言語対応の投稿を心がけることで、より多くの人に情報が伝わります。また、SNSでの投稿には、関連するハッシュタグや位置情報を付けることが効果的です。これにより、興味を持った観光客が検索やブラウズで簡単に見つけられるようになります。

口コミへの対応

旅行サイトでは、外国人観光客からの口コミが大変重要です。良い口コミが増えれば、信頼性が上がり、集客に繋がります。お客様からの口コミには丁寧に対応し、感謝の意を伝えることで、印象が向上します。また、悪い口コミがあった場合も、改善点を真摯に受け止め、改善に努めましょう。

これらの情報発信のポイントを押さえ、適切なプラットフォームで積極的にアピールすることで、インバウンド客の来店を促進できるでしょう。

【優先度:中】インバウンド対策で飲食店がすべきこと

ここからは、インバウンド対策で飲食店がすべきこととして、優先度の高い施策を2つ紹介していきます。

  1. オンライン予約の導入
  2. ハラール、ベジタリアン、アレルギー対応メニューの提供

①オンライン予約の導入

外国人観光客にとって、事前に予約ができることは大変便利です。英語やその他の言語に対応したオンライン予約システムを導入し、スムーズな予約ができる環境を整えましょう。

②ハラール、ベジタリアン、アレルギー対応メニューの提供

食事制限があるお客様にも対応できるよう、ハラール認証取得、ベジタリアンメニューやアレルギー対応メニューの提供を検討しましょう。

【優先度:低】インバウンド対策で飲食店がすべきこと

ここからは、インバウンド対策で飲食店がすべきこととして、優先度の高い施策を4つ紹介していきます。

  1. 文化的な違いを理解するための研修
  2. インバウンド向けイベントやキャンペーンの企画
  3. お店の雰囲気・インテリアの工夫
  4. 支払い方法を増やす

①文化的な違いを理解するための研修

外国人観光客に対する文化的な違いを理解し、適切なおもてなしを提供できるようにスタッフ研修を行いましょう。

②インバウンド向けイベントやキャンペーンの企画

外国人観光客向けのイベントやキャンペーンを企画し、集客力を高めましょう。季節のイベントや文化体験を取り入れたプロモーションが効果的です。また、他の地元企業や観光スポットとコラボレーションしたイベントやキャンペーンを開催することで、相互の集客力を高めることができ、外国人観光客の関心も引くことができます。

③お店の雰囲気・インテリアの工夫

外国人観光客にとって魅力的な雰囲気やインテリアを工夫しましょう。地域の文化や特色を反映したデザインやインスタ映えする内装が好まれます。

④支払い方法を増やす

インバウンド客にとって便利な支払い方法を提供することで、利便性を高めます。クレジットカードやデビットカード、電子決済サービスなど、多様な支払い方法を導入しましょう。

補助金が使えるかどうかチ ェック

インバウンド対策には補助金制度も存在します。国や地方自治体が提供する補助金を活用することで、負担を軽減しながら効果的な対策を行うことができます。詳細は各自治体のホームページや窓口で確認してください。こちらが観光庁の現在の公募状況ページになります。ご参考になさってください。

外国人インバウンド対策をすべき理由とするうえで重要なこと

まとめ

飲食店のインバウンド対策は、外国人観光客のニーズに合わせた取り組みが求められます。まずは高優先度の対策から始め、次に中・低優先度の対策を逐次実施していくことが効果的です。また、補助金制度を利用して負担を減らしながら、継続的に改善を行いましょう。飲食店でインバウンド対策を成功させるためには、スタッフの教育やサービスの向上、そして継続的な改善が鍵となります。これらの対策を実践することで、飲食店はインバウンド客の増加を見込むことができ、売上向上のチャンスを掴むことができるでしょう。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 東京都に住む外国人労働者の特徴

  2. 外国人の銀行口座開設におすすめの銀行をまとめて一覧で紹介

  3. 関西空港、外国人観光客はコロナ禍前の97%に回復

  4. 日本語を理由に外国人旅行者への宿泊拒否、ふくの湯が謝罪文掲載

  5. 日本在住外国人がよく買うファストファッションブランドランキングTOP10【YOLO総研】

  6. 岡山県内の外国人労働者数、4年ぶり10%超の増加率で過去最多更新

  7. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

Archives

TOP