コラム

【外国人労働者問題がまるわかり】対策をケース別に解説!

外国人労働者について

近年、以下のグラフからもわかるように、日本の労働市場では外国人労働者の数が増えています。これは、日本の人口減少と労働力不足を補うための一つの手段となっています。しかし、外国人労働者と日本人労働者との間には、文化や言語の違いからくる課題が存在します。これらの課題を解決するためには、理解と対策が必要となります。今回は外国人の労働問題についてケースごとに解説していきます。

外国人労働者の増加に伴い労働問題も深刻化している

参照元:「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(令和2年 10 月末現在)

外国人労働者問題1:認識の不一致

外国人労働者と雇用者との間で、労働条件についての認識の違いが問題となることがあります。具体的な事例として、試用期間中の時給が低くなるという事実を理解していなかった外国人労働者との間にトラブルが発生したケースが挙げられます。この労働者は、試用期間中でも時給が変わらないと考えていたため、実際の給与が予想より低かったことに驚き、不満が生じたようです。

また、留学生が週に28時間しか働けないというビザの制度を理解していないことからトラブルになってしまったという事例もあります。留学生が複数の職場で働いていることを雇用する側は聞かされておらず、労働許可されている時間制限を超えてしまうケースには特に注意が必要です。

対策:対話形式型の説明

労働契約の内容を明確に理解してもらうためには、雇用者が外国人労働者の言語能力を考慮した説明を行うことが重要です。特に、時給や労働時間といった重要な項目については、一方的に説明するのではなく、相手が内容を理解していることを確認しながら進めることが求められます。このような対話形式の説明は、誤解を防ぎ、正確に理解するのに役立ちます。さらに、契約の際には書面による確認も行うことが推奨されます。口頭での説明だけでなく、書面による確認も行うことで、労働契約の内容をより明確にすることができます。

外国人労働者がトラブルになるケースを未然に防ぐ

外国人労働者問題2:言語の違い

外国人労働者と日本人労働者との間で、コミュニケーションの問題が発生することがあります。これは、言語の壁だけでなく、文化的な違いからも生じます。具体的な事例として、日本語能力は一定レベルに達していると判断して採用した外国人労働者でも、業界特有の専門用語についての理解が不足しているためにミスをしてしまうケースがあります。また、同僚とのコミュニケーションがうまくいかず、職場になじむことが難しいという問題も存在します。これらの問題は、言語の壁や文化の違いが深く関与しています。

対策:やさしい日本語

コミュニケーションの問題を解決するためには、外国人労働者が日本語を学ぶことはもちろん、日本人労働者も外国人労働者の言葉や文化を理解する努力が必要です。特に、専門用語などの理解が難しい単語については、可能な限り簡単な言葉で説明することが求められます。これにより、外国人労働者が業務内容を正確に理解することが可能となります。また、英語が話せない場合でも、「やさしい日本語」を用いることで、職場でのコミュニケーションを円滑に行うことができます。これらの対策は、外国人労働者と日本人労働者が共に働く職場環境を改善するための重要なステップとなります。

外国人労働者問題3:日本の制度

外国人労働者が日本の税金制度や社会保険制度などのルールを理解していないことが問題となることがあります。具体的な事例として、給料から税金が差し引かれることを知らず、予想よりも手取りが低いと不満を抱くケースが挙げられます。また、他にも日本の健康保険や年金制度などについて理解することも外国人にとっては非常に難しいことのようです。

対策:サポート

日本人にとって当たり前の制度や文化でも外国人労働者にとっては当たり前のことではありません。そのため、できる限り分からないことを説明するだけでなく、彼らが気軽に質問できる雰囲気を作り、職場以外の生活に関する疑問にも丁寧に答えることも大切です。具体的な対策として、以下の点に注意しましょう。

まず、職場でのコミュニケーションを活発化するために、定期的な1on1の時間を設けることが有効です。この時間を通じて、外国人労働者が抱える疑問や問題を共有し、解決策を見つけることができます。

さらに、外国人労働者が日常生活で直面する問題や疑問に対しても、積極的にサポートを行いましょう。例えば、住居や医療、交通手段などの情報を提供し、必要な手続きやサービスの利用方法を説明することが重要です。

このような対策を通じて、外国人労働者が安心して働き、日本での生活を充実させることができる環境を整えましょう。お互いに理解し合い協力することで、職場の円滑な運営と外国人労働者の満足度の向上を実現できます。

外国人労働者にとって日本で働く際のトラブル、気を付けること。

まとめ

外国人労働者との問題には労働条件の認識の違い、コミュニケーションの問題、日本のルールに対する知識不足などが挙げられます。事前に解決策を知っておくことで外国人を採用した際にもスムーズに対応することができるでしょう。また、万が一トラブルに巻き込まれた際には以下の外国人雇用に関する相談窓口についてまとめた記事を参考にしてください。

YOLO総研 編集部 ハタ

この記事を書いた人

YOLO総研 編集部 ハタ

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは1,200社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

  2. JETプログラムとは?応募要件や来日する外国人の特徴を詳しく解説

  3. 技能実習生の給料相場は?給与決定のポイント・注意点を徹底解説!

  4. 春節、中国人観光客は「爆買い」から「体験重視」へ旅行スタイルがシフト

  5. 年収1000万円以上の外国人に「デジタルノマド」ビザ発給へ

  6. 群馬県などの地方自治体で外国籍公務員の採用が進む

  7. フランス人の特徴は?採用前に知っておきたい性格や国民性、宗教、教育について

Archives

TOP