ニュース

日本の看護師を目指すフィリピン人の応募数は過去最少

日本で看護師として働くフィリピン人向けの面接会が4年ぶりに開催。17人の応募者数は過去最少で、医療人材獲得競争の厳しさが浮き彫りに。

NHKニュースによると、日本で看護師として働くことを希望するフィリピン人向けの面接会が、4年ぶりにフィリピンで開催されました。しかしながら、応募者数は過去最少の17人にとどまり、国際的な医療人材獲得競争の激しさを象徴する結果となりました。

日本は2009年以降、EPA=経済連携協定に基づいて、毎年フィリピン人の看護師を受け入れており、これまでに660人以上が日本での就労を果たしています。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4年ぶりに来年度の候補者を選ぶ面接会がマニラで行われましたが、これまでの制度開始以来、応募者数は過去最少の17人にとどまりました。

フィリピンでは賃金の低さなどを理由に、看護師資格を持つ人の約3分の1が海外で働いています。しかし、欧米諸国を中心に医療人材の獲得競争が激しくなっている中、日本は円安による収入減や言語の壁などが影響していると考えられます。

約10年前からフィリピン人看護師を受け入れてきた宮城県の医療法人の採用担当者は、今回の面接会での応募者の少なさに衝撃を受けたと話しています。

国際厚生事業団が主催した面接会の片岡佳和専務理事は、「医療人材の獲得競争が厳しくなっていると感じる。われわれも力を入れたい」と述べ、フィリピン当局と協力して人材確保に取り組む意欲を示しました。

(参考)フィリピン 日本の看護師を目指す人の面接会 応募は過去最少に | NHK | フィリピン

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは1,200社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

  2. JETプログラムとは?応募要件や来日する外国人の特徴を詳しく解説

  3. 技能実習生の給料相場は?給与決定のポイント・注意点を徹底解説!

  4. 春節、中国人観光客は「爆買い」から「体験重視」へ旅行スタイルがシフト

  5. 年収1000万円以上の外国人に「デジタルノマド」ビザ発給へ

  6. 群馬県などの地方自治体で外国籍公務員の採用が進む

  7. フランス人の特徴は?採用前に知っておきたい性格や国民性、宗教、教育について

Archives

TOP