ニュース

【群馬県】「ぐんま外国人雇用適正化推進プラットフォーム」を発足!外国人環境整備へ着手

群馬県が外国人労働者の働きやすい環境整備に向け、新たな連携組織「ぐんま外国人雇用適正化推進プラットフォーム」の発足を発表しました。主にベトナム人が多い県内の外国人労働者の雇用状況に目を向け、長時間労働や低賃金といった問題に取り組むことで、彼らが群馬の企業に定着し、地域の経済活性化や安全な暮らしに寄与することを目指しています。関係機関が協力し、悪質な労働条件への対処や受け入れ環境の整備、情報提供などが計画されており、群馬県知事は引き続き労働環境の適正化に取り組む考えを示しています。

群馬県が外国人労働者の働きやすい環境整備に向けて、連携組織「ぐんま外国人雇用適正化推進プラットフォーム」の発足を4日に発表しました。このプラットフォームは、群馬県を中心に群馬労働局、県警本部、東京出入国在留管理局、そして在日ベトナム大使館などの関係機関が参加し、外国人労働者に関連する課題への取り組みを協力して進めるものです。

群馬県では、外国人労働者の中でも特にベトナム人が最も多く、彼らの労働条件には長時間労働や低賃金などの悪質な状況が見られます。これらの問題を解決し、外国人労働者が群馬県の企業に定着することで、地域の経済活性化や安全な暮らしに貢献したいとの意向が示されています。

プラットフォームの主な活動としては、参加機関が抱える課題を共有し、連携して対応することが挙げられます。また、受け入れ企業や監理団体との勉強会を通じて、受け入れ環境の整備を進めるとともに、外国人労働者に対して仕事や生活のルールなどを提供してサポートする予定です。

群馬県知事の山本一太氏は、外国人労働者の活躍による地域の活性化や安心な暮らしの実現を期待しており、「群馬県を働く場として選んでもらえるよう、労働環境の適正化に引き続き取り組む」と述べています。

群馬県では、他の県に先駆けてこのような連携組織を立ち上げることで、外国人労働者の環境を改善し、地域社会に貢献することを目指しています。ベトナム大使館との連携も含め、より良い環境整備に向けた取り組みが進められることが期待されます。

(参考)「群馬を選んで定着してもらおう」外国人雇用で県や警察、ベトナム大使館などが連携組織を立ち上げ | 上毛新聞社のニュースサイト

(参考)外国人が働きやすい環境を 群馬県が組織立ち上げ 大使館、入管、中小企業団体など連携 | 上毛新聞社のニュースサイト

YOLO総研 編集部 シホ

この記事を書いた人

YOLO総研 編集部 シホ

2023年に外国人実習雇用士の資格を取得し、外国人採用を円滑に進めるための情報を日々発信しています。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 東京都に住む外国人労働者の特徴

  2. 外国人の銀行口座開設におすすめの銀行をまとめて一覧で紹介

  3. 関西空港、外国人観光客はコロナ禍前の97%に回復

  4. 日本語を理由に外国人旅行者への宿泊拒否、ふくの湯が謝罪文掲載

  5. 日本在住外国人がよく買うファストファッションブランドランキングTOP10【YOLO総研】

  6. 岡山県内の外国人労働者数、4年ぶり10%超の増加率で過去最多更新

  7. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

Archives

TOP