ニュース

【興行ビザ】23年8月から大幅緩和

2023年8月1日から施行される「興行」の在留資格に関連する法改正の概要と外国人の興行業務受け入れ要件の緩和について解説します。招へい機関の実績により要件が大幅に緩和され、新たに受け入れを検討する場合でもリスクが少ない場合は要件が緩和されます。

「興行」の在留資格に関連する「出入国管理及び難民認定法第七条第一項第二号の基準を定める省令」と「出入国管理及び難民認定法施行規則」が一部改正され、2023年8月1日から施行されます。

外国人の興行に関する業務を適正に実施している実績がある招へい機関は、受け入れの要件が大幅に緩和されます。また、新たに受け入れを検討している場合でも、問題が生じるリスクが少ない場合にも要件が緩和されることになります。

【在留資格「興行」の演劇等に係る上陸基準省令の改正概要】

適正に実施している実績がある招へい機関が受け入れる場合には要件を大幅に緩和(新設)

イ 申請人が次のいずれにも該当する本邦の公私の機関との契約に基づいて、風営法第二条第一項第一号から第三号までに規定する営業を営む施設以外の施設において行われるものであること。

(1)外国人の興行に係る業務について通算して三年以上の経験を有する経営者又は管理者がいること。

(2)当該機関の経営者又は常勤の職員が次のいずれにも該当しないこと。

・人身取引を行っていないこと、売春防止法等の罪により刑に処せられていないこと、暴力団員でないこと等

(3)過去三年間に締結した申請人と本邦の機関との契約に基づいて興行の在留資格をもって在留する外国人に対して支払い義務を負う報酬の全額を支払っていること。

(4)前各号に定めるもののほか、外国人の興行に係る業務を適正に遂行する能力を有するものであること。

新たに受け入れようとする場合でも問題が生じるおそれが少ない場合には要件を緩和(現2号について要望を踏まえて更に緩和)

ロ 申請人が従事しようとする活動が次のいずれかに該当していること。

(1)国・地方公共団体等が主催するもの又は学校教育法に規定する学校等において行われるものであること

(2)国、地方公共団体等の資金援助を受けて設立された本邦の公私の機関が主催するものであること

(3)外国を題材にしたテーマパークで敷地面積10万㎡以上の施設で行われるものであること

(4)客席における飲食物の有償提供がなく、客の接待を行わないものであって、客席部分の収容人員100人以上又は非営利の施設で行われるものであること

(5)報酬1日50万円以上であって、30日を超えない期間本邦に在留して行われるものであること

上記イ・ロのいずれにも当たらない場合には厳格な要件を課す(現1号)

ハ 申請人が従事しようとする活動が、次のいずれにも該当していること。

・申請人(外国人)、招へい機関、施設について厳格な要件

(出典)在留資格「興行」の演劇等に係る上陸基準省令の改正概要|出入国在留管理庁

YOLO総研 編集部 シホ

この記事を書いた人

YOLO総研 編集部 シホ

2023年に外国人実習雇用士の資格を取得し、外国人採用を円滑に進めるための情報を日々発信しています。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは1,200社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

  2. JETプログラムとは?応募要件や来日する外国人の特徴を詳しく解説

  3. 技能実習生の給料相場は?給与決定のポイント・注意点を徹底解説!

  4. 春節、中国人観光客は「爆買い」から「体験重視」へ旅行スタイルがシフト

  5. 年収1000万円以上の外国人に「デジタルノマド」ビザ発給へ

  6. 群馬県などの地方自治体で外国籍公務員の採用が進む

  7. フランス人の特徴は?採用前に知っておきたい性格や国民性、宗教、教育について

Archives

TOP