ニュース

【迫りくるタイムリミット】2024年問題でドライバー不足深刻化

運輸や建設分野などで時間外労働の規制が厳格化し、人手不足が深刻な課題となっています。特にトラック輸送業界では、高齢化などの要因によりドライバー不足が目立ち、国内物流に大きな影響を及ぼしています。この記事は、物流業界と労働市場における最新の課題と変化についての洞察を提供し、これらの問題に対処する際に有益な情報を提供します。2024年問題に備え、適切な対策を検討するための貴重な情報源となるでしょう。

2024年4月に、運輸や建設など一部の業種で時間外労働の上限規制が厳格化され、人手不足の問題が深刻化しています。特に国内物流の9割を占めるトラック輸送の分野でドライバー不足が顕著であり、これは物流業界における「2024年の課題」として知られています。

2019年4月に施行された働き方改革関連法により、時間外労働の上限はあらゆる業種で月45時間、年360時間という基本ルールが設けられました。この規則に違反すると罰則が科されます。ただし、トラック、バス、タクシーのドライバーなど、一部の業種では長時間労働が一般的であることから、業務特性や商慣行を理由に、規制の適用が2024年3月末まで猶予されています。

トラック事業者に対しては、残業の上限が960時間に制限されると同時に、労働時間を規定する「改善基準告示」も改正されました。これにより、休憩を含む始業から終業までの拘束時間は、年間約3,500時間から3,400時間に短縮される必要があります。また、終業後から翌日の始業までの休息時間も、8時間以上から9時間以上に延長されます。

持続可能な物流の実現には、高齢化するトラックドライバーへの対応も急務です。警察庁の統計によれば、大型トラック運転免許を保有する者のうち、50歳以上が県内で7割を超えています。物流コンサルティング会社である「NX総合研究所」(東京)の試算によれば、2024年には14.2%、2030年には34.1%の輸送力が不足すると予測されています。

月60時間を超える時間外労働は、2023年4月に賃金率が25%から50%に引き上げられました。この人件費の上昇は、経営にも大きな打撃を与えています。また、年間の残業上限は、自動車運転業のほか、建設業では最大720時間まで、医師では最大1860時間までに規制されています。

(参考)佐賀新聞 ‐ 「2024年問題」とは 残業規制強化でドライバー不足深刻化

YOLO総研 編集部 シホ

2024年の規制強化は、労働環境の改善を追求する重要な一歩です。しかし、現在の課題であるドライバー不足などを先に解決する必要があります。ここでAIやロボット、そして外国人の活用が鍵となります。これらの技術や人材を取り入れることで、ドライバー不足の緩和や作業効率の向上が期待されるでしょう。

YOLO総研 編集部 シホ

この記事を書いた人

YOLO総研 編集部 シホ

2023年に外国人実習雇用士の資格を取得し、外国人採用を円滑に進めるための情報を日々発信しています。

外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは2,100社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 東京都に住む外国人労働者の特徴

  2. 外国人の銀行口座開設におすすめの銀行をまとめて一覧で紹介

  3. 関西空港、外国人観光客はコロナ禍前の97%に回復

  4. 日本語を理由に外国人旅行者への宿泊拒否、ふくの湯が謝罪文掲載

  5. 日本在住外国人がよく買うファストファッションブランドランキングTOP10【YOLO総研】

  6. 岡山県内の外国人労働者数、4年ぶり10%超の増加率で過去最多更新

  7. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

Archives

TOP