コラム

ドラッグストアがインバウンド対策として外国人採用をするべき理由

日本を訪れる外国人観光客が増加している中、ドラッグストア業界もインバウンド対策が重要な課題となっています。結論からお伝えすると、ドラッグストアが抱えるインバウンド対策の課題を一気に解決できる方法は外国人採用です。この記事では、インバウンドとドラッグストアの現状、抱える課題、そして外国人採用がどのようにこれらの課題を解決できるのかを詳しく解説していきます。

ドラックストアのインバウンド対策には外国人採用が一番

インバウンドとドラッグストアの現状

コロナ禍の影響で外国人の観光客は一時的に減りましたが、今後インバウンド観光客数の回復が見込まれており、多くの外国人観光客がドラッグストアで買い物をすることが考えられます。コロナ前にはなりますが、以下のグラフからもわかるように、来日した外国人の内63.9%がドラッグストアを利用しており、コンビニエンスストアの次に高い数値となっています。日本の化粧品や健康食品、日用品などが人気で、ドラッグストアは外国人観光客をターゲットにした対策を急がねばなりません。しかし、その対策は容易ではなく、さまざまな課題が立ちはだかります。

外国人観光客はドラッグストアに頻繁に行く

(参考)観光庁,訪日外国人の消費動向 平成28年10-12月期報告書

ドラッグストアがインバウンド対策で抱える課題

ドラッグストアがインバウンド対策で抱える課題は以下の通りです。

課題①人手不足による対応力の低下

急増するであろう外国人観光客に対応するためには十分な人手が必要ですが、高齢化や少子化による労働力の減少により、人手不足の問題が深刻化しています。特にドラッグストア業界は、顧客サービスが重要な要素であるため、人手不足により対応力が低下することが、顧客満足度の低下や売上減少に繋がる恐れがあります。また、人手不足が続くことで、従業員の過労が増加し、長期的な業績低下にも影響する可能性があります。

課題②外国人観光客とのコミュニケーション能力の育成が難

外国人観光客と円滑にコミュニケーションを行うには、スタッフの外国語能力が求められますが、その育成には時間とコストがかかります。特に、英語をはじめとした複数の外国語を習得することが望ましいため、教育プログラムの整備や継続的な研修が不可欠です。しかし、現場スタッフが多忙であることや、外国語教育に充てる予算が限られていることから、十分な教育機会を提供することが困難な場合もあります。また、短期間での外国語能力の向上が難しいため、外国人観光客の急増に対応するのが厳しい状況が続いています。このため、ドラッグストア業界は他の対策を検討する必要があります。

課題③外国人観光客に合わせた商品展開や店内レイアウトの改善が必

外国人観光客のニーズを満たす商品や店内レイアウトにするためには、綿密なリサーチと改善が求められます。しかし、外国人観光客の趣味嗜好を理解するのは容易ではなく、適切な対策を講じるのが難しい場合もあります。

ドラッグストアがすべきインバウンド対策は「外国人採用」である理由

上記のような課題を全て効率よく解決できる方法が、外国人採用です。外国人採用は以下の理由でドラッグストアのインバウンド対策の課題を解決します。

理由①労働力不足を補い、対応力を向上させる

以下のグラフにもある通り、減少傾向にある日本人の労働人口に比べて外国人労働者の数は年々増加傾向にあります。外国人採用によって人手不足を解消し、急増する外国人観光客に対応する力を強化できます。これにより、店舗運営がスムーズになり、顧客満足度の向上や売上増加につながる可能性があります。

外国人労働者の増加はインバウンド対策にとって追い風である

(参考)厚生労働省,令和二年版厚生労働白書,外国人労働者の推移

理由②外国人観光客と円滑にコミュニケーションができる人材の

外国人スタッフは母国語で外国人観光客とコミュニケーションができるため、言葉の壁を解消し、サービスを円滑に行うことができます。これによって、外国人観光客にとって快適なショッピング環境が整い、販売促進につながります。

理由③外国人スタッフによる商品・店内改善の効果

外国人スタッフは自国の文化や流行に詳しいため、外国人観光客のニーズを的確に捉え、商品や店内レイアウトの改善に貢献することができます。さらに、外国人スタッフが提案する新たな取り組みやアイデアが、ドラッグストアの競争力を高め、より多くの外国人観光客に支持される店舗に成長させることができる可能性があります。

まとめ

ドラッグストア業界が抱えるインバウンド対策の課題を解決するためには、外国人採用が有効です。外国人スタッフの採用によって人手不足を解消し、円滑なコミュニケーションを実現し、外国人観光客のニーズに合わせた商品展開や店内レイアウトの改善が可能になります。外国人専用の求人メディアや専門家のアドバイスを活用することで、効果的な外国人採用が実現できます。この機会に、ぜひ外国人採用を検討し、インバウンド対策を強化していきましょう。

これからのドラッグストア業界は、インバウンド市場がますます重要になっていくことが予想されます。外国人観光客のニーズに応え、業績を向上させるためには、外国人採用を積極的に取り入れることが不可欠です。外国人スタッフとともに働くことで、新たな視点やアイデアが生まれ、店舗の魅力を高めることができるでしょう。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 東京都に住む外国人労働者の特徴

  2. 外国人の銀行口座開設におすすめの銀行をまとめて一覧で紹介

  3. 関西空港、外国人観光客はコロナ禍前の97%に回復

  4. 日本語を理由に外国人旅行者への宿泊拒否、ふくの湯が謝罪文掲載

  5. 日本在住外国人がよく買うファストファッションブランドランキングTOP10【YOLO総研】

  6. 岡山県内の外国人労働者数、4年ぶり10%超の増加率で過去最多更新

  7. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

Archives

TOP