コラム

【外国人採用】応募者が集まらないときに見直したい自社求人サイト

自社で運営する採用サイトで外国人の採用活動を推進しているがなかなか応募がない、条件に合う理想的な人材が集まらないといった場合はよくあります。
多くの採用サイトで募集が上手くいかない背景の1つとして、「作る事」が目的となっていることが挙げられます。
ここでは、外国人採用の強化を図るための自社求人サイトの更新ポイントをまとめています。自社の採用活動が上手くいっていない、自社求人サイトで外国人の採用活動を検討している際に参考にしてください。

自社求人サイトの更新ポイント

求人サイトの作成ポイント

英語もしくは採用対象に合わせた言語を導入する

採用サイトを作成する際、日本人を対象にしたページ構成・内容になっているケースがよくあります。
しかし、外国人という要素を加える場合、日本人だけでなく「外国人求職者も読み手となる」ことを再認識する必要があります。

もし自身が海外で採用サイトを見る際、現地の言葉よりも母国語で書かれている方が求人への理解が深まるのではないでしょうか。これは日本に住む外国人にも当てはまり、慣れ親しんだ言語で情報収集する方が正確だと言えます。

求人サイトの更新

応募を集める手段はさまざまありますが、実は最も簡単で効率的な方法は自社の求人サイト、ページの更新です。
会社や社内で働く外国人、仲間の最新情報や求職者向けへのメッセージなどを定期的に更新しておくことが、外国人採用を成功させる秘訣です。
検索エンジンにおける上位表示という観点からも最新の状態にアップデートし、求職者に発見されやすい環境を作ることを意識しましょう。

専用媒体を活用する

外国人求職者が仕事を探す手段はいくつか存在しますが、大きく分けると3つに分類されます。

  1. 家族/友人を介した口コミ
  2. 日本語学校や外国人コミュニティ
  3. 外国人専用の求人媒体

家族や友人など知人を介しての口コミや各種団体や機関・コミュニティの活用は、なかなか思うようには進みません。
そこで、外国人求職者にとって最も効果的な手段は「外国人採用に特化した求人媒体」の活用です。
外国人採用に特化しているだけあって応募障壁を下げるさまざまな仕組みやサービスが展開されており、外国人求職者にとって使いやすいという特徴があります。
自社募集に加え外国人求人メディアをプラスで活用することで、幅広い求職者にアプローチできより多くの応募者を集めることができます。

ジョブディスクリプションの再考

自社求人サイトで応募者が集まらないときのジョブディスクリプションのアップデートの必要性

採用サイトの最新アップデートをする理由として、ジョブディスクリプションの再考が必要な場合が多いことが挙げられます。自社サイトで求人掲載後応募はあっても適材がいない場合は、求人のジョブディスクリプションが適切ではない可能性があります。

日本と海外ではジョブディスクリプションに対する認識が異なっており、ずれが生じることがよくあります。
日本語で作成した求人をそのまま外国語に翻訳してしまいがちですが、一般的に海外では具体性の高い業務内容の記述が求められます。そのため、日本語をそのまま翻訳しただけでは曖昧で、外国人求職者は応募すべきか躊躇してしまいます。

条件に適した応募者が集まらない場合はジョブディスクリプションの見直しを図り、グローバル視点でジョブディスクリプションを書くよう心がけましょう。

就労条件同等に重要なサポート

外国人は日本で働く上でどのようなことに悩んでいるのかを理解し、必要なサポートを提供できる体制を整えるよう工夫しましょう。
ビザサポートや在留資格の更新/変更手続きをはじめ、就労に必要な手続き以外にもさまざまなサポートを提供している企業が多くあります。

  • 住居手配/引っ越し手続き
  • 水道光熱等にかかるインフラサービスに関連するサポート
  • 日本語学習やビジネスマナーなどの社内研修による日本での生活支援

日本人であっても難しい対応が必要な各種手続きや、外国人だからこそ抱える悩みや問題に対して、企業が積極的にサポートすることで、外国人求職者にとって企業価値は高まります。

外国人に寄り添った採用活動

外国人採用に注力しているものの応募者が少ない、想定している条件に適した人材からの応募がないということはよくあります。自社採用サイトで外国人採用に苦戦している場合、問題や原因を究明し多くの応募者を迎え入れられるよう準備しましょう。これまでのような日本人向けの募集形態では、外国人採用を円滑に行うのが難しい場合もあります。
外国人目線でジョブディスクリプションや記載内容を考え、自社採用サイトの作成や更新を心掛けていきましょう。

自社求人サイトの更新
外国人採用ならYOLO WORK

外国人材の採用は、ビザの制度や手続き、外国人特有の採用方法、職場への受け入れなど、初めての場合はわからないことが多くて不安ではないでしょうか?

YOLO WORKは1,200社以上の導入実績があり、専門スタッフが求人掲載から応募、面接までのサポートも行っているため、初めて外国人を採用する方も安心してお任せいただけます。


まずは資料をご覧になりたい方は、下のボタンからご連絡ください。


資料請求はこちら

関連記事

Form CTA

最新のお役立ち記事

  1. 日本警察の「レイシャル・プロファイリング」で人種差別問題が表面化

  2. JETプログラムとは?応募要件や来日する外国人の特徴を詳しく解説

  3. 技能実習生の給料相場は?給与決定のポイント・注意点を徹底解説!

  4. 春節、中国人観光客は「爆買い」から「体験重視」へ旅行スタイルがシフト

  5. 年収1000万円以上の外国人に「デジタルノマド」ビザ発給へ

  6. 群馬県などの地方自治体で外国籍公務員の採用が進む

  7. フランス人の特徴は?採用前に知っておきたい性格や国民性、宗教、教育について

Archives

TOP