ニュース

外国人向けの日本政府サポート、80%以上の外国人が知らない

この記事は、日本在住の外国人の80%以上が、日本政府の外国人向けサポートについて知られていないことを出入国在留管理庁が今年2月に行った調査で明らかにしています。他にも、多言語情報の不足、必要な情報へのアクセス難易度、やさしい日本語情報の不足などが挙げられます。齋藤法務大臣は、外国人向けの必要な情報がスムーズに提供されるように、これらのサービスの広報を強化する必要性を強調しており、公的機関が提供するサポートが外国人にもっと知られるようになる取り組みが期待されています。

外国人向けの公的機関のサポートへの認知度に関する調査が行われ、その結果、日本在住の外国人の80%以上が外国人向けの相談窓口やウェブページについて知識がないことが明らかになりました。日本の齋藤法務大臣は、必要な情報が外国人に適切に提供されるように、これらのサービスの普及を促すべきだとの考えを示しました。

今年の2月に、出入国在留管理庁は、日本に1年以上居住している18歳以上の外国人4万人を対象に、外国人との共生社会の実現に向けてウェブ調査を実施し、その中で13%にあたる5016人から回答を得ました。

調査結果によれば、公的機関から提供される情報を入手する際に問題を経験した人々に対する質問で、以下のような結果が得られました。

・「多言語での情報発信が少なかった」と答えた人が20%

・「必要な情報にたどり着くことが難しかった」が14%

・「やさしい日本語での情報発信が少なかった」が13%など

一方で「特に困ることはなかった」と回答した人は42%でした。また、公的機関が提供している外国人向けの相談窓口やウェブページについて、これらを利用経験があるか尋ねたところ、いずれも80%以上の人が「知らない」と回答しました。

齋藤法務大臣は記者会見で、「外国人にとって必要な情報が円滑に提供されるように、これらのサービスの周知を強化していくことは極めて重要だ」と述べました。

YOLO総研 編集部 シホ

2024年の規制強化は、労働環境の改善を追求する重要な一歩です。しかし、現在の課題であるドライバー不足などを先に解決する必要があります。ここでAIやロボット、そして外国人の活用が鍵となります。これらの技術や人材を取り入れることで、ドライバー不足の緩和や作業効率の向上が期待されるでしょう。

志帆の感想

YOLO総研 編集部 リコピン

この記事を書いた人

YOLO総研 編集部 リコピン

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 東京都に住む外国人労働者の特徴

  2. 外国人の銀行口座開設におすすめの銀行をまとめて一覧で紹介

  3. 関西空港、外国人観光客はコロナ禍前の97%に回復

  4. 日本語を理由に外国人旅行者への宿泊拒否、ふくの湯が謝罪文掲載

  5. 日本在住外国人がよく買うファストファッションブランドランキングTOP10【YOLO総研】

  6. 岡山県内の外国人労働者数、4年ぶり10%超の増加率で過去最多更新

  7. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

Archives

TOP