コラム

【2023年最新】ホテル・旅館(宿泊業)のインバウンド対策を優先度順に解説

新型コロナウイルスの影響で、世界中の観光業が大きな打撃を受けました。しかし、コロナ禍を乗り越えるため、各国が段階的に規制緩和を進めています。これに伴い、インバウンド需要の復活が期待されており、ホテルや旅館などの業者はその波に乗り遅れないよう、さまざまな対策を行っていくべきです。しかし、どの対策から手を付けるべきか迷っているホテルや旅館などの業者の方も多いのではないでしょうか。この記事では、ホテルや旅館などの業者向けにインバウンド対策を優先度別に解説し、成功への鍵を探ります。

ホテル・旅館がすべきインバウンド対策は何か

コロナ後のインバウンド(訪日外国人旅行客)の増加

新型コロナウイルスの影響で、外国からの観光客数は急激に減少しましたが、幸いなことに、訪日外国人観光客の数は着実に回復の兆しを見せています。これを示す以下のグラフからも明らかなように、感染拡大前における外国人観光客の数は年々急速に増加していました。

この社会的な変化を賢く利用し、外国からの顧客を獲得することは、将来のビジネス展開において極めて重要な要素となるでしょう。今後の展望に向けて、優先的に取り組むべき施策について説明していきます。

(引用)訪日外国人旅行者数・出国日本人数 | 統計情報 | 統計情報・白書 | 観光庁

インバウンド対策のメリット

ホテルがインバウンド対策を実施することによる主なメリットを4つ紹介します。

(1)新規顧客の獲得が可能
インバウンド対策を実施することで、新たな顧客を獲得できる機会が広がります。外国からの観光客は、新しい場所や体験を求めています。ホテルがインバウンド対策を積極的に行い、その魅力を伝えることで、これらの観光客を引き寄せることができます。新規の顧客を獲得することは、ビジネスの成長にとって不可欠です。

(2)世界中に口コミが広まる
良いサービスや快適な滞在体験を提供すると、外国人観光客から口コミが広まります。彼らはSNSや口コミサイトで感想を共有し、他の旅行者に勧めることがよくあります。良い評判が広まることで、ホテルの知名度が上がり、信頼性が高まります。これにより、将来的な予約数の増加が期待できます。

(3)高い客単価が期待できる
外国人観光客は、通常、旅行中にお金を使う傾向があります。お土産の購入、ルームサービス、レストランでの食事やアルコールの注文など、客単価が高いことが一般的です。したがって、外国人観光客の受け入れは、ホテルの収益を増加させる有効な方法です。

(4)在日外国人のホテル利用を促進できる
インバウンド対策を実施することで、在日外国人にとっても利用しやすいホテルになります。彼らは日本国内で親戚や友人を迎える際やビジネスで宿泊施設を必要とすることがあります。インバウンド対策を通じて、在日外国人のホテル利用を促進し、ロイヤルティを築くことが可能です。

【優先順位:高】ホテル・旅館(宿泊業)がすべきインバウンド対策

ホテル・旅館(宿泊業)がすべきインバウンド対策として、特に優先度の高いものを紹介します。

多言語対応サービスの提供

外国人客が利用しやすいように、ウェブサイト、案内表示、メニュー、受付や予約フォームなどで多言語対応を行うことが重要です。具体的には、ウェブサイトを複数言語に対応させることで、外国人客が情報を簡単に理解できるように配慮し、さらにオンラインでの予約や問い合わせにもスムーズに対応できる環境を整えることが求められます。また、館内の案内表示やメニューも多言語化することで、外国人客が迷わず目的地にたどり着けるようサポートし、食事やサービスの選択においても理解しやすくすることで利便性を高めます。

さらに、受付や予約フォームも複数言語に対応させることで、予約手続きやチェックイン・アウトの際のストレスを軽減し、外国人客に快適な滞在を提供できるように努めます。その際、文化や宗教の違いにも配慮した内容で情報を提供し、外国人客に対する敬意を示すことも大切です。

このような多言語対応サービスを実施することで、外国人客からの評価やリピート率が向上し、インバウンド需要に効果的に応えることができるでしょう。また、外国人客が快適に利用できる環境を整えることは、国際的な評価や口コミでの評判にもつながり、結果的にホテルや旅館のビジネスに対するプラスの影響をもたらすことになるでしょう。

外国人採用をする

外国語でのコミュニケーションができるスタッフの存在は、外国人観光客とのやり取りが円滑になり、サービス品質の向上が期待できます。さらに、インバウンド客は、同じ出身国や文化背景を持つスタッフがいることで、安心感を感じるでしょう。

英語をはじめとして、対象となる主要言語で対応可能なスタッフを採用することが大切です。さらに、スタッフに対して、その言語でのコミュニケーション研修を実施することで、より高品質なサービスを提供できるようになります。ターゲットに応じた外国人スタッフを雇うことにより、多様な視点が取り入れられるサービスが可能となり、顧客満足度の向上につながるでしょう。

また、ベッドメイキング、館内清掃、レストランのキッチン業務などの単純業務におけるスタッフ不足が問題となる場合、外国人採用は適切な解決策の一つとなります。日本語レベルがそれほど高くない外国人でも効率的に働くことができるため、外国人観光客の急激な増加に伴う人手不足に対応できます。

外国人雇用に適した求人メディアに関しては、こちらの記事をご覧ください。

Wi-Fi環境の充実

快適なWi-Fi環境は、訪日外国人にとって大変魅力的なサービスとなります。まず、信頼性のあるインターネット環境を確保することが大切です。速度や接続台数に対応できるよう、適切なプランを選びましょう。さらに、ホテルの規模に合わせてアクセスポイントを配置することで、宿泊施設内どこにいてもインターネットを快適に利用できる環境を整えられます。その後、シンプルな接続手順とパスワードを客室や共有エリアに表示しましょう。英語をはじめ、他の主要言語での接続方法の説明も準備しておくことで、外国人客に対して気配りが感じられる印象を与えられます。

加えて、快適なWi-Fiサービスを強調することも重要です。ホテル内や外装に目立つサインやステッカーを貼ることで、訪日外国人にスピーディーで快適なWi-Fiが利用できることをアピールできます。また、ウェブサイトや予約ポータル上でもスピーディーで快適なWi-Fiの提供を明示し、インバウンド客向けのサービスとしてアピールすることで、ホテルや旅館の魅力を向上させることができます。

ホテル・旅館はインバウンド対策で外国人の採用をするべき

【優先順位 中】ホテル・旅館業のすべきインバウンド対策

ホテル・旅館(宿泊業)がすべきインバウンド対策として、優先度の高いものを紹介します。

地域との連携

地域の観光スポットや飲食店と連携し、外国人客に対する情報提供やサービス向上に努めることが求められます。具体的には、周辺の観光名所やおすすめのレストラン、ショッピングエリアなどの情報を取りまとめ、多言語対応のパンフレットやホテル内のディスプレイに掲載することで、外国人客に分かりやすく情報提供ができます。また、インバウンド客向けの地域イベントや体験プログラムの開催に協力し、文化交流の機会を提供することも大切です。

さらに、飲食店や観光スポットと連携して、割引券や特典サービスを提供することで、外国人客にとって魅力的な滞在体験を実現できます。これにより、地域全体でインバウンド需要を高め、外国人客のリピート率や滞在時間の延長に繋げることができるでしょう。

これらの取り組みを通じて、外国人客に対する情報提供やサービスが向上し、地域全体のインバウンド対策が強化されることで、ホテルや旅館のビジネスにも好影響をもたらすでしょう。

ハラール対応やベジタリアンメニューの提供

外国人客の中には、宗教上の理由やライフスタイルにより特定の食事制限がある人がいます。ホテルや旅館で料理を提供する場合は、それらのニーズに対応したメニューを提供することで幅広い客層を取り込むことができます。例えば、ハラール対応の食事やヴィーガン、ベジタリアン向けのオプションを用意することで、宗教や個人的な価値観に基づく食事制限を持つお客様にも安心して利用していただけます。

さらに、アレルギーに対応したメニューも提供することで、食物アレルギーを持つお客様にも配慮したサービスを提供できます。具体的には、アレルゲンを含まない食材を使用した料理や、アレルゲン情報を明記したメニューを用意することが求められます。また、スタッフへの研修も重要で、アレルギーや特定の食事制限に関する知識を持ってお客様の質問に対応できるようになることが望ましいです。

これらの食事制限に対応したメニューを提供することは、ホテルや旅館にとって競争力の向上にもつながります。また、ウェブサイトや予約フォームで、特別な食事要望を事前にお伺いし、準備できるようにすることも、お客様に安心感を与える重要なポイントです。

このように、多様な食事制限に対応したメニューやサービスを提供することで、外国人客にとって魅力的な滞在先となり、幅広い客層の獲得につながるでしょう。

ホテルや旅館などの観光業は外国人旅行者向けの対応をすべき

【優先順位:低】ホテル・旅館(宿泊業)のすべきインバウンド対策

ホテル・旅館(宿泊業)がすべきインバウンド対策として、ここまでできると良いというものを紹介します。

オリジナルグッズやサービスの開発

外国人客向けのオリジナルグッズやサービスを提供することで、差別化を図ることができますが、他の優先事項に比べて重要度は低くなります。しかし、これらの取り組みは、独自の魅力を持つホテルや旅館としてのブランディングや、お客様の記憶に残る滞在体験を提供するために有益です。

例えば、地域の伝統工芸品や特産品を利用したオリジナルグッズを提供することで、外国人客に現地の文化を体験してもらい、思い出に残るものを提供することができます。

SNS活用

インスタグラムやフェイスブックなどのSNSを活用し、外国人客に対してホテルや旅館の魅力を発信することも効果的ですが、他の対策に比べて優先度は低めです。それでも、SNSを上手く活用することで、リーズナブルな宣伝方法として、外国人客の関心を引き付けることができます。

SNSでの発信には、ホテルや旅館の内部や外観の美しい写真、現地の観光スポットや食事のおすすめ情報、特別なイベントやプロモーションなど、外国人客に魅力的なコンテンツを提供しましょう。また、ハッシュタグや地域タグを活用して、興味を持つ外国人客に情報が届くように工夫することも重要です。

イベントの開催

イベントの開催によって、外国人客向けのイベントやワークショップを開催することで、観光客にとって魅力的な体験を提供できますが、基本的なサービスや対応が整っていることが前提となりますので、優先度は低いと言えます。ただし、これらのイベントやワークショップは、差別化や付加価値を高め、お客様の滞在を特別なものにするために有効です。

例えば、地元の文化や伝統を学べるワークショップや、季節のイベント、料理体験などを提供することで、外国人客に現地の文化や風習を体験してもらい、思い出に残る滞在を実現できます。また、イベントやワークショップを通じて地域との連携を強化し、地域振興にも寄与することが可能です。

まとめ

優先順位が高い対策として、多言語対応サービスの提供、外国人採用をする、無料Wi-Fiの提供が挙げられます。優先順位が次に高い対策として、地域との連携、ハラール対応やベジタリアンメニューの提供があります。優先順位低い対策としては、オリジナルグッズやサービスの開発、SNS活用、イベントの開催が挙げられます。これらの対策をバランスよく実施することで、ホテル・旅館業の外国人インバウンド対策を効果的に進めることができます。ぜひ参考にしてみてください。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは1,200社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

  2. JETプログラムとは?応募要件や来日する外国人の特徴を詳しく解説

  3. 技能実習生の給料相場は?給与決定のポイント・注意点を徹底解説!

  4. 春節、中国人観光客は「爆買い」から「体験重視」へ旅行スタイルがシフト

  5. 年収1000万円以上の外国人に「デジタルノマド」ビザ発給へ

  6. 群馬県などの地方自治体で外国籍公務員の採用が進む

  7. フランス人の特徴は?採用前に知っておきたい性格や国民性、宗教、教育について

Archives

TOP