ニュース

群馬県警、外国語の運転免許試験で誤り 16人が誤って不合格

群馬県警が実施した外国語の運転免許学科試験で、誤りがあったことがわかりました。このミスにより、計17人の合否判定に誤りが生じ、16人が不合格に、1人が合格に変更されました。群馬県警は、再受験して合格した受験者には受験料の返金措置を講じるとともに、現在も不合格のままである人々に対しては速やかに免許証を交付する方針です。

群馬県警察は、外国語で実施された運転免許の学科試験において問題や採点に誤りがあったことを明らかにしました。このミスにより、計17人の受験者の合否判定に誤りが生じたとのことです。

この問題は、先月1日から今月3日までの期間に実施された英語とベトナム語の学科試験に関連しています。これらの試験は、先月に導入された改正道路交通法に合わせて新たに設けられたものでした。

具体的には、英語の仮免許学科試験の1問に誤りがあり、さらに英語およびベトナム語で受験する普通免許や準中型免許、原付きバイクの学科試験において5問に採点ミスがあったとのことです。これにより、元々は合格していたはずの16人が誤って不合格と判定されてしまいました。

県警察は、再受験して合格した受験者には受験料の返金措置を講じるとともに、現在も不合格のままである人々に対しては速やかに免許証を交付する方針です。また、1人の受験者については、本来の合格から不合格に変更された場合には、個別に説明をおこない、免許を有効とする方針を示しています。

群馬県警察本部の須田和行運転免許統括官は、「試験の誤作成や採点ミスによって受験者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。今後は指導と確認を強化し、適切な運転免許業務の提供に努めてまいります」と述べました。これにより、群馬県警は今後の運転免許試験においてこのような誤りが再発しないよう努力する姿勢を見せています。

(参考)NHK NEWS WED‐群馬県警 外国語の運転免許試験でミス 17人の合否に影響

まとめ

群馬県警の運転免許試験で問題や採点ミスがあったことは、非常に残念な出来事である。本来合格すべきだった16人が不合格とされたことは、彼らにとって大きな影響を与える出来事であり、また公正な運転免許試験を実施するという県警の信頼にも傷をつけることになる。

県警が再受験料の返金や免許証の交付などの措置を講じることは当然であるが、それ以上に、今後このような誤りが再発しないための対策を講じることが重要である。群馬県警は、今回の問題を教訓とし、今後はより厳正かつ公正な運転免許試験の実施に努めることに期待したい。

YOLO総研 編集部 シホ

この記事を書いた人

YOLO総研 編集部 シホ

2023年に外国人実習雇用士の資格を取得し、外国人採用を円滑に進めるための情報を日々発信しています。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは1,200社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

  2. JETプログラムとは?応募要件や来日する外国人の特徴を詳しく解説

  3. 技能実習生の給料相場は?給与決定のポイント・注意点を徹底解説!

  4. 春節、中国人観光客は「爆買い」から「体験重視」へ旅行スタイルがシフト

  5. 年収1000万円以上の外国人に「デジタルノマド」ビザ発給へ

  6. 群馬県などの地方自治体で外国籍公務員の採用が進む

  7. フランス人の特徴は?採用前に知っておきたい性格や国民性、宗教、教育について

Archives

TOP