ニュース

【熊本県】外国人の3割がベトナム人!熊本にも広がる故郷の味

熊本県内での外国人の約3割がベトナム人であることによる、ベトナム人コミュニティの急増や、新しいベトナム料理店と食材店の増加、そして、ベトナム人の日常生活や料理に対する感心などの把握ができます。この状況は、地域に多様性と文化交流をもたらし、今後の熊本にとって新たな魅力をもたらしていくでしょう。

熊本県内に住むベトナム人の数がここ数年で増加しています。この増加の要因の一つは、熊本地震の復興関連工事に関連しており、ベトナム人のコミュニティは、建設業、農業、製造業などでの人手不足を補う役割を果たしています。

最近、熊本でもベトナム料理が人気を集めています。9月3日に熊本市の大学で開催された「国際スポーツ交流会」では、東南アジア出身者を中心に300人以上が参加し、サッカーやバドミントンで楽しんでいました。また、熊本に住む外国人の約2万人のうち、ベトナム人は約6000人で、全体の3割を占め、最も多い国籍となっています。

ベトナム人参加者は、熊本で提供されるベトナム料理に舌鼓を打っています。彼らが楽しむベトナム料理の一例は、「バインミー」と呼ばれる、フランスパンに肉や野菜をたっぷり挟んだベトナムのサンドイッチです。この料理は熊本市内の専門店で提供されており、市内中心部には3軒のベトナム料理店があり、すべてが過去3年以内にオープンした新しい店舗です。

近年、日本国内の企業が人手不足に悩む中、熊本には海外の若者が増えています。そのため、ベトナム料理店は日本人だけでなく、ベトナムの味を懐かしむベトナム人にも支持されています。さらに、ベトナム食品の店も増え、故郷の味を求める人々にとっては便利になりました。

熊本を訪れたベトナム人は、留学のために6年前に熊本に来て、大学を卒業後、熊本市の会社に就職しました。彼は会社で和食を中心とした弁当を食べていますが、自宅ではベトナム料理を作ることがあります。その際、彼を支えるのは熊本市内に去年オープンしたベトナム食材店です。この店では一般のスーパーでは見かけない現地の食材が取り扱われており、チャンさんは特にインスタントラーメンやコーヒーをよく購入しています。

熊本に来た当初、チャンさんは故郷の味を楽しむ機会が限られていましたが、最近では多くのベトナム料理店がオープンし、簡単にベトナムの料理を楽しめるようになりました。熊本のベトナム料理店では、ユニークな食材も提供されており、例えば食用のカエルや、醤油に似たベトナムの発酵調味料である「ナンプラー」が取り扱われています。

熊本県内では食の国際化が進み、ベトナムから約3800キロ離れた地でベトナムの味が身近になりつつあります。

(参考)熊本放送 ‐「食用カエル」に「バインミー」ベトナム料理が熊本へ続々進出 県内の人手不足を支える外国人の故郷の味

YOLO総研 編集部 シホ

ベトナム人の増加が熊本に新たな魅力をもたらしていると思います。ベトナム料理の普及とベトナム人の日常生活に触れる機会が増えることは、ベトナム人が気軽に故郷の味を手に入れることだけではなく、熊本にとっても文化や多様性に新たな活気が生まれることでしょう。

YOLO総研 編集部 シホ

この記事を書いた人

YOLO総研 編集部 シホ

2023年に外国人実習雇用士の資格を取得し、外国人採用を円滑に進めるための情報を日々発信しています。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 東京都に住む外国人労働者の特徴

  2. 外国人の銀行口座開設におすすめの銀行をまとめて一覧で紹介

  3. 関西空港、外国人観光客はコロナ禍前の97%に回復

  4. 日本語を理由に外国人旅行者への宿泊拒否、ふくの湯が謝罪文掲載

  5. 日本在住外国人がよく買うファストファッションブランドランキングTOP10【YOLO総研】

  6. 岡山県内の外国人労働者数、4年ぶり10%超の増加率で過去最多更新

  7. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

Archives

TOP