コラム

【2023年最新】インバウンド復活でコンビニオーナーがすべき対策を優先度別に解説

外国人観光客の増加に伴い、外国人が滞在中に頻繁に訪れるであろうコンビニもインバウンド対策が重要になってきます。この急速に変化する市場で競争力を維持し、コンビニ事業を成長させるために、外国人観光客のニーズに応える対策を適切に取り入れることが求められています。ここでは、コンビニオーナーが行うべきインバウンド対策を優先順位別に解説します。

訪日外国人(インバウンド)の復活について

新型コロナウイルスの影響で外国人観光客の数は一時的に減少しましたが、訪日外国人観光客は徐々に回復の兆しを見せています。以下のグラフが示すように、コロナ禍以前には訪日外国人観光客の数は急速に増えていました。この動向を上手く活用し、外国人顧客を獲得することは間違いなく今後のビジネス展開において重要な要素となるでしょう。それでは、優先度の高い対策から説明していきましょう。

訪日外国人観光客増加に伴い日本のコンビニ需要が高まる

(参考)日本政府観光局、訪日外国人旅行者数・出国日本人数

【優先度:高】コンビニオーナーがすべきインバウンド対策

①外国語対応の強化

外国人観光客と円滑なコミュニケーションをするには英語、中国語、韓国語など、観光客が使うことの多い言語の理解が必要です。外国人観光客のニーズに対応できるサービスを提供するためには、まずスタッフの言語スキルを向上させることが大切です。

そのために、外国語が話せる外国人を積極的に採用することが効果的です。在日外国人には、母国語と日本語の両方を使いこなすことができる方が多いため、外国人観光客の質問や要望に柔軟に対応できます。また外国人観光客への文化的な理解もあるため、異なる国籍のお客様に適切なサービスが提供できるでしょう。

また、外国人観光客の急増でスタッフ不足が問題となる場合、外国人採用は適切な解決策の一つとなります。コンビニの作業は単純業務が多く、覚えなければいけない日本語が少ないからです。日本語レベルが低い外国人スタッフであってもすぐに業務に順応してもらうことができ、効率的に働いてもらうことができます。

外国人雇用に適した求人メディアに関しては、こちらの記事をご覧ください。

②外国人観光客向けの商品展開

コンビニオーナーにとって、外国人観光客のニーズに合わせた商品展開は重要な戦略の一つです。まず、地域性を活かしたお土産品を取り扱うことが効果的です。外国人観光客は、訪れた地域の特産品や名産品に興味を持つことが多いため、それらを店内でアピールすることで注目を集めることができます。

また、異文化に配慮した商品展開も大切です。例えば、イスラム教徒が気軽に利用できるハラール対応商品や、ヴィーガンの方が安心して購入できる植物性の商品を取り扱うことで、幅広い層の外国人観光客に対応できます。

さらに、外国人観光客が求める便利なアイテムも取り揃えておくと良いでしょう。例えば、プリペイドSIMカードや充電器、トラベルアダプターなどの旅行関連グッズがあります。これらの商品は、外国人観光客が急に必要とすることが多く、コンビニで手に入ると喜ばれるでしょう。

外国人観光客が喜ぶ商品を展開し多言語対応のPOPを作る。<figure class=

【優先度:中】コンビニオーナーがすべきインバウンド対策

①多言語対応のPOPやサイン

外国人観光客にも分かりやすい環境を整えるために、店内のPOPやサインを英語や他の言語で表示することが重要です。商品説明や価格表示はもちろん、注意書きや案内表示も多言語で案内することで、外国人観光客に対して親切で利用しやすいコンビニとなります。

さらに、アレルゲン情報やハラール認証マークなども表示しておくことで、外国人観光客が安心して商品を選ぶことができます。特に、食物アレルギーや宗教上の制約を持つお客様にとっては、このような情報が分かりやすく提示されていることが大変重要です。

また、多言語対応のPOPやサインを作成する際には、適切な翻訳を行うことが大切です。誤った情報が表示されてしまうと、外国人観光客の混乱や不信感を招くことがあります。そのため、専門の翻訳者に依頼するか、信頼できる翻訳ツールを利用して正確な翻訳を行いましょう。

②Wi-Fi環境の整備

外国人観光客にとって、無料Wi-Fiが利用できる場所は非常にありがたいものです。コンビニ内で無料Wi-Fiを提供することで、外国人観光客に対するサービス向上につながります。また、Wi-Fiがあることで、他の観光客にもコンビニを利用するきっかけを提供できるでしょう。

【優先度:低】コンビニオーナーがすべきインバウンド対策

①店内デザインやイベントブースの設置

店内デザインやイベントブースの設置にこだわることで、外国人観光客への販売を促進することができます。例えば、外国の祝日にちなんだ商品展開や飾りつけ、日本の文化に関わる商品を展開するイベントブースを設置するなどが挙げられます。これらにより、外国人観光客の購買意欲を高めることができます。

②観光情報の提供

観光情報コーナーや地図を設置し、外国人観光客に観光スポットや交通情報を提供することができます。また、観光案内所と連携し、外国人観光客が求める情報を提供することで、彼らにとって役立つコンビニとなるでしょう。

インバウンド増加により外国人採用がコンビニ業界で注目されている

まとめ

コンビニオーナーは高い優先度から低い優先度までのインバウンド対策を総合的に取り入れることで、外国人観光客に対して魅力的で利便性の高いコンビニを提供することができます。多言語対応、商品展開、店内サイン、無料Wi-Fi、観光情報提供など、幅広い対策を実施することで、外国人観光客にとって快適で魅力的なコンビニを実現し、満足度の向上や評判の向上が期待できます。適切なバランスでこれらの取り組みを進めることが、インバウンド対策に効果的に取り組む鍵となります。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 東京都に住む外国人労働者の特徴

  2. 外国人の銀行口座開設におすすめの銀行をまとめて一覧で紹介

  3. 関西空港、外国人観光客はコロナ禍前の97%に回復

  4. 日本語を理由に外国人旅行者への宿泊拒否、ふくの湯が謝罪文掲載

  5. 日本在住外国人がよく買うファストファッションブランドランキングTOP10【YOLO総研】

  6. 岡山県内の外国人労働者数、4年ぶり10%超の増加率で過去最多更新

  7. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

Archives

TOP