ニュース

タクシー運転手20%減!乗務員不足が深刻化

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、個人営業を除くタクシー運転手の数が20%減少し、その主な原因が利用客の減少と離職者の増加であることが示されています。しかし、最近では人々の移動が増加しており、タクシーの需要が急速に回復していることも伝えられています。

タクシー業界に携わる人々や関係者は、需要と供給のバランスを再調整していき、乗務員の不足を解消するための具体的な戦略を考えることが必要になってくるでしょう。

新型コロナウイルス感染拡大により、個人営業を除くタクシー運転手の総数が今年の6月末までに約20%減少したことが明らかになりました。この減少は、新型コロナウイルスのパンデミックが起きてからの期間において、利用客の減少と離職者の増加が主な要因とされています。しかし、最近では人々の移動が増加しており、タクシーの需要が急速に回復しているため、乗務員の不足が深刻な課題となっています。

全国ハイヤー・タクシー連合会は、全国60地域での法人タクシー運転手数の推移を調査しました。その結果、2023年6月末時点の総数は23万2902人となり、2019年3月末の29万1516人から約6万人減少していることが明らかになりました。この減少は、60地域すべてで新型コロナウイルスの感染拡大前の水準を下回っており、最も減少率が高かったのは鳥取県で28.2%、次いで札幌市など北海道の都市部で26.2%となっています。千葉県東部、房総半島を含む地域でも10.0%減少しています。また、国土交通省の統計によれば、個人タクシーの運転手数も減少していることが確認されています。

タクシー業界からは、「コロナ禍で高齢の運転手が辞めてしまい、地方の乗務を支えていた人材が減少した」という声や、「訪日客を含む観光需要が高まり、タクシーの配車が追いつかない状況になっている」との声が上がっています。現在、タクシー業界は需要と供給のバランスを取るために取り組んでおり、乗務員の不足を解消するための対策を模索しています。

(参考)一般社団法人共同通信社‐ タクシー乗務員が2割減 コロナ禍で離職、人手不足が課題

YOLO総研 編集部 シホ

新型コロナウイルスがタクシー業界に与えた影響が深刻であることを痛感しました。タクシー業界は需要と供給のバランスを取るために創意工夫が必要であり、人手不足を解決するための外国人採用など、新しいアプローチや協力が求められていると感じています。業界関係者と協力し、持続可能な解決策を見つけることが重要だと思います。

YOLO総研 編集部 シホ

この記事を書いた人

YOLO総研 編集部 シホ

2023年に外国人実習雇用士の資格を取得し、外国人採用を円滑に進めるための情報を日々発信しています。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは1,200社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

  2. JETプログラムとは?応募要件や来日する外国人の特徴を詳しく解説

  3. 技能実習生の給料相場は?給与決定のポイント・注意点を徹底解説!

  4. 春節、中国人観光客は「爆買い」から「体験重視」へ旅行スタイルがシフト

  5. 年収1000万円以上の外国人に「デジタルノマド」ビザ発給へ

  6. 群馬県などの地方自治体で外国籍公務員の採用が進む

  7. フランス人の特徴は?採用前に知っておきたい性格や国民性、宗教、教育について

Archives

TOP