ニュース

「特定技能」外国人、1年で2倍増! 日本の労働力不足の一助に

2019年に創設された「特定技能」在留資格を持つ外国人の人数が、昨年の同じ時期と比べて2倍以上に急増しています。これは、日本が少子高齢化と人口減少が進む中で、労働力不足を解消するために、外国人労働者の受け入れを拡大していることが分かります。
本記事を通して、日本の労働市場や経済に与える影響について分析し、多様な視点から議論する力を養うことで、将来の動向に対応することができます。

特定技能外国人、17万人超に急増

外国人材の受け入れを増加させるために導入された「特定技能」在留資格において、今年6月末時点で17万3101人の外国人が日本で働いており、去年の同じ時期の2倍以上に増加したことが、出入国在留管理庁によって発表されました。

国内での外国人材の需要増加に伴い、4年前に「特定技能」在留資格が導入され、その効果が昨今顕著に現れ始めています。具体的な国や地域別では、ベトナムが9万7490人と最も多く、全体の56%を占めています。続いてインドネシアが2万5337人、フィリピンが1万7660人が続いています。

さらに、業種別では飲食料品の製造業が5万3282人、産業機械や情報関連の製造業が3万5641人、介護が2万1915人など、多くの外国人が異なる分野で働いています。

出入国在留管理庁は、新型コロナウイルスの感染拡大により海外からの受け入れに制約があったが、入国規制の緩和により急速に外国人材の受け入れが増加していると説明しています。外国人材の増加は、日本の労働市場における多様性と競争力の向上に寄与しており、今後もこのトレンドが続くことが期待されます。

(参考)NHK ニュース ‐ 「特定技能」の在留資格持つ外国人 17万3000人余 去年の2倍に

YOLO総研 編集部 シホ

外国人労働者の特定技能在留資格の急増は、日本の経済と社会にポジティブな影響をもたらしていくと考えています。また、政府が6月に「特定技能2号」在留資格を11分野へ拡大する決定を発表しました。これらは外国人労働者の受け入れにおいて重要な進展を与え、日本の労働力不足に対処し、国の競争力を高める助けになると期待しています。

YOLO総研 編集部 シホ

この記事を書いた人

YOLO総研 編集部 シホ

2023年に外国人実習雇用士の資格を取得し、外国人採用を円滑に進めるための情報を日々発信しています。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 東京都に住む外国人労働者の特徴

  2. 外国人の銀行口座開設におすすめの銀行をまとめて一覧で紹介

  3. 関西空港、外国人観光客はコロナ禍前の97%に回復

  4. 日本語を理由に外国人旅行者への宿泊拒否、ふくの湯が謝罪文掲載

  5. 日本在住外国人がよく買うファストファッションブランドランキングTOP10【YOLO総研】

  6. 岡山県内の外国人労働者数、4年ぶり10%超の増加率で過去最多更新

  7. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

Archives

TOP