ニュース

【農水省】外国人の農地取得を把握するための新施策 特区拡大で対応強化

農水省、新たな農地取得に外国人の国籍報告を義務付け。特区での農地取得可に伴い、外国の個人や法人の実態把握へ。改正は9月1日から。経済安保に対応し、農地台帳管理システムも改修。国内農地取得の透明性向上に期待。

農林水産省は、23年9月以降、新たに農地を取得する個人や法人に対し、国籍の報告を義務付ける方針を明らかにしました。これは全国の特区で企業による農地取得が可能になることに合わせ、外国の個人や法人による農地取得の実態を把握するための措置です。

これにより、農地を取得する際の各地の農業委員会への許可申請では、個人の場合は国籍や在留資格、法人の場合は役員や主要株主の国籍などを報告する必要が生じます。規則改正に対するパブリックコメント(意見公募)は8月4日まで行われる予定です。

現状では農水省は農地保有者の国籍を把握しておらず、申請時に農業委員会が確認する程度の対応にとどまっていました。しかし、農地法は実際の農業従事者に限って取得を認めており、海外居住者は制限される他、外国企業による法人への出資も50%未満に制約されています。

経済安保面からも重要視される外国資本による国内土地買収の懸念への対応策として、農林水産省は外国人の農地取得の実態を把握するため、農地台帳に所有者の国籍を追加するとともに、農地取得の許可申請でも国籍の記載を求めることを決定しました。これらの改正は、9月1日から施行される予定です。

なお、農地台帳を管理するシステムは改修され、住民基本台帳との連携も想定されています。これにより、すでに農地を所有している外国人の情報も適切に管理され、国内の農地取得に関する透明性が向上することが期待されています。

(参考)外国人の農地取得を把握へ 経済安保、農地台帳に国籍 – 日本経済新聞

(参考)農水省、外国人の農地取得を確認へ 特区拡大9月から – 産経ニュース

YOLO総研 編集部 リコピン

この記事を書いた人

YOLO総研 編集部 リコピン

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 東京都に住む外国人労働者の特徴

  2. 外国人の銀行口座開設におすすめの銀行をまとめて一覧で紹介

  3. 関西空港、外国人観光客はコロナ禍前の97%に回復

  4. 日本語を理由に外国人旅行者への宿泊拒否、ふくの湯が謝罪文掲載

  5. 日本在住外国人がよく買うファストファッションブランドランキングTOP10【YOLO総研】

  6. 岡山県内の外国人労働者数、4年ぶり10%超の増加率で過去最多更新

  7. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

Archives

TOP